1

の顧客ビューから https://admin.webex.com、[ ワークスペース] に移動し 、編集するワークスペースを選択します。

2

通話セクションで、 [ クラシックビューから通話設定を一時的に管理する] リンクをクリックします。

3

[通話 > の詳細設定] > 通話の割り込みをクリックします。

4

ボタンをトグルして、ワークスペースの設定を変更します。

5

[ 着信通話] の下で、[すべての着信を許可する] を選択 するか、すべての着信を 傍受します。

6

[すべての着信通話をインターセプトする] を選択した場合 、必要な機能をセットアップします。

  • ワークスペース通話をボイスメールに送信するには、[ すべての通話をボイスメールに送信する] チェックボックスをオンにし ます。

  • お知らせを選択する場合 は、デフォルトのグリーティングを選択するか、またはドロップダウンメニューからカスタム音声グリーティングをアップロードして、[ファイルのアップロード] をクリックし ます。

7

[ 電話番号のアナウンス] で、次のオプションから選択し、再送信する番号を入力します。

  • 新しい番号のアナウンスを再生する—通話の新しい番号として、発信者に通知される番号です。
  • 「0」をこの電話番号に転送—0が押されたときに入力した番号に発信者が転送されます。

 

両方のオプションを選択している場合、各オプションに2つの異なる番号を入力することができますが、これにより、誤解を招く通知メッセージが表示されます。 例えば、[ 新しい番号のアナウンスを再生する] が1111に設定されており、 「0」をこの電話番号に2222に転送すると、 発信者は 「リーチしようとしている番号が切れています。」というメッセージが鳴ります。 新しい番号は1111です。 新しい場所に転送する場合は、0を押してください。」 この場合、「0」を押すと、発信者は1111ではなく2222に送信されます。

8

発信通話については 、次のいずれかを選択します。

  • すべての発信通話の傍受—ワークスぺースが発信を試みたときに、発信者は回線がサービス外であることを知らせるメッセージを聞くことができます。
  • ローカルの発信通話のみを許可する: ワークスペースは、ローカルの市外局番内でのみ通話を行うことができます。
  • 傍受された通話を電話番号に転送—入力したワークスぺースの発信通話は指定した番号に移動します。
9

[ 保存] をクリックし て変更を確定します。