注釈は、Webex ミーティングのいくつかのものに付けることができます。たとえば、自分の画面を共有して、そこに表示されているものに注釈を付けることができます。 ドキュメントをアップロードするか、ホワイトボードをミーティングに追加して、ミーティングの参加者と一緒に注釈を付けることもできます。 コンテンツの共有についての詳細は、次を参照してください。 Cisco Webex Meetings でコンテンツを共有します

注釈を開始するには、注釈ツールバーを有効にする必要があります。 次のいずれかのオプションを選択して、注釈ツールバーを有効にします。

  • 画面を共有している場合は、画面上部のコントロール パネルに移動し、[注釈] をクリックします。

  • ドキュメントまたはホワイトボードを共有していても、画面は共有していない場合は、左側のコントロールパネルの [注釈] をクリックします。

注釈ツールバーが Webex ミーティングの左側に表示されます。 注釈オプションの詳細なリストについては、下の注釈ツールバーの表を参照してください。

1

[ファイル] > [開いて共有] をクリックします。

2

ファイルの場所にナビゲーションします。

3

ファイルを選択し、[開く] をクリックします。

表示中のページを変更するには:

  • ページのサムネイルをクリックすることで、表示したいページを選択します。

  • ページのサムネイルを選択し、キーボードの上下矢印を使用します。

  • 左側にある小さいツールバーから、現在のページ番号の上または下の矢印をクリックします。

  • 左側にある小さいツールバーのページ番号をクリックして、希望するページを入力します。

4

共有を停止するには、ドキュメント名の隣にある下向き矢印をクリックして、[閉じる] ボタンをクリックします。 複数のドキュメントを共有している場合、それぞれに対してこれを行う必要があります。

1

ミーティング、イベント、トレーニング セッション中にすべての参加者がコンテンツに注釈をつけることを許可するには、[参加者] メニューで、[権限の割り当て] を選択し、[参加者] を選択して、[注釈] チェック ボックスをオンにします。

2

特定の参加者に注釈の許可を与えるには、[参加者] リストでその参加者の名前を右クリックし、次に [注釈を許可] を選択します。

注釈ツールバーの注釈のトグル を使用して、すべてのミーティング参加者の注釈を有効または無効にすることもできます。 右矢印をクリックすると、特定のミーティング参加者の注釈を有効にすることができます。

主催者は共有コンテンツ注釈することができます。 あなたがユーザーで、共有コンテンツに注釈することを主催者が許可している場合は、共有されているコンテンツに描画し、図形を追加することができます。

利用可能なすべての選択肢の詳細については、注釈ツールバーの表を参照してください。

1

注釈を描画するためには、注釈ツールバーのオプションの 1 つを選択します。

2

左マウス ボタンを押して、描画するためにマウスをドラッグします。 連続する注釈を描画できます。


 
カーソルが描画モードにあり、移動モード ではないことを確認します。 たとえば、ツールバーの四角形を選択した場合、描画カーソル に変わるまで、動かしてください。

描画したばかりの注釈の上に直接描き続けたい場合は、Windows で Ctrl キーを押しながら、カーソルを描画モードにして、左マウス ボタンを押して、描画のためにドラッグします。


プレゼンターの役割を持つ参加者のみが注釈を移動することができます。

ここでプレゼンターの役割を渡す方法について学習します。 https://help.webex.com/WBX1800/

1

図形を移動するには、カーソルを重ね、移動カーソル になるのを待ってから、図形をドラッグして別の場所に移動します。

2

線、ペンの描画、またはテキストを移動するには、その上に直接ホバーさせ、カーソルが移動カーソル に変わるのを待って、注釈をその新しい場所までドラッグします。

次の手順に従ってコンテンツを保存します。

すべての未保存のドキュメントおよびホワイトボードは、ミーティングが終了すると失われます。

1

リストから保存するホワイトボードまたはドキュメントを選択します。

2

左側の注釈ツールバーにある [保存] ボタンをクリックします。

3

ファイルを保存する場所に移動します。

4

ファイルに名前を付けて、ファイルの種類を選択します。 選択可能なファイル タイプは、次の通りです。

  • Universal Communication Format (*.ucf) — Webex ミーティングで再使用して注釈を続行する場合に選択します。

  • Portable Document Format (* .pdf) —他のアプリケーションで開くか、印刷または共有するかを選択します。

5

[保存] をクリックします。

注釈ツールを使用して、共有コンテンツに注釈を付します。

ツール

説明

クリックして、すべての参加者に対し注釈を有効または無効にします。

> をクリックすれば、[注釈] メニューを展開し、特定の参加者の注釈を有効にすることができます。

ポインタを使えば画面上の目立たせたい箇所に注意を引くことができます。 矢印ポインタには自分の名前が含まれます

Windows ユーザーは、矢印をクリックして、レーザー ポインタを選択することができます。

共有コンテンツにテキストを追加します。

を選択することで色を変更します。

文章に下線を引いたり、注意を引くために直線を描いたりします。 マウスをドラッグして線を引きます。

Windows ユーザーは、矢印をクリックして、一重または二重の矢印を選択することができます。

を選択することで色を変更します。

四角を描きます。

Windows ユーザーは、矢印をクリックして、楕円形、チェックマーク、または×印を描くことができます。

を選択することで色を変更します。

太ペンを使って自由な図を描きます。

Windows ユーザーは矢印をクリックして、鉛筆で描くことができます。

を選択することで色を変更します。

テキスト、線、シェープ、太ペン、細ペンの色を変更します。

矢印をクリックし、色を選択します。

消しゴムを選択して注釈を消去し、それから注釈を選択します。

Windows ユーザーは、右矢印をクリックして、すべての注釈または自分の注釈を消去することができます。。

注釈を保存します。


 

ミーティングが終了すると、保存していない注釈は失われます。