Webex Events(新)は、バージョン 41.4 以降のサイトでベータ リリースとして利用できます。

イベントをスケジュールすると、次の 3 通のメールが届きます。 自分用のコピー 1 通、すべてのパネリストに送信されるメールのコピー 1 通、出席者に転送するために使用できるメール 1 通です。

1

Webex サイトにサインインし、[ミーティングをスケジュールする] の隣にあるドロップダウン矢印をクリックして、[イベントをスケジュール] を選択します。

2

次の情報を入力して基本情報を追加します。

  • トピック:出席者にわかりやすく、楽しみに思えるようなトピックを選択します。
  • イベント パスワード:提供されたパスワードを使用するか、自分のパスワードを入力します。 出席者がイベントに参加する際に、このパスワードの入力が求められます。
  • 日時:参加者のタイムゾーンを考慮して、イベントの開催日時を設定します。
  • 出席者ビュー:イベントとウェブキャストのどちらをスケジュールするのかを選択します。 ウェブキャストは、3,000 人以上のユーザーを対象とする計画にご利用いただけます。 詳細については、「Webex Events(新)のイベント モードとウェブキャスト モードを比較する」を参照してください。
3

次の情報を含めて、パネリストを設定します。

  • パネリスト:イベントまたはウェブキャストの運営をサポートしてもらうために招待するユーザーのメール アドレスを入力します。 ユーザーがこのサイトでアカウントを持っている場合、名前の隣のを選択して共同主催者にすることもできます。
  • パネリストのパスワード:提供されたパスワードを使用するか、自分のパスワードを入力します。 パネリストがイベント パネルに参加する際に、このパスワードの入力が求められます。 パネリストがイベントへの参加時にパスワードを入力しない場合、出席者としての参加になります。

     

    イベントが主催されるサイトのアカウントをパネリストが持っている場合は、サインインのみで参加できます。 同じサイトのアカウントを持っていない場合は、パネリストのパスワードの入力が求められます。

各ロールの違いについては、「Webex Events(新)のロール」を参照してください。

4

[高度なオプションを表示] をクリックして、音声オプションのカスタマイズ、アジェンダの追加、登録の要求、練習セッションの実施などを行います。

5

[スケジュール] をクリックして後日のイベントをスケジュールします。