ミュートまたはミュートを解除するには、[ミュート]ミュート または [ミュート解除]ミュート解除 をクリックします。

キーボードショートカットを使用することもできます。Windows の場合は Ctrl + M、Mac の場合は Command + Shift + M で、自分をミュート、ミュート解除できます。

ミュート中に話したい場合は、Space バーを押したままにすると一時的にミュートを解除できます。 話し終えたら、Space バーを放してもう一度ミュートします。 ミーティングの主催者が参加者のミュート解除を許可していない場合は、通知が届きます。

ミュート中に話そうとすると、最初にミュートを解除するか、手を上げてミュートを解除したいことを主催者に知らせるようメッセージが表示されます。

ミーティングやイベントの音声にコンピュータを使用している場合は、ヘッドセットコントロールを使用して自分をミュート、ミュート解除できます。 ミュートステータスは、ミーティングのコントロールと [参加者] パネルに表示されます。 同様に、デスクトップアプリからのミュートとミュート解除も、ヘッドセットに影響します。

主催者が参加者による Webex Meetings でのミュート解除を禁止している場合は、主催者がリクエストを送信した後でのみミュートを解除できます。 リクエストを受け取ったら、[自分のミュートを解除] をクリックします。 マイクをオフのままにするには、[ミュートを保持] をクリックします。

周囲のノイズを軽減させる

Webex Meetings アプリがマイクからのバックグラウンドのノイズを検出すると、自分をミュートするように求められます。

WBS40.10 以降のサイトでは、バックグラウンドのノイズの削除機能をオンにすると、Webex Meetings アプリはバックグラウンドのノイズを検出しません。

検出されたバックグラウンドのノイズ

アプリケーションが誤ってバックグラウンドのノイズを検出した場合は、[ノイズではありません] をクリックすると無視します。

バックグラウンドのノイズの警告をオフにする場合は、[ノイズ検出を無効にする] をクリックします。

共有時にミュート

共有時に画面上部のミーティング操作パネルにある [ミュート] をクリックして自分のマイクをミュートにします。

自分をミュート

またはビデオ デバイスの *6 を押して自分をミュートまたはミュート解除することもできます。

ミーティング主催者または共同主催者

ミーティングの主催者または共同主催者には、ミーティングのモデレートを支援するオプションがあります。 個人または全員を一斉にミュートしたり、参加者が自分のミュートを解除したりしないようにしたり、参加者が参加したときに自動的にミュートしたりできます。 参加者のミュートは、バックグラウンドのノイズが聞こえる場合、または参加者が順番に話す場合に役立ちます。

特定の参加者をミュートまたはミュート解除するには、[参加者] パネルで名前を探して [ミュート]ミュートまたは [ミュート解除]ミュート解除を選択します。

全員を一斉にミュートにすることも、ミーティングに参加する時点でミュートにすることもできます。

Webex Events と Webex Training の参加者をミュートにしている場合、ミュートを解除できるのは主催者だけです。参加者は自分をミュート解除することはできません。

  • 自分とプレゼンター以外の全員を一斉にミュートするには、[参加者] メニューで [すべてミュート] または [すべてのミュート解除] を選択します。


    Webex Meetings では、[すべてミュート] を選択すると、[入室時にミュート] もオンになるため、ミーティングに遅れて参加した人は自動的にミュートされます。

  • 参加者がミーティングに参加するときに自動的にミュートするには、[参加者] パネルに移動し、[入室時にミュート] をクリックします。

    すべての参加者をミュートしたが、参加する新しい人をミュートしたくない場合は、[入室時にミュート] をいつでもオフにできます。

Webex Meetings では、許可を与えるまで出席者が自分のミュートを解除しないように選択できます。 [参加者] パネルで、[他のオプション] をクリックし、[出席者が各自でミュート解除することを許可する] のチェックを外します。 チェックを外すと、出席者は主催者が許可するまでミュートを解除できません。

ミュートまたはミュートを解除するには、[ミュート] または [ミュート解除] を選択します。


ミュートしている間、Space バーを押し続けると一時的にミュートを解除できます。 話し終えたら、Space バーを押すのをやめると、再びミュートになります。 ミーティングの主催者が出席者のミュート解除を許可していない場合は、通知が表示されます。

ミーティングやイベントの音声にコンピュータを使用している場合は、ヘッドセットコントロールを使用して自分をミュート、ミュート解除できます。 ミュートステータスは、ミーティングのコントロールと [参加者] パネルに表示されます。 同様に、デスクトップアプリからのミュートとミュート解除も、ヘッドセットに影響します。


ヘッドセット ミュート コントロールは、Cisco Webex Meetings (Windows、Mac) および Cisco Webex Events (Windows) のユーザに適用されます。

周囲のノイズを軽減させる

アプリケーションがマイクからのバックグラウンドのノイズを検出すると、自分をミュートするように求められます。

アプリケーションがサウンドをノイズとして誤って検出した場合は、[ノイズではありません] を選択できます。

マイクによって拾われるバックグラウンドのノイズについての警告を受け取りたくない場合は、[ノイズ検出を無効にする] を選択します。

共有時にミュート

共有時に画面上部のミーティング操作パネルにある [ミュート] をクリックして自分のマイクをミュートにします。

またはビデオ デバイスの *6 を押して自分をミュートまたはミュート解除することもできます。

ミーティング主催者として

ミーティングの主催者または共同主催者には、ミーティングのモデレートを支援するオプションがあります。 個人をミュートしたり、全員を一斉にミュートしたり、参加者が参加したときに自動的にミュートしたりできます。 参加者のミュートは、バックグラウンドのノイズが聞こえる場合、または参加者が順番に話す場合に役立ちます。

特定の参加者をミュートまたはミュート解除するには、[参加者] パネルの名前のとなりで [ミュート] または [ミュート解除] を選択します。

全員を一斉にミュートにすることも、ミーティングに参加する時点でミュートにすることもできます。


Webex Events および Webex Training の参加者をミュートにしている場合、ミュートを解除できるのはあなただけです。 彼らは自分でミュートを解除することはできません。

  • 自分とプレゼンター以外の全員を一斉にミュートするには、[参加者] メニューで [すべてミュート] または [すべてのミュート解除] を選択します。

  • ミーティング参加時にすべての参加者をミュートにするには、[参加者] メニューで [出席時にミュート] を選択します。