Microsoft Intune SDK MDM または Blackberry SDK MDM のサポートに興味がある場合は、モバイルアプリケーション管理プログラムにサインアップできます

概要

以前はアプリケーション制限と呼ばれていた管理された構成により、組織の IT 管理者は Webex Meetings モバイルアプリの設定をリモートで指定できます。

Webex Meetings では、IT 管理者によりリモートで設定できる管理された構成オプションを定義できます。 これらの任意の設定は、管理された構成プロバイダによって変更することができます。 アプリが作業プロファイルで実行されている場合、IT 管理者がアプリの管理構成を変更できます。

管理された構成プロバイダは、同じデバイスで実行されている IT 管理者によって制御されている別のアプリです。 IT 管理者は、管理対象の構成プロバイダアプリに構成の変更を伝えます。これにより、Webex Meetings に変更が加えられます。

前提条件

  • iOS 9.0 またはそれ以降

  • エンタープライズ モビリティ管理 (EMM) ソフトウェア Jamf ProAirWatchMicrosoft Intune、または MobileIron など)

  • 管理対象アプリケーションはアプリ ストアにアップロードされています

Webex Meetings の構成ポリシー

IT 管理者は、EMM ソリューションに登録されているデバイスに構成ポリシーを追加することができます。

EMM コンソールにサインインし、Managed Google Play から Webex Meetings を承認します。 IT 管理者は、Webex Meetings モバイルアプリのためのアプリ構成ポリシーを追加できます。ユーザーが Webex Meetings をインストールすると、デバイスは自動的にアプリを構成します。

構成オプション

構成キー

値の種類

説明

DefaultAudioCallType

整数

会議のデフォルトの音声接続タイプを指定する

DisableAppleLogin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Apple アカウントにサインインすることを許可します。

DisableFacebookLogin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Facebook アカウントにサインインすることを許可する。

DisableGoogleLogin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Google アカウントにサインインすることを許可する。

DisableO365Login

ブール値 (True または False)

ユーザーが Office 365 アカウントにサインインすることを許可する。

DisableMeetingNotification

ブール値 (True または False)

開催予定のミーティング通知が送信されたかどうかを指定します。

DisableVideoSending

ブール値 (True または False)

ミーティング中にユーザーがビデオを送信することを許可します。

DisableWebexCalendar

ブール値 (True または False)

Webex カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableNativeCalendar

ブール値 (True または False)

デバイス カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableO365Calendar

ブール値 (True または False)

Microsoft Office 365 カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableDeviceConnection

ブール値 (True または False)

ビデオ デバイスが Webex Meetings に接続することを許可します。

DisableAutoDeviceConnection

ブール値 (True または False)

ビデオ デバイスが Webex Meetings に接続することを許可します。

DisableSendingHighFPSShare

ブール値 (True または False)

ユーザーが 1 秒あたり最大 30 フレームで画面を共有することを許可します。

DisableVirtualBackground

ブール値 (True または False)

ユーザーがミーティングで仮想背景を無効にすることを許可します。

EnableBlockRootedDevices

ブール値 (True または False)

ルートデバイスで Webex Meetings を使用できるかどうかを指定します。

EnableForceLogin

ブール値 (True または False)

ユーザーがユーザーの Webex Meetings にサインインする必要があるかどうかを指定します。

EnableAutomaticPR

ブール値 (True または False)

Webex Meetings パーソナル会議室を自動的に開くことを許可します。

siteurl

文字列

Webex サイト名を指定します。 例: company.webex.com

UserName

文字列

Webex アカウントの所有者のユーザー名を指定します。

UserPassword

文字列

Webex アカウントのパスワードを指定します。


IT 管理者だけが、EMM コンソールでこれらの設定キーを表示できます。 IT 管理者ではないユーザーは、これらの設定キーにアクセスまたは変更することができません。

IT 管理者により一部の機能が有効になっている場合でも、その機能はサイト管理者によりサイトレベルで無効になっている可能性があります。

MDM サービスで Webex Meetings モバイルアプリにサインインします


Webex Meetings モバイル アプリは、MDM サービスがセットアップされていない場合、または SiteURL および EnableForceLogin が設定されていない場合に正常に動作します。

SiteURL が設定されています

メールを入力して [次へ] をタップすると、設定された SiteURL が自動的にユーザーに一覧表示されます。

SiteURL および EnableForceLogin が設定されています

メールを入力し、[次へ] をタップした後、設定された SiteURL を使用してアプリにサインインする必要があります。ユーザーがサインインしていないが、ミーティングに接続しようとすると、アプリによりサインインが求められます。

サイトに シングル サインオン (SSO) がある場合、モバイル アプリにサインインすると、ユーザーは自動的に SSO ページに移動します。まずメール アドレスを入力する必要はありません。

デフォルトの音声設定を変更する

デフォルトに設定する音声接続の値を入力し、DefaultAudioCallType を設定します。 音声接続オプションの値は次のとおりです。

音声接続タイプ
コールバック 1
音声のためにインターネットを使用 2
コールイン 3
音声に接続しない 5

設定したデフォルトの音声接続は、初めて会議に参加するユーザーに適用されます。 ユーザーがオーディオ接続を変更すると、そこで選択したオーディオ接続がユーザーのデフォルトになります。 DefaultAudioCallType に値が設定されていない場合、または無効な値を設定した場合は、音声のためにインターネットを使用がデフォルトに設定されます。

前提条件

Webex Meetings の構成ポリシー

IT 管理者は、EMM ソリューションに登録されているデバイスに構成ポリシーを追加することができます。

EMM コンソールにサインインし、Managed Google Play から Webex Meetings を承認します。 IT 管理者は、Webex Meetings モバイルアプリのためのアプリ構成ポリシーを追加できます。ユーザーが Webex Meetings をインストールすると、デバイスは自動的にアプリを構成します。

構成オプション

構成キー

値の種類

説明

DisableFacebookSignin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Facebook アカウントにサインインすることを許可する。

DisableGoogleSignin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Google アカウントにサインインすることを許可する。

DisableO365Signin

ブール値 (True または False)

ユーザーが Office 365 アカウントにサインインすることを許可する。

EnableForceSignin

ブール値 (True または False)

ユーザーがユーザーの Webex Meetings にサインインする必要があるかどうかを指定します。

DisableMeetingNotifications

ブール値 (True または False)

開催予定のミーティング通知が送信されたかどうかを指定します。

EnableBlockRootedDevices

ブール値 (True または False)

ルートデバイスで Webex Meetings を使用できるかどうかを指定します。

DisableVideoSending

ブール値 (True または False)

ミーティング中にユーザーがビデオを送信することを許可します。

DisableWebexCalendar

ブール値 (True または False)

Webex カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableDeviceCalendar

ブール値 (True または False)

デバイス カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableO365Calendar

ブール値 (True または False)

Microsoft Office 365 カレンダーからミーティングを一覧表示することを許可します。

DisableDeviceConnection

ブール値 (True または False)

ビデオ デバイスが Webex Meetings に接続することを許可します。

DisableAutoDeviceConnection

ブール値 (True または False)

ビデオ デバイスが Webex Meetings に接続することを許可します。

SiteUrl

文字列

ログイン先のサイト URL を指定します。


IT 管理者だけが、EMM コンソールでこれらの設定キーを表示できます。 IT 管理者ではないユーザーは、これらの設定キーにアクセスまたは変更することができません。

IT 管理者により一部の機能が有効になっている場合でも、その機能はサイト管理者によりサイトレベルで無効になっている可能性があります。

MDM サービスで Webex Meetings モバイルアプリにサインインします


Webex Meetings モバイル アプリは、MDM サービスがセットアップされていない場合、または SiteURL および EnableForceLogin が設定されていない場合に正常に動作します。

SiteURL が設定されています

メールを入力して [次へ] をタップすると、設定された SiteURL が自動的にユーザーに一覧表示されます。

SiteURL および EnableForceLogin が設定されています

メールを入力し、[次へ] をタップした後、設定された SiteURL を使用してアプリにサインインする必要があります。ユーザーがサインインしていないが、ミーティングに接続しようとすると、アプリによりサインインが求められます。

サイトに シングル サインオン (SSO) がある場合、モバイル アプリにサインインすると、ユーザーは自動的に SSO ページに移動します。まずメール アドレスを入力する必要はありません。

既知の問題

モバイルデバイスにインストールされたデバイス ポリシー コントローラー (DPC) を通して EMM によりコントロールされたポリシーは、次の機能のアプリの動作に影響を Webex 与える可能性があります。 IT 管理者は MDM を使用して、これらを有効または無効にすることができます。

  • スクリーンの共有: 画面の取り込みが無効になっている場合、ミーティングの他の参加者に黒い画面が表示される場合があります。

  • セルフビデオの開始: カメラが無効になっている場合、カメラのビデオを開始することはできません。

  • Bluetooth デバイス: Bluetooth 接続が無効になっている場合、Bluetooth デバイスを使用することはできません。

  • ブラウザーから Webex アプリを起動する: ブラウザー アプリが WBX プロトコルを Webex アプリに送信するように制限されている場合、ブラウザーから Webex アプリを起動することはできません。