代理主催者によるミーティングのスケジューリングの概要

他の主催者にミーティングを管理する権限を付与するには、まず Webex サイトでスケジュール権限を付与します。 次にカレンダーを共有し、Microsoft Outlook で他の主催者を代理人に指定します。

代理人は主催者アカウントを持ち、Webex スケジューラまたは Webex 生産性向上ツールがインストールされている必要があります。

Mac 版生産性向上ツールのサポート終了

Microsoft が 5 月中旬から Mac 版 Outlook でインジェクションベースのプラグインをブロックする予定のため、Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは 41.5 になります。 Webex の使用を希望する Mac ベースの Outlook をご利用のお客様は、Cisco Webex スケジューラに移行してください。

Webex 生産性向上ツールは、39.10 以降の Webex Meetings デスクトップ アプリとは別のものです。 生産性向上ツールでは 41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。

Microsoft Outlook のスケジューリング権限を設定する

1

Microsoft Outlook のカレンダーから、ホーム リボンにある [共有カレンダー] > [カレンダー] を開くをクリックします。

2

[追加] をクリックします。

3

代理人として割り当てるユーザーの名前またはメール アドレスを入力し、[追加] をクリックして、[OK] をクリックし]ます。

4

権限のリストから [代理人] を選択し、[OK] をクリックします。

[カレンダーの権限] メニューから代理人を割り当てます。

1

Microsoft Outlook のカレンダーから、ホーム リボンにある [カレンダー 権限] を選択します。

2

[プロパティ] ウィンドウから [許可] タブを選択します。

3

代理人として割り当てるユーザーの名前またはメールアドレスを入力します。

4

[権限] ドロップダウン メニュー を開き、[代理人] を選択し、[追加] をクリックします。

5

[完了] をクリックします。

1

Microsoft Office Web アプリから、[カレンダー] を選択します。

2

[マイ カレンダー] の下で、[カレンダー] の隣にある [その他のオプション] アイコンをクリック し、[共有と権限] を選択します。

3

代理人として追加するユーザーの名前またはメール アドレスを入力します。

4

権限ドロップダウン メニューから [代理人] を選択し、[共有] をクリックします。