Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手と直接やりとりするときはいつでも、音声 またはビデオ の通話アイコンを探すだけです。相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、名刺を見たり、ダイヤルパッドに名前やメールアドレスを入力したりできます。


複数の電話回線がある場合は、通話用のアクティブ回線を変更できます。

音声またはビデオのどちらに通話するかを選択してから、相手の勤務先番号か携帯電話番号かビデオアドレスを選択します。

コールが接続されると、相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスの選択に応じて、わずかに異なるオプションが表示されます。

相手の勤務先番号またはビデオアドレスにビデオ通話として電話をかけた場合は、ビデオのオンとオフを切り替えたり、可能な場合は画面を共有したりできます。

しかし、他のユーザーの携帯電話番号を選択した場合、コールは通常の音声のみのコールに対して行われるので、ビデオをオンにしたり、画面を共有したりすることはできません。

勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスのいずれかで [] をクリックすると、高度なコーリング機能にアクセスできます。 コールを保留にしたり、他のユーザーに転送したりすることができます。 設定によっては、コールを結合したり、電話会議を開始したりすることもできます。


 

管理者が組織のコール セキュリティを有効にしている場合、コーリング ウィンドウの右上に が表示され、コールが安全であることを知らせることができます。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスを選択し、設定に応じて [] または [] をタップします。 をタップすると、コールは音声に接続され、ビデオに切り替えることはできません。


 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップしてから、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

相手の勤務先番号、携帯電話番号、ビデオアドレスを選択し、設定に応じて [] または [] をタップします。 をタップすると、コールは音声に接続され、ビデオに切り替えることはできません。


 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップして選択します。