電話機に付属しているアダプタを給電に使用することができます。ネットワークが Power over Ethernet(PoE)をサポートしている場合、電話機をネットワークに接続することによって電力を供給できます。

オフィスの設定に応じて、Power over Ethernet(PoE)を介して会議用電話機に給電することができ、Cisco IP 電話パワー インジェクタを使用することもできます。

次のいずれかの方法で携帯電話に電力を供給できます:
  • 電話機に付属している電源アダプタを使用します。

  • デスクフォン:ネットワークがPower over Ethernet(PoE)に対応している場合、あなたの電話機をネットワークに接続することができます。イーサネットケーブルを、イーサネット電話ポート に差し込み、ネットワークに接続します。

  • 会議用電話: 会議用電話には、次のいずれかの電源からの給電が必要です。

  • 7832

    • LAN 経由の Power over Ethernet(PoE)。

    • Cisco IP 電話パワー インジェクタ。

    • PoE 電源ケーブルと Power Cube 3。

  • 8832

    • Power over Ethernet(PoE)

      • 北米

        • Cisco IP 会議用電話 8832 PoE インジェクタ

        • Cisco IP 会議用電話 8832 イーサネット インジェクタ

      • 北米以外: Cisco IP 会議用電話 8832 PoE インジェクタ

    • 非 PoE イーサネット

      • 北米

        • Cisco IP 会議用電話 8832非 PoE イーサネット インジェクタ

        • Cisco IP 会議用電話 8832 イーサネット インジェクタと Cisco IP 会議用電話 8832(電源アダプタがコンセントに接続されている)。

      • 北米以外: Cisco IP 会議用電話 8832 非 PoE イーサネット インジェクタ

ご使用のネットワークが PoE に対応しているかどうか不明な場合は、管理者に確認してください。