多くの設定と機能は、デフォルトでは有効になっています。ただし、必要に応じてこれらの項目をカスタマイズすることができます。

Cisco Webex Control Hub からデバイスをカスタマイズして、ニーズに合わせて調整できます。


スタンバイを使用する場合は、次の制限に注意してください。

  • スタンバイにはコンシューマ電子制御 (CEC) が必要なので、 デバイスを HDMI-CEC をサポートする表示ポートに接続します。

  • 一部の HDMI 表示画面は HDMI-CEC をサポートしますが、スタンバイはサポートしません。

  • ディスプレイ画面とデバイスの間に HMI スイッチを導入しないでください。

  • 表示画面でスタンバイを有効にして、 Cisco Webex Control Hub の機能設定を構成する必要がある場合があります。

スタンバイの詳細については、HDMI ディスプレイ画面の資料を参照してください。

次の表に 、Cisco Webex Control Hub で使用可能な機能を示します。この情報は、機能の設定時に使用します。

表 1機能とパラメータ

パラメータ

フィールド タイプまたは選択肢

デフォルト

説明 

DigitalSignageServer

カスタムコンテンツを表示画面に表示することができます。

言語

プルダウンメニュー。

英語(米国)

使用する言語を選択します。

[メンテナンス(Maintenance)] > [再起動(Restart)]

何もしない

再起動

何もしない

デバイスを再起動します。デバイスの設定に影響せず、ログファイルが保持されます。

スタンバイ制御

オン

オフ

オン

ディスプレイが電力節約モードに入ります。 オンに設定すると、ディスプレイはアイドル時 にスリープ状態になります。

ディスプレイ画面で HDMI-CEC がサポートされていない場合は、このパラメータを無効にします。

スタンバイ遅延

スライダ

10 分

デバイスがスタンバイモードに移行して画面表示をオフにする前の遅延を設定します。

デジタルサイネージを設定する場合、このパラメータは 120 分にリセットされます。

タイムゾーン 

プルダウンメニュー

自動

現地タイムゾーンを設定します。

UltrasoundVolume

スライダ

100

Cisco Webex アプリを含む会議室内のデバイスを検出します。


 

このフィールドをデフォルト設定のままにすることを推奨します。

クラウドベースのすべての機能は、Cisco Webex Control Hub から設定および制御されます。ニーズの変化に応じて、さまざまな機能を有効にすることができます。

1 

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [デバイス] に移動します。

2

インベントリからデバイスを選択します。

3 

スクロールダウンして、[詳細設定]を選択します。

4

機能を選択し、設定を行います。

5 

[適用] をクリックします。

6

[閉じる] をクリックします。

デジタルサイネージを使用すると、アイドル状態のとき、デバイスにカスタムコンテンツを表示することができます。広告コンテンツを表示してブランドを宣伝できますが、訪問者や社内従業員の発表や情報も表示できます。

看板モードは、数分無活動状態の後に発生します。ミーティング中に画像が表示されない、画面が共有されない、カレンダーのスケジュールされたカレンダーイベントが表示されません。

次の仕様に注意してください。

  • 最大解像度は 1920x1080 です。アップロードした画像が大きい場合は、AppSpace によってサイズが変更されます。

  • サポートされている静的イメージファイル形式は .png と .jpeg です。


画面表示設定は、デジタル信号の画像に影響を与えます。静止画像がゆがんでいるか画質が悪い場合は、テレビの表示設定を変更します。 例えば、一部のディスプレイメーカーでは、鮮明度を低く設定したり、画像モードコンピュータまたは同等の形式に変更したりすることができます。詳細については、TV に付属しているマニュアルを参照してください。

デジタル信号を設定すると、次のスタンバイ設定が変更されます。

  • [スタンバイ] > [コントロール] はオンにリセットされます。

  • [スタンバイ] > [遅延]は、120 分と [スタンバイモード] にリセットされます。これは、デバイスがスタンバイモードに入るまでの遅延時間です。

HTML5 はサポートされていません。

詳細については、https://docs.appspace.com/latest/how-to/configure-wallpaper-for-cisco-webex-share/ から、デジタルサイネージのアプリスペースのマニュアルのを参照してください。

はじめる前に

AppSpace の管理者アカウントと、AppSpace チャネル用の HTTP URL が必要です。

1 

https://admin.webex.com/ の顧客ビューから [デバイス] に移動します。

2

インベントリからデバイスを選択して、[詳細設定] を開きます。

3 

[DigitalSignageServer] を選択します。

4

フィールドにAppSpace URLを入力します。

5 

[適用] をクリックします。

管理者は、Cisco Webex Control Hub から電話機の設定の一部をロックできます。これは、設定へのアクセス権を持つユーザを制限する良い方法であり、重要なパラメータへの偶発的な変更を防ぎます。

電話からパラメータのロックを解除することはできないため、電話のアクティベーションが終了するまでこのタスクを実行しないでください。

この機能は、次の設定をロックします。

  • 言語

  • タイムゾーン

  • デバイスのアクティベーション

  • ネットワーク接続

  • リセット(Reset)

パラメータはグループとしてロックされます。個々の設定をロックすることはできません。

ハードファクトリリセットは、電話の設定のロックを解除します。

1 

https://admin.webex.com の顧客ビューから作業スペースに移動し、作業スペースを検索します。

2

[作業スペース] を選択し、デバイスに移動して、歯車アイコンをクリックします。

3 

タッチ デバイスのロック設定を切り替えます。

4

[完了] をクリックします。