Webex 管理者は、次のことを行う必要があります。

1. サイト管理で Webex Assistant for Meetings を有効にする

2. Webex Assistant for Meetings は、組織、Webex サイト全体、ライセンスを割り当てた特定のユーザーに対してプロビジョニングできます

スケジューリングを始める前に

Webex Assistant は Webex Meetings で利用できます。 41.5 の更新から、最大 3000 人のユーザーをサポートするプランおよび最大 1000 人のユーザーをサポートするアドオンとして、Webex Events (新規) ウェビナー モードでも利用できます。 この機能には、ビデオシステムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオプラットフォームバージョン 2.0 が必要です。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[Webex Assistant の設定] セクションまでスクロールします。

3

[Webex Assistant を有効にする] チェックボックスをオンまたはオフにします。

チェックボックスがオンの場合、サイトのミーティングおよびウェビナーで Webex Assistant が利用できます。
4

主催者がミーティングまたはウェビナーを開始するときに Webex Assistant を自動的にオンにするには、[デフォルトでミーティングを開始するときに Webex Assistant を有効にする] チェックボックスをオンにします。

ミーティングまたはウェビナー中に、主催者は Webex Assistant をオフまたはオンにすることができます。

5

[更新] を選択します。