概要

Web ユーザーのセッション用 Webex がサインアウトされるまでの待ち時間を指定することができます。 これは、Web ユーザーのためのネットワーク内およびネットワーク外の Webex に適用されます。

Web ユーザーのためのネットワーク内およびネットワーク外の Webex に異なるアイドル タイムアウトを選択することができます。 ネットワーク外のユーザーは、組織のネットワークに接続していないと考えられます。 ネットワーク内のユーザーは、組織のネットワークに接続していると見なされるユーザーです。

ネットワーク外のユーザーのアイドル セッション タイムアウトをオンにすることは、組織内のすべてのユーザーに対して 1 個のアイドルセッションタイムアウトを使用する場合に必要な唯一の手順です。

有効なクロスオリジン リソース共有 (CORS) を入力すると、ネットワーク内およびネットワーク外のユーザーに対して、別のアイドル状態のセッション タイムアウトを指定することができます。

アイドル タイムアウトに設定可能な値は以下の通りです。

  • 0: ユーザーがサインアウトするまでタイムアウトせず、セッションは開いたままになります。

  • 30 分。

  • 1 時間。 これは、ネットワーク外のユーザーのデフォルト値です。

  • 2 時間。

  • 4 時間。

  • 8 時間。

  • 12 時間。

Web ユーザーのためのネットワーク外の Webex のアイドル セッション タイムアウトをオンにする

これは、1 個のアイドル セッション タイムアウトを組織内のすべてのユーザーに適用する場合に必要な唯一のタスクです。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[設定] に移動して、[アイドル タイムアウト] セクションにスクロールします。

2

Webex Teams Web Client アイドル タイムアウトの下のスイッチをオンにします。

3

[ネットワーク外] の下で、 Web ユーザーのためのネットワーク外の Webex がアイドル状態を維持できる時間を選択します。

Web ユーザーのためのネットワーク内 Webex のアイドル セッション タイムアウトをオンにする

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[設定] に移動して、[アイドル タイムアウト] セクションにスクロールします。

2

Webex Teams Web Client アイドル タイムアウトの下のスイッチをオンにします。

3

team.webex.com. から CORS リクエストを許可する URL を入力してください。

4

[ネットワーク上] の下で、Web ユーザーのためのネットワーク上の Webex がアイドル状態を継続できる時間を選択します。

ネットワーク内のユーザーのテスト

CORS は、Web サーバーがドメイン外の Web サイトにリソースを提供することを可能にするサービスです。 ユーザーが teams.webex.com にサインインすると、ブラウザーには、指定した URL へ CORS リクエストを行うように通知されます。 リクエストが成功した場合、ネットワーク上にいることを示します。 リクエストが失敗した場合、 teams.webex.com は はネットワーク外にいるものとしてリクエストを扱います。

Web ユーザーのネットワーク内の Webex のアイドル セッション タイムアウトを選択した場合、teams.webex.comから CORS 要求を許可するネットワーク内で、Web サーバーの URL を指定する必要があります。 この Web サーバーはパブリック インターネットからアクセスすることができません。


CORS URL は大文字と小文字を区別します。

お使いの CORS サイトでは、teams.webex.com との共有を許可する必要があります。 以下は、サーバーの構成で許容される CORS エントリの例です。
access-control-allow-origin: teams.webex.com
または
access-control-allow-origin: *
Postman のようなツールを使用し、access-control-allow-origin 設定やこのカール コマンドを確認することができます。
curl -H "Origin: https://teams.webex.com" --verbose {your_CORS-enabled-site_Url}  2>&1 | grep "access-control-allow-origin" 

入力した URL が teams.webex.com を使用した CORS によるアクセスを許可しておらず、ネットワーク接続テストが失敗する場合、ユーザーは組織のネットワークに接続している場合でも、ネットワークから切断されていると判断されます。


CORS URL の設定はオプションです。

ネットワーク上のユーザーのアイドル タイムアウトを有効にして、CORS URL を提供しない場合、または CORS URL がネットワーク接続テストに失敗した場合、ネットワーク外のユーザーに対して選択した継続時間がネットワーク内のユーザーに適用されます。

サーバーへの CORS サポートの追加の詳細については、次を参照してください。 https://enable-cors.org/server.htmlに進みます。