複数の電話回線を使用している場合、 コールのためにアクティブ回線を変更することができます。

1

に移動して、卓上電話が選択されていることを確認します。 卓上電話の代わりに [マイ コンピュータ] が表示されている場合は、それを選択して卓上電話に切り替えます。


 

常に電話を使ってコールを行う場合は、その電話機に接続して、デフォルトのコールデバイスとして使用することができます。

2

アプリから番号をダイヤルし、Webex コールは電話を通して行われます。 お使いの電話機で、ハンドセットをピックアップする、ヘッドセットを使用する、またはスピーカフォンから話すことができます。 次に、Webex (Unified CM または Webex Calling) でコールをセットアップする場合、アプリから電話をコントロールし続けて、コールを保留できます。 Webex (Unified CM) で通話を行っている場合、マージし、会議し、転送することができます。 電話機のディスプレイに起こっているすべてのことが表示されます。


 

卓上電話コントロール モードになっている場合、Webex でダイヤル パッドを使用して DTMF トーンを入力し、ミーティングに参加するために必要なコードを入力するオプションを提供し、ボイスメール オプションを選択し、デスクトップ上の IVR (自動音声応答装置) システムに移動します。