ウォーター マーク
2021年3月4日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

ビデオ中心の録画プレーヤー プラットフォームと OS サポート

ビデオ中心の録画プレーヤー プラットフォームと OS サポート

ビデオ中心の録画の既知の問題

プラットフォームと OS のサポート

新しいプレーヤーは、Webex サーバーにより採用された HLS ストリームプロトコルをサポートする HTML5 テクノロジプレーヤーです。
 

 FirefoxChromeEdgeIE 11Safari
Windows 7サポートありサポートあり適用なし未対応適用なし
Windows 8.1サポートありサポートあり適用なし**例外でサポート適用なし
Windows 10サポートありサポートありサポートあり*例外でサポート適用なし
Mac OSサポートありサポートあり適用なし適用なしサポートあり

*以下の例外を参照してください。
  • Windows 8.1 と Windows 10 の下での IE11 に、HTTP ライブ ストリーミング (HLS) のバッファリングの問題があります。  進捗バーをドラッグしてビデオの早送りや巻き戻しを複数回行うと、videoJS の応答が悪くなり、ページを大規模に再レンダリングする必要がある場合に(全画面表示の終了時やウィンドウのサイズ変更時によく起こります)、UI が破損します。  この問題は古いネットワーク録画 (NBR) プレーヤーでも、新しいプレーヤーでも起こり、ブラウザーの実装の問題です。
    • videoJS5 を使用する古い NBR プレーヤーでは、複数回数進捗バーをドラッグした場合に全画面にすると、ビデオが中断されます。
  • videojs7 を使用している hls.js の公式デモでは、進捗バーを複数回ドラッグしてもビデオは中断されませんが、ESC キーを押して全画面表示を終了すると、ビデオ領域は新しいサイズに合わせてサイズを変更できません(https://video-dev.github.io/hls.js/demo/ を確認して、この URL を再生してください: https://d2zihajmogu5jn.cloudfront.net/bipbop-advanced/bipbop_16x9_variant.m3u8)。
  • 新しい NBR プレーヤーは hls.js に似ていて、進捗バーを数回ドラッグし、ウィンドウのサイズを変更しても、引き続き UI に問題が発生する可能背があります。 IE11 がリサイズされるか、全画面表示にしたときに UI に問題が生じる可能性を減らすためには、ビデオ再生が一次停止されます。この回避策により、問題の発生の可能性が減りますが、問題を軽減することはできません。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×