ウォーター マーク
2021年3月29日 | 回表示 | 人がこの投稿記事が役に立ったと考えています

サイトのアップグレード後に仮想カメラ ドライバーが機能しなくなりました

サイト アップグレード後に、私の仮想ウェブカメラのソフトウェアを使用できなくなりました。

仮想カメラソフトウェアが Webex アプリで機能しなくなりました。

原因:
Cisco Webex Meetings デスクトップアプリのセキュリティ強化の一環として、macOS クライアントでは以下のエンタイトルメントを削除することが必要になりました。

その結果、多くの仮想カメラのソフトウェアアプリケーションが、使用するウェブカメラのドライバが Apple によって署名されておらず、Cisco Webex Meetings デスクトップアプリでロードできないため、動作を停止しました。

影響を受けるリリース:
  • WBS40.7.0
  • WBS40.6.0
  • WBS40.4.3
  • WBS40.2.16
  • WBS39.5.23
解決方法:
WBS 41.2 から、Cisco Webex は仮想カメラ ソフトウェア アプリケーションと Cisco Webex Meetings および Webex アプリのドライバーをサポートします。

この投稿記事は役に立ちましたか?

関連の投稿記事

最近閲覧した投稿記事

×