録画の追加時は、オプション [この URL を再生の最後に表示する] がグレー表示されています。

再生の最後にこの URL を表示するに関する情報が提供されます。

録画の追加時はオプション [この URL を再生の最後に表示する] がグレー表示されます。

をアップロードした後で、[再生の最後にこの URL を表示する] に URL を入力できない。WMV ファイルを [マイ記録] に保存します。

私に再割り当てされた録画を変更しようとするときに、「再生の最後にこの URL を表示する」のオプションが無効になります。



解決方法:

録画が [Cisco Webex Events または Cisco Webex Training] の下で、録画の再生の最後に表示する URL を追加するオプションがあります。 これにより、出席者が録画を視聴し終える際に、出席者はウェブサイトにリダイレクトされます。

「再生の最後にこの URL を表示する」オプションは、以下の理由により無効になっている場合があります

  • 録画が再割り当て されています - 自分の録画の再生後 URL のみ指定できます。 別のサイトから再割り当てされた録画にはこのオプションを使用主催者アカウント
     
  • ファイルは ではありません。WRF または。ARF ファイル - 元の Webex 録画形式にのみ対応しています。 など、その他の記録形式。アップロードした WMV ファイルは、ポスト再生 URL をサポートしていない。 .WMV ファイルの再生にはサードパーティのソフトウェアが必要です。また、Webex プレーヤー は再生が終了するときに知るファイル終了マーカーを読み取ることはできません。そのため、リダイレクトをトリガーして宛先 URL を表示することはできません。 ファイルのアップロード前に URL が [再生の最後にこの URL を表示する] に入力されている場合、新しいファイルがアップロードされると、以前入力した URL は自動的に削除されます。

 

この投稿記事は役に立ちましたか?