Cisco Proximity が有効になると、ビデオ会議デバイスは超音波ペアリング メッセージを送信します。 これらのメッセージは近接するデバイスで Cisco Proximity クライアントを使用し受信され、Proximity クライアントがビデオ会議デバイスと自動的にペアリング可能になります。

Cisco は、ワイヤレス共有、デバイス コントロール、ミーティングへの簡単な参加が可能になる Webex アプリの展開を推奨しています。 しかし、それが実現できない場所では、Cisco Proximity はインフラストラクチャに依存しない、軽量でデバイス中心の代替手段を提供します。

管理者は、こちらで、Cisco Proximity とそのサービスの有効化についてお読みください。

Windows または OS X 対応の無料版 Cisco Proximity アプリは、次の方法でダウンロードできます。

1

[Cisco Proximity] に移動します。

2

[Windows 版 Cisco Proximity を入手] (または Mac 版) をクリックします。

3

ダウンロードが完了したら、ダブルクリックしてインストーラーを実行します。

4

ユーザー専用のアプリをインストールするには [インストール] をクリックするか、すべてのユーザーに対してインストールする場合は [詳細設定] をクリックします。

5

インストールが完了したら、[完了] をクリックします。

Proximity が有効なビデオ システムのある部屋に入室する場合は、アプリを開きます。アプリは有効なデバイスを検索して接続し、自動的にペアリングします。 お使いのコンピューターとビデオ デバイスは同じネットワーク上に接続されている必要があります。

  • ビデオ システムで画面を共有するには次を実行します。 [画面共有] をクリックするか、キーボードで Alt+F12 のショートカットを使用します。 アプリで [共有を停止] をクリックして共有を終了します。

  • アプリを使用して通話するには、[発信] をクリックします。 番号を検索するか、アドレスをダイヤルします。 次に [通話] をクリックします。 コンピューター画面に通常の通話コントロールを表示して、共有音量の調整、ミュートキーパッドへの入力、通話の終了ができます。

Cisco Proximity は、会議室へのドアが閉じている場合、システムの外側では機能しません。 この機能を使用するには、ビデオ デバイスの近くにいる必要があります。