共有タイマーの追加

Webex ユーザーは、Webex App Hub 経由で、共有タイマー アプリを追加できます


埋め込みアプリは管理者により有効にされている必要があります。 詳細については、「Webex への埋め込み 型アプリ」を参照してください

共有タイマーを使用する

ミーティングのホスト/アプリ イニシエーター

アプリ イニシエーターは、ミーティングまたはウェビナーのタイマーを起動するユーザーです。 主催者だけが他の参加者に対してアプリをロック/ロック解除することができますが、主催者とアプリイニシエーターはタイマーを管理するために同じ機能を持っています。 ホスト/アプリ イニシエーターの機能:

  • 事前に定義された時間またはカスタム時間のタイマーを設定します

  • タイマーの開始、一時停止、再起動

  • タイマーを前の継続時間または 00:00 にリセットします

  • アクション フィードを表示する

  • 音声キューをミュート/ミュート解除する

  • [一緒に開く ] をオン にするか、セッションを閉じます。

参加者

デフォルトでは、[一緒に開 く] オプションにより、参加者はタイマーを確認したり、タイマーを操作することができます。 ただし、コントロールへのアクセスを制限することができます。 参加者の機能:

  • タイマーを表示する

  • アクション フィードを表示する

  • ロックされていない コントロール ( デフォルト):

    • 事前に定義された時間またはカスタム時間のタイマーを設定します

    • タイマーの開始、一時停止、再起動

    • タイマーを前の継続時間または 00:00 にリセットします

  • コントロール はホストにより ロックされます。

    • 音声キューをミュート/ミュート解除する