概要

統合型音声を使えば、専用インスタンスのお客様および PSTN のネット上通話をバックアップルーティング方法として利用することで、PSTN 料金を引き起こさずにコールインおよびバック機能を使って Webex Meetings に参加することができます。


ユーザーのミーティングライセンスは明示的に調達する必要があります。

Cisco が構成したコンポーネント

Unified CM で、SIP トランク/ルート グループ/ルート リストは、以下にWebex Meetings。


  • Unified CM の上記の構成には x で前もって固定されている名前があります (例xUS1_AMER_WEA_TRK1、xUS_WEA_RG、xUS_WEA_RL)

  • 顧客管理者は、上記の構成済みの要素を変更または削除しなさる必要があります。

Webex 構成の統合型音声 (パートナー/顧客管理者)

私。 Control Hub Webex Meetings音声設定を構成する

パートナーまたは顧客の管理者は、音声設定で DNS SRV レコード を追加して統合型音声バック番号を設定する必要があります。これにより、システムはコールバックが内線番号に入ってくることを認識し、ミーティングのコールバックがリダイレクトされる内部番号です。

  1. サイトの [音声設定] で以下をWebex Meetings。

    1. LUA スクリプトを生成する

      • Control Hub で、[ミーティング] に進 み、デフォルト設定されたサイトを選択し、右側パネルで [サイトの設定] を クリックします

        [共通設定] タイルの下の [音声設定] に進み、[Edge 音声カスタム コールイン番号] までスクロールし、必要なパラメーターを構成し、[Lua スクリプトの生成] をクリックします。


        許可されている、またはカスタムのコールイン番号を変更する場合は、その度に新しい Lua スクリプトを生成して適用する必要があります。

    2. ダイヤルイン番号を追加する

      • [サイトの 既定の国際コールイン番号] に移動 し、サイトの既定のコールイン番号として最大 2 つの番号を追加します。

    3. DNS サーバーレコードSRVします

      • Edge 音声によって許可されるコールバック番号に移動し、特定Expressway DNS 番号SRV特定の顧客の内線にコールバックするように設定します。

        wea..Expressway DNS SRV値 を入力<customer>します<region>。 wxc-di.webex.com (例、) を wea.acme.amer.wxc-di.webex.com し、[追加] をクリック します


        デフォルトで [音声] PSTNを使用 して、通話を再試行します。


    Control Hub のすべてのユーザーにWebex Meetingsライセンスが、専用インスタンスおよびユーザーライセンスの両方に対して有効Webex Calling。

II。 統合型音声の Unified CM 構成

  1. Unified CM で LUA スクリプト情報を SIP 正規化スクリプトにコピーします。

    • SIP 正規化スクリプトの → デバイス 設定] に移動し→ステップ 1 で生成された Lua スクリプト情報をコピーして貼り付け、[保存] をクリックします

  2. SIP 正規化スクリプトを WEA トランクにマップします。

    • [デバイスとデバイスの → 設定→ トランク] に進み、[正規化スクリプト] ドロップダウン リストから SIP 正規化スクリプトを選択し、[保存] をクリックします

  3. Unified CM でルートパターンを作成してWebex Meetings番号を見つけたり、WEA ルートリストに指定します。