スピーカー トラッキング カメラ システムは、会議中にカメラを手動で制御する必要がなく、その人物を追跡およびフレーム設定します。 スピーカー トラッキングが動作する最大距離は 7.5 m です。

スピーカー トラッキングをサポートするデバイスは次のとおりです。

  • SpeakerTrack 60 カメラ搭載の MX700、MX800、および SX80

  • Room Kit

  • Quad Camera または SpeakerTrack 60 カメラ搭載の Codec Plus および Codec Pro

  • Room 55、Room 55 デュアル、および Room 70 G2

  • ルーム パラトラと Room 70 の山の上

  • Webex ボードおよび Board Pro


    Webex ボードには、ユーザ インターフェイスでベスト オーバービューを利用できますが、スピーカー トラッキングはデバイスを使用して API。 詳細についてはAPI ガイドを参照してください。

スピーカー トラッキングでは、自動カメラ フレーミングを使用して、ルーム内の場所に基づいて最適なカメラ ビューを選択します。 カメラは、アクティブスピーカーの近くで音声トラッキング技術を使用して見つけ、キャプチャします。

次のデバイスは、スピーカー トラッキング機能の完全な機能をサポートしていないが、ベスト オーバービューを サポートしています

  • Room Kit Mini

  • Webex ハブ、デスク ミニ、およびデスク プロ

  • Webex Room USB

ベスト オーバービューは、デジタル顔検出と自動カメラフレーミングを提供し、ルームのすべての人のベスト オーバービューを提供します。 人が動き回っている場合や、他の参加者がルームに入る場合、システムは適応して自動的に調整して、フレームに全員が含まれるまで調整されます。

1

右上隅の [ カメラ] を選択します。

2

スピーカートラッキングをオンまたはオフに切り替えます。

3

メニュー以外の場所をタップして終了します。

1

ホーム画面の右上隅にある自画面アイコンをタップします。 RoomOS 11 のエクスペリエンスが有効になっている場合は、ホーム画面を右にスワイプします。

2

自画面をタップし、[カメラ表示の調整] を選択し、[ベスト オーバービュー( Best Overview) のオン /オフを切り替えます。 RoomOS 11 のエクスペリエンスが有効になっている場合は、[ カメラ] をタップし、[カメラ表示の調整] をタップし、[ベスト オーバービュー(Best Overview] のオン/オフを切り替えます。

3

自画面以外の場所をタップして終了します。

1

通話中に自画面を タップします

2

カメラ ビュー の調整を選択し、[ ベスト オーバービュー( Best Overview) のオン /オフを切り替えます。

3

存在する場所をタップします。

1

通話中に画面をタップすると、セルフビューが開きます。

2

自画面をタップし、[カメラ表示の調整] を選択し、[ベスト オーバービュー( Best Overview) のオン /オフを切り替えます。

3

自画面以外の場所をタップして終了します。

1

ホーム画面を右にスワイプします。

2

カメラをタップ 、[カメラ表示の調整] を選択し、[ベスト オーバー ビュー(Best overview) のオン /オフを切り替えます。 同じメニューで、[デバイス設定(Device settings), カメラ ビュー( Camera view) をタップして、[閉じる(Close-up) ] をオンまたはオフにします。 閉じ込めが有効になっている場合、オーディオ トラッキングを使用して、アクティブなスピーカーを検索および拡大し、他の参加者を除外します。 ルームの全員が常にカメラ フレーム内に表示される場合は、閉じ込め機能をオフにします。

3

自画面以外の場所をタップして終了します。