デバイスで営業時間を設定すると、通常の営業時間外に、表示のような常にオンの機能をオフに切り替えできます。 また、デバイスがルームで動きを検出したからと言って、デバイスが上に動かされるのを防ぐことが可能です。

以下のすべての設定は、Control Hub、デバイスのローカル ウェブ インターフェイス、パブリック API で使用できます。

機能のオン/オフを切り替える

デフォルトでは、この機能はオンに切り替え、画面がアクティブでなるのを防ぐ必要があります。 ほとんどの画面は、全日使用する場合、週に 7 日証明されているのではありません。 寿命を大幅に減らす可能性があります。

営業時間機能をオン、オフに切り替える場合は、以下の設定を行います。

  • オフィス>時間の設定>

    • True。 機能はオンであり、他の OfficeHours 設定を使用して、詳細な動作を定義できます。

    • False。 この機能は使用されています。

スタンバイ制御が全体でオフに切り替えた場合 (スタンバイ>コントロール: オフ) を選択した場合、デバイスはディスプレイオフモードに入らない場合があります。また、営業時間の設定に影響はありません。

営業時間を設定する

デフォルトでは、営業時間は月曜から金曜の午前 07:00 から午後 19:00 に設定されています。 別の日と時間を定義するには、次の設定を行います。

  • OfficeHou >rs >ワークワーク>月/火曜日/水曜日/木曜日/金曜日/土曜日/日曜日

    • True。 その日は、作業週に含まれます。

    • False。 その日は、作業週に含まれていません。

  • 開始>終了>ワーク> OfficeHours

    • 通常の営業時間の開始と終了の時間を設定します (hh:mm)。

オフィス時間外のスタンバイおよびウェイクアップ動作

デフォルトでは、デバイスはオフィス時間外に表示モード(スタンバイ)になる少し前に、アイドル モードになります。 これらの時間の間、デバイスは、ルームの動きを検出したからと言ってウェイクアップしないので、 しかし、誰かがそれを使用し始めた場合、デバイスはウェイクアップします。

以下の設定を使用して、デフォルトの動作を変更します。

  • 外部OfficeHours >時間>スタンバイ遅延>表示する>時間

    • デバイスがアイドル モード (営業時間外) で、ディスプレイオフ モードになる時間 (分) を設定します。

  • オフィス>応答時間>OfficeHours がスタンバイ>で>アップ

    • 無効。 オフィス時間外に動きが検出された場合、デバイスはオフモードを続きます。

    • 有効。 オフィス時間外に動きが検出されると、デバイスは通常通りウェイクアップします。