デバイス選択

Cisco Virtualization Experience Media Edition (VXME) には、デバイスセレクターと呼ばれるコンポーネントが含まれてい ます。 デバイス選択 は、カメラ、スピーカーデバイス、マイク、およびリングアラートの管理に使用できるメニューです。 現在アクティブなデバイスを表示したり、変更することができます。 スピーカーデバイスのリストがメニューの先頭に表示され、マイク、リングデバイス、カメラのリストが続きます。

デバイス選択 アイコン (デバイス選択アイコンのイメージ) が画面右下にある通知領域 (システムトレイ) に表示されます。 デバイス選択を含む一部のアイコンは、 非表示にすることができます。 通知領域の上矢印をクリックして、非表示アイコンを表示します。

新しいデバイスを接続すると、[ "新しいデバイスが見つかりました]" メッセージが通知エリアに表示され、新しいデバイスがアクティブになります。

デバイスを接続解除すると、[ "デバイスの切断] メッセージ" が通知エリアに表示されます。 基本設定の一覧中の次のデバイス ( > > > [音声の詳細]) がアクティブになります。

デバイス選択を使用する

デバイス選択 メニューを使用して、アクティブなデバイス選択を表示するか、別のアクティブなカメラ、スピーカーデバイス、マイク、またはリングアラートを選択します。 複数のデバイスが接続されている必要があります。


デバイス選択 は Jabber (高度な音声オプション) のデバイス優先順位設定を上書きしません。 Jabber にサインインするか、ホストされた仮想デスクトップに再接続するたびに、デバイスの選択はこれらの設定に従います。

1

Windows の通知領域で、[ デバイスの選択 ] アイコンをクリックします。

チェックマークは、選択されているデバイスを示します。

2

デバイス (カメラまたは音声) をクリックしてアクティブにします。

3

デバイス選択アイコン以外の任意の場所をクリックして メニューを閉じます。

Jabra Bluetooth デバイスの設定を調整する

ほとんどの Jabra Bluetooth デバイスは、音声パス (約 1 ~ 3 秒) を起動するのに短い遅延をもたらします。 サポートされている Jabra Bluetooth デバイスの場合、Jabra Direct でデバイス設定を変更することで遅延を解消することができます。 詳細については、Jabra ウェブサイトを参照してください。

始める前に

Jabra Direct がインストールされている必要があります。

1

Jabra Direct を開きます。

2

設定を変更する Jabra デバイスをクリックします。

3

[設定] をクリックします。

4

[ソフトフォン (PC)] をクリックして展開し ます。

5

希望の ソフトフォン リストから、 cisco jabberを選択します。

6

開いている電話回線 をオンに設定します。

7

PC 音声 をオフに設定します。

8

[適用] をクリックします。

ヘッドセットと着信音

一部のワイヤレスヘッドセットでは、デバイスを接続するワイヤレスリンクが開かれていないため、着信の応答音が聞こえない場合があります。 ワイヤレスリンクを開くには、ヘッドセットの [通話の応答] ボタンを押します。


ヘッドセットによって内部トーンが再生できます。

カメラの切り替え

Cisco VXME は、通話の開始時にビデオ品質を確立します。 サポートされている HD カメラを使用して通話を開始してから、標準解像度のカメラに切り替えると、ビデオ品質に影響があります。 通話間でカメラを切り替えることをお勧めします。