RoomOS を実行する Cisco Webex ボード、ルームまたはデスク デバイスを設定して, HTTPS および WebSocket トラフィックのプロキシ サーバを使用できます。

プロキシ サーバの詳細は、手動または自動検出を使用して追加できます。自動検出では、URL を使用して、関連するプロキシ サーバの詳細を含む設定 ファイルを位置特定します。

RoomOS でサポートされている認証のタイプは次のとおりです。

  • なし

  • 基本

  • ダイジェスト(Digest)


プロキシサーバは HTTP(S)シグナリングトラフィックのみをサポートしています。メディアトラフィック(UDP/TCP/TLS)には, 依然としてインターネットへの直接アクセスが必要です。 詳細については「Cisco Webex サービスのネットワーク要件」を参照してください。

手動設定

1 

お使いのデバイスが新しいかリセットされている場合:

  • 部屋または机の装置:初回セットアップウィザードで Cisco Webex コールサービスを選択します。登録画面で、プロキシオプションを選択します。

  • ボード:登録画面でプロキシオプションを直接選択します。

デバイスがすでにアクティブ化されている場合は、次の条件を実行します。

  • ホーム画面にあるデバイス名をタップし [設定] をタップします。[ネットワークとサービス] までスクロールし、 [ネットワーク接続] をタップします。次の画面で、 [ネットワークの詳細設定] を選択し、 [プロキシ] までスクロールします。

2

プロキシオプションで手動を選択します。次にプロキシホストの IP アドレス/FQDN とプロキシポート番号を入力します。

3 

ダイジェスト認証を使用する場合は, 次の操作を実行します。

  1. プロキシサーバに認証が必要を [オン] に切り替えます。

  2. ユーザ名パスフレーズを入力します。

4

完了したら、画面右上のチェックマークをタップします。

自動検出

自動検出を使用(WPAD)設定は、デフォルトでオンになっています。デバイスが DNS または DHCP からプロキシ サーバのアドレスを取得する場合は、この設定が使用されます。必要に応じて 設定ファイルの URL を手動で入力することができます。

1 

お使いのデバイスが新しいかリセットされている場合:

  • 部屋または机の装置:初回セットアップウィザードで Cisco Webex コールサービスを選択します。登録画面で、プロキシオプションを選択します。

  • ボード:登録画面でプロキシオプションを直接選択します。

デバイスがすでにアクティブ化されている場合は、次の条件を実行します。

  • ホーム画面にあるデバイス名をタップし [設定] をタップします。[ネットワークとサービス] までスクロールし、 [ネットワーク接続] をタップします。次の画面で、 [ネットワークの詳細設定] を選択し、 [プロキシ] までスクロールします。

2

プロキシオプションで自動を選択します。

自動検出を使用(WPAD) は、デフォルトで [オン] になっています。トグルをオフに切り替えます。

3

PAC URL を入力します。この URL は、エンドポイントがプロキシ サーバのアドレスを取得できる場所です。

4

完了したら、画面右上のチェックマークをタップします。