日付

この記事に次の変更を加えました

2020 年 8 月 14 日

カナダのデータセンターの導入をサポートするために、さらに多くの IP アドレスが追加されました。

Webex Calling への信号発信 (SIP TLS) — 135.84.173.0/25、135.84.174.0/25、199.19.197.0/24、199.19.199.0/24

2020 年 8 月 12 日

カナダのデータセンターの導入をサポートするために、さらに多くの IP アドレスが追加されました。

  • Webex Calling への信号発信 (SRTP)—135.84.173.0/25、135.84.174.0/25、199.19.197.0/24、199.19.199.0/24

  • パブリック アドレスのエンドポイントへの信号発信 (SIP TLS) — 135.84.173.0/25、135.84.174.0/25、199.19.197.0/24、199.19.199.0/24

  • デバイスの構成とファームウェアの管理 (Cisco デバイス) —135.84.173.155、135.84.174.155

  • デバイス時刻の同期—135.84.173.152、135.84.174.152

  • アプリケーションの構成—135.84.173.154、135.84.174.154

2020 年 7 月 22 日

カナダのデータセンターの導入をサポートするために、次の IP アドレスを追加しました。 135.84.173.146

2020 年 6 月 9 日

CScan エントリに次の変更を行いました:
  • IP アドレスの 1 つを修正しました—199.59.67.156 を199.59.64.156 に変更しました。

  • 新しい機能には、UDP だけでなく新しいポートも必要です。 19560~19760

2020年3月11日

次のドメインと IP アドレスをアプリケーション構成に追加しました:

  • bcld. webex. .com —135.84.169.150

  • client-jp.bcld.webex.com

  • idbroker.webex.com—64.68.99.6, 64.68.100.6

追加の IP アドレスを持つ以下のドメインをデバイスの設定とファームウェア管理に更新しました:

  • cisco.broadcloud.eu—85.119.56.198, 85.119.57.198

  • webapps. cisco .com —72.163.10.134

  • activation.webex.com—35.172.26.181, 52.86.172.220

  • cloudupgrader —3.130.87.169、3.20.185.219

2020 年 2 月 27 日

次のドメインとポートをデバイス構成とファームウェア管理に追加しました:

cloudupgrader.webex.com—443, 6970

適切に構成されたファイアウォールは、コーリングの展開を正常に行うために不可欠です。 すべてのファイアウォール構成には、開いているポートが必要なわけではありませんが、内部から外部へのルールを実行している場合は、サービスのために必要なプロトコルを許可するためにポートを開く必要があります。

NAT を展開する限り、適切なバインド期間を定義し、NAT デバイスで SIP を操作しないようにするには、ファイアウォールでインバウンドのポートを開く必要はないはずです。


ルーターまたはファイアウォールが SIP に対応している場合、SIP アプリケーションレイヤーゲートウェイ (ALG) または同様に有効になっている場合、この機能をオフにして、サービスの正常な動作を維持することをお勧めします。 特定のデバイスで SIP ALG を無効にする方法については、関連する製造元のドキュメントを参照してください。

表 1. Webex Calling (製品版)

接続目的

ソース アドレス

ソース ポート

プロトコル

接続先アドレス

宛先ポート

Webex Calling へのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ外部 (NIC) 8000-65535

TCP

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

128.177.14.0/25

128.177.36.0/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

8934

デバイス

5060-5080

アプリケーション

一時的 (OS 依存)

Webex Calling へのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-48000

UDP

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

128.177.14.0/25

128.177.36.0/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

19560-65535

デバイス

19560-19660

アプリケーション

一時的

PSTN ゲートウェイへのコール信号 (SIP TLS) ローカル ゲートウェイ内部 NIC 8000-65535 TCP ITSP、PSTN GW または Unified CM PSTN オプションによって異なる (たとえば、Unified CM の 5060 または 5061)
PSTN ゲートウェイへのコール メディア (SRTP) ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-48000

UDP ITSP、PSTN GW または Unified CM PSTN オプションによって異なる (たとえば、Unified CM の 5060 または 5061)

公開アドレスのエンドポイントへのコール信号 (SIP TLS)

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

128.177.14.0/25

128.177.36.0/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

一時的

TCP

エンドポイント IP

8934

デバイスの構成とファームウェアの管理 (Cisco デバイス)

Webex Calling デバイス

一時的

TCP

3.20.185.219

3.130.87.169

35.172.26.181

52.86.172.220

72.163.10.134

85.119.56.128/26

85.119.56.198

85.119.57.128/26

85.119.57.198

135.84.169.186

135.84.170.186

135.84.173.155

135.84.174.155

173.37.149.125

199.59.64.143

199.59.65.228

199.59.66.228

199.59.67.143

*ドメイン:

  • cisco-jp.bcld.webex.com

  • cisco.broadcloud.com.au

  • cisco.broadcloud.eu

  • cisco.broadcloud.eu

  • webapps.cisco.com

  • activate.cisco.com

  • activation.webex.com

  • cisco.sipflash.com

80, 443

**cloudupgrader.webex.com

**443, 6970

デバイス時間同期 (NTP)

Webex Calling デバイス

51494

UDP

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

135.84.169.154

135.84.170.154

135.84.173.152

135.84.174.152

199.59.64.152

199.59.65.181

199.59.66.181

199.59.67.152

123

デバイス名解決

Webex Calling デバイス

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

アプリケーションの構成

Webex Calling アプリケーション

一時的

TCP

64.68.99.6

64.68.100.6

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

128.177.36.138

128.177.14.181

135.84.169.150

135.84.169.185

135.84.170.185

135.84.173.154

135.84.174.154

199.59.64.140

199.59.67.140

*ドメイン:

  • client-jp.bcld.webex.com

  • jp.bcld.webex.com

  • idbroker.webex.com

80、443、1081、2208、8443、5222、5280-5281、52644-52645

アプリケーション時間同期

Webex Calling アプリケーション

123

UDP

主催者が定義

123

アプリケーション名解決

Webex Calling アプリケーション

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

CScan

Webex Calling デバイス

一時的

UDP および TCP

135.84.169.183

135.84.173.146

185.115.196.0/25

199.59.65.243

199.59.64.156

8934 および 80、443、19569~19760

† CUBE メディアポート範囲は rtp ポート範囲で構成可能です

*電話が初めてネットワークに接続したとき、またはファクトリリセット後に、DHCP オプションが設定されていない場合は、ゼロ タッチ プロビジョニングのデバイス アクティベーション サーバーと通信します。 新しい電話はプロビジョニングの webapps.cisco.com の代わりに activate.cisco.com を使用します。 11.2 (1) より前にファームウェアがリリースされた電話は、引き続き webapps.cisco.com を使用します。 ファイアウォールを通して両方のドメインを許可することをお勧めします。

**エンタープライズ電話 (Cisco Unified CM) から Webex Calling に移行する場合にのみ、cloudupgrader.webex.com および 443 と 6970 ポートを有効にする必要があります。 詳しくは、upgrade.cisco.com を参照してください。

表 2. Webex Calling (ベータ版)

接続目的

ソース アドレス

ソース ポート

プロトコル

接続先アドレス

宛先ポート

Webex Calling へのコール信号 (SIP/SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-65535

TCP

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

8934

デバイス

5060-5080

アプリケーション

一時的な範囲 (OS 依存)

Webex Calling へのコール メディア (RTP/SRTP)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-48000

UDP

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

19560-65535

デバイス

19560-19660

アプリケーション

一時的

PSTN ゲートウェイへのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-65535

TCP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なります。例: Unified CM、通常 5060 または5061

PSTN ゲートウェイへのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-48000

UDP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なる

公開アドレスのエンドポイントへのコール信号 (SIP/SIP TLS)

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

一時的

TCP

エンドポイント IP

8934

デバイスの構成とファームウェアの管理 (Cisco デバイス)

Webex Calling デバイス

一時的

TCP

173.37.149.125

199.59.66.227

199.59.65.227

*ドメイン:

  • betacisco.sipflash.com

  • webapps.cisco.com

  • activate.cisco.com

  • activation.webex.com

80, 443

**cloudupgrader.webex.com

**443, 6970

デバイス時間同期 (NTP)

Webex Calling デバイス

51494

UDP

199.59.65.181

199.59.66.181

123

デバイス名解決

Webex Calling デバイス

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

アプリケーションの構成

Webex Calling アプリケーション

一時的

TCP

128.177.36.137

128.177.14.182

80, 443

アプリケーション時間同期

Webex Calling アプリケーション

123

UDP

主催者が定義

123

アプリケーション名解決

Webex Calling アプリケーション

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

† CUBE メディアポート範囲は rtp ポート範囲で構成可能です

*電話が初めてネットワークに接続したとき、またはファクトリリセット後に、DHCP オプションが設定されていない場合は、ゼロ タッチ プロビジョニングのデバイス アクティベーション サーバーと通信します。 新しい電話はプロビジョニングのために webapps.cisco.com for provisioning の代わりに activate.cisco.com 11.2 (1) より前にファームウェアがリリースされた電話は、引き続き webapps.cisco.com を使用します。 ファイアウォールを通して両方のドメインを許可することをお勧めします。

**エンタープライズ電話 (Cisco Unified CM) から Webex Calling に移行する場合にのみ、cloudupgrader.webex.com および 443 と 6970 ポートを有効にする必要があります。 詳しくは、upgrade.cisco.com を参照してください。

表 3. Webex Calling (製品版)

接続目的

ソース アドレス

ソース ポート

プロトコル

接続先アドレス

宛先ポート

Webex Calling へのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-65535

TCP

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

128.177.14.0/25

128.177.36.0/26

8934

デバイス

5060-5080

アプリケーション

一時的 (OS 依存)

Webex Calling へのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-48000

UDP

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

128.177.14.0/25

128.177.36.0/26

19560-65535

デバイス

19560-19660

アプリケーション

一時的

PSTN ゲートウェイへのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-65535

TCP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なります。例: Unified CM、通常 5060 または5061

PSTN ゲートウェイへのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-48000

UDP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なる

公開アドレスのエンドポイントへのコール信号 (SIP TLS)

85.119.56.128/26

85.119.57.128/26

135.84.169.0/25

135.84.170.0/25

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

135.84.173.0/25

135.84.174.0/25

185.115.196.0/25

185.115.197.0/25

199.19.197.0/24

199.19.199.0/24

199.59.64.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.67.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

一時的

TCP

エンドポイント IP

8934

デバイスの構成とファームウェアの管理 (Cisco デバイス)

Webex Calling デバイス

一時的

TCP

3.130.87.169,

3.20.185.219

35.172.26.181,

52.86.172.220

72.163.10.134

85.119.56.198

85.119.57.198

135.84.169.186

135.84.170.186

135.84.173.155

135.84.174.155

173.37.149.125

199.59.64.143

199.59.65.228

199.59.66.228

199.59.67.143

*ドメイン:

  • cisco-jp.bcld.webex.com

  • cisco.broadcloud.eu

  • cisco. broadcloud.com.au

  • cisco.sipflash.com

  • webapps.cisco.com

  • activate.cisco.com
  • activation.webex.com

80, 443

**cloudupgrader.webex.com

**443, 6970

デバイス時間同期 (NTP)

Webex Calling デバイス

51494

UDP

85.119.56.218

85.119.57.218

135.84.169.154

135.84.170.154

135.84.173.152

135.84.174.152

199.59.64.152

199.59.65.181

199.59.66.181

199.59.67.152

123

デバイス名解決

Webex Calling デバイス

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

アプリケーションの構成

Webex Calling アプリケーション

一時的

TCP

64.68.99.6

64.68.100.6

85.119.56.197

85.119.57.197

128.177.36.138

128.177.14.181

135.84.169.150

135.84.169.185

135.84.170.185

135.84.173.154

135.84.174.154

199.59.64.140

199.59.67.140

*ドメイン:

  • client-jp.bcld.webex.com

  • jp.bcld.webex.com

  • idbroker.webex.com

80, 443

アプリケーション時間同期

Webex Calling アプリケーション

123

UDP

主催者が定義

123

アプリケーション名解決

Webex Calling アプリケーション

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

CScan

デバイス

一時的

UDP および TCP

135.84.169.183

135.84.173.146

185.115.196.129

199.59.65.243

199.59.64.156

8934 および 80、443、19560~19760

† CUBE メディアポート範囲は rtp ポート範囲で構成可能です

*電話が初めてネットワークに接続したとき、またはファクトリリセット後に、DHCP オプションが設定されていない場合は、ゼロ タッチ プロビジョニングのデバイス アクティベーション サーバーと通信します。 新しい電話はプロビジョニングのために webapps.cisco.com for provisioning の代わりに activate.cisco.com 11.2 (1) より前にファームウェアがリリースされた電話は、引き続き webapps.cisco.com を使用します。 ファイアウォールを通して両方のドメインを許可することをお勧めします。

**エンタープライズ電話 (Cisco Unified CM) から Webex Calling に移行する場合にのみ、cloudupgrader.webex.com および 443 と 6970 ポートを有効にする必要があります。 詳しくは、upgrade.cisco.com を参照してください。

表 4. Webex Calling (ベータ版)

接続目的

ソース アドレス

ソース ポート

プロトコル

接続先アドレス

宛先ポート

Webex Calling へのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-65535

TCP

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

8934

デバイス

5060-5080

アプリケーション

一時的な範囲 (OS 依存)

Webex Calling へのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ外部 NIC

8000-48000

UDP

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

19560-65535

デバイス

19560-19660

アプリケーション

一時的

PSTN ゲートウェイへのコール信号 (SIP TLS)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-65535

TCP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なります。例: Unified CM、通常 5060 または5061

PSTN ゲートウェイへのコール メディア (SRTP)

ローカル ゲートウェイ内部 NIC

8000-48000

UDP

ITSP、PSTN GW、またはUnified CM

PSTN オプションによって異なる

公開アドレスのエンドポイントへのコール信号 (SIP TLS)

135.84.171.0/25

135.84.172.0/25

199.59.65.0/25

199.59.66.0/25

199.59.70.0/25

199.59.71.0/25

一時的

TCP

エンドポイント IP

8934

デバイスの構成とファームウェアの管理 (Cisco デバイス)

Webex Calling デバイス

一時的

TCP

173.37.149.125

199.59.66.227

199.59.65.227

*ドメイン:

  • betacisco.sipflash.com
  • webapps.cisco.com

  • activate.cisco.com

  • activation.webex.com

80, 443

**cloudupgrader.webex.com

**80, 443, 6970

デバイス時間同期 (NTP)

Webex Calling デバイス

51494

UDP

199.59.65.181

199.59.66.181

123

デバイス名解決

Webex Calling デバイス

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

アプリケーションの構成

Webex Calling アプリケーション

一時的

TCP

128.177.36.137

128.177.14.182

80, 443

アプリケーション時間同期

Webex Calling アプリケーション

123

UDP

主催者が定義

123

アプリケーション名解決

Webex Calling アプリケーション

一時的

UDP および TCP

主催者が定義

53

† CUBE メディアポート範囲は rtp ポート範囲で構成可能です

*電話が初めてネットワークに接続したとき、またはファクトリリセット後に、DHCP オプションが設定されていない場合は、ゼロ タッチ プロビジョニングのデバイス アクティベーション サーバーと通信します。 新しい電話はプロビジョニングのために webapps.cisco.com for provisioning の代わりに activate.cisco.com 11.2 (1) より前にファームウェアがリリースされた電話は、引き続き webapps.cisco.com を使用します。 ファイアウォールを通して両方のドメインを許可することをお勧めします。

**エンタープライズ電話 (Cisco Unified CM) から Webex Calling に移行する場合にのみ、cloudupgrader.webex.com および 443 と 6970 ポートを有効にする必要があります。 詳しくは、upgrade.cisco.com を参照してください。