Windows ユーザ

Windows 版の Webex は、Windows 7、8、または 10 で、Microsoft Outlook 2016 以降、Microsoft Office 365(バージョン 16.0.9001 以降)とともに使用する必要があります。

Active Directory では、各ユーザーに対して proxyAddresses フィールドを自動記入する必要があり、SIP アドレスの形式は SIP:username@example.com になります。 Active Directory の各ユーザーの SIP アドレスが Webex ユーザー名と一致することを確認してください。

  • 組織のユーザーの場合、管理者権限を使用して、ファイル spark-windows-office-integration.dll を COM 登録しなければなりません。 .dll ファイルで regsvr32.exe を実行するか、別の方法を使用することができます。


    Spark-windows-office-integration.dll ファイルは、Webex のインストールの一部であり、インストールされた Webex Teams があるフォルダの dependencies サブフォルダに保存されます。 詳細については、「インストールおよび自動アップグレード」を参照してください。

    regsvr32.ex を使用して .dll ファイルを登録する方法の例:

    Dll のディレクトリに移動します。例:
    
            c:\Users\anita\AppData\Local\Programs\Cisco Spark\dependencies 
          
    次の情報を入力します:
    
            regsvr32.exe /s spark-windows-office-integration.dll 
          

    regsvr32.ex を使用して .dll ファイルの登録解除をする方法の例:

    Dll のディレクトリに移動します。例:
    
            c:\Users\anita\AppData\Local\Programs\Cisco Spark\dependencies 
          
    次の情報を入力します:
    
            regsvr32.exe /s /u spark-windows-office-integration.dll 
          

    ユーザーは Webex と Outlook を再起動して、Outlook の Webex からステータスを確認する必要があります。

  • 無料アカウントのユーザーの場合、コンピューターの管理者であれば、Webex アプリで Microsoft Outllook に Cisco Webex ステータスを統合できます。 次に、Webex アプリと Outlook を再起動する必要があります。

Mac ユーザ

  • Webex が Outlook でステータスを統合するためにユーザーがもっている唯一のアプリケーションである場合、Webex はデフォルトで Outlook にステータスを統合します。

  • ユーザーが Outlook でステータスをインテグレーションする別のアプリをインストールしている場合、ユーザーは Outlook で Webex のステータスを統合します。 次に、Webex アプリと Outlook を再起動する必要があります。

他のアプリとの競合

  • ステータスについて、Outlook とインテグレーションするアプリは 1 つだけ維持する必要があります。 複数のアプリを Outlook とインテグレーションさせると、競合が発生する場合があります。 Webex のステータスを Outlook と統合させるときは、ユーザーは Outlook との接続に使用するその他のインスタント メッセージング アプリを終了して、登録解除する必要があります。

インテグレーションの削除のためのヒント

  • Windows のユーザーの場合、組織のユーザーに対して DLL の登録を解除するか、無料アカウントのユーザーが Webex アプリの統合を削除することを選択することができます。ユーザーは Webex アプリと Outlook の両方を再起動しなければなりません。

  • Mac のユーザーの場合、Webex アプリで、設定を変更できます。ユーザーは Webex アプリと Outlook の両方を再起動しなければなりません。