Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手と直接やりとりするときはいつでも、音声 またはビデオ の通話アイコンを探すだけです。相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、名刺を見たり、ダイヤルパッドに名前やメールアドレスを入力したりできます。


複数の電話回線がある場合は、通話用のアクティブ回線を変更できます。

音声またはビデオのいずれかからコールを発信するかどうかを選択し、[Webex でコール] を選択します。

コールが接続された後で、ビデオをオンまたはオフにすることができます(最初にコールを行った方法に関係なく)。 をクリックして画面を共有し をクリックして、ホワイトボードを共有します。


 

管理者が組織のコール セキュリティを有効にしている場合、コーリング ウィンドウの右上に が表示され、コールが安全であることを知らせることができます。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

1

スペースから、アクティビティ メニュー にアクセスし、[コール] をタップします。 相手の電話番号をタップし、[Webex でコール] を選択してから または をタップします。

2

コール中に、次のいずれかのオプションを使用します。

  • をタップして、画面を共有します。
  • をタップして、[新規ホワイトボード] を選択し、ホワイトボードを作成します。
  • をタップして、ビデオをオフにします。 アイコンが赤 になっている場合は、ビデオがオフになっていることがわかります。

 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 通話の音声を切り替えるには、[] をタップしてから、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信した相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも を探してください。

1

スペースから、アクティビティ メニュー にアクセスし、[コール] をタップします。 相手の電話番号をタップし、[Webex でコール] を選択してから または をタップします。

2

コール中に、次のいずれかのオプションを使用します。

  • をタップして、画面を共有します。
  • をタップして、[新規ホワイトボード] を選択し、ホワイトボードを作成します。
  • をタップして、ビデオをオフにします。 アイコンが赤 になっている場合は、ビデオがオフになっていることがわかります。

 

ビデオ通話を行う場合、デフォルトではスピーカーが使用されます。 音声通話を行う場合、デフォルトではイヤホンが使用されます。 コールの音声に切り替えるには、 をタップして、[音声設定] を選択します。

Webex のさまざまな場所から発信できます。 相手に直接メッセージを送信したり、相手を検索したり、連絡先カードを見たり、ダイヤルパッドに直接名前やメール アドレスを入力するときなど、互いに直接やりとりするときには、いつでも [コール] を探してください。


コールするときは、Chrome、Safari または Firefox を使用する必要があります。 また、Windows、Mac、または Linux でウェブブラウザを使用しているかどうかにかかわらず、web ブラウザがカメラとマイクを使用するように設定されていることを確認してください。

[コール] をクリックします、コール中に、 をクリックして画面を共有します。