組織の特定の言語にデフォルトを変更しない場合、ハイブリッド カレンダー サービスは、カレンダー連携タイプに応じて、使用する言語を決定します。

カレンダー連携の種類

特定の言語が選択されていない場合のデフォルト

Office 365 (クラウドベースのサービスを通じて Microsoft Graph API を使用)

ユーザーのメールボックス設定からの "language":{"locale"} 設定

Google G Suite カレンダー

ユーザーのカレンダー設定からの locale 設定

Microsoft Exchange または Office 365 (Expressway ベースのカレンダー コネクタを通して EWS を使用)

ミーティング招待から item.Culture プロパティ

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから [サービス] に移動します。

2

カレンダー環境用のハイブリッド カレンダー カードから、[設定の編集] をクリックします。


 

ハイブリッド カレンダー サービス複数のカレンダー環境に対して設定されている場合、Control Hub の複数の場所から デフォルト言語 設定にアクセスすることができます。 1 つのロケーションでこれを設定すると、他のロケーションでの設定が上書きされ、ハイブリッド カレンダー サービス プロセスのすべてのミーティングの参加の詳細の言語を変更します。

3

[デフォルト言語] ドロップダウンメニューから [言語] を選択し、[保存] をクリックします。

変更を保存した後、ハイブリッド カレンダー サービスはミーティングの詳細に参加を追加するたびに、選択した言語を使用します。 既存の参加の詳細の言語は変更されません。