主催者アカウントに対し CMR を有効にする

コラボレーション会議室をオンにして、ビデオ システムからユーザーが参加できるようにすることができます。

Webex Meetings ユーザーと Webex Events パネリストのみが、ビデオ システムから参加できます。


FedRAMP プラットフォームが現在 Video Platform 1 を実行しているため、ビデオ システムは FedRAMP プラットフォームで Webex Events に参加することができません。

1

サイト管理にログインし、[ユーザー管理 > ユーザー編集] の順に移動し、ユーザーを選択します。

2

[権限] セクションの下で、[コラボレーション会議室] をチェックします。

3

[更新] を選択します。

Collaboration Meeting Rooms (CMR) オプションの指定


Webex Meetings が暗号化されます。 暗号化された会議室および卓上デバイスで Webex Meetings に接続する出席者は、安全なままなので、出席者が暗号化されていない会議室および卓上デバイスに接続しても影響を受けません。

1

Webex サイト管理にサイン インし、[構成] > [共通のサイト設定] > [オプション] の順に選択します。

2

[クラウド コラボレーション会議室のオプション] で、[パイロット番号を使用する] にチェックを入れ、ミーティング招待状に表示されるなダイヤル番号を指定します (例: <meeting_number>@webex.com)。

このセクションをオンにしないで離れた場合、メール招待に表示されるシステムが生成したサイト指定のパイロット URL をダイヤルすることで、ユーザーがミーティングに参加し、パネリストがイベントに参加することになります。

3

テキスト ボックスを修正することで、パイロット番号を設定します。

新規または更新されたパイロット番号は、選択した番号と完全に一致しなければなりません。

4

[更新] を選択します。

ビデオコールバックを有効にする

ビデオ コールバックを有効にすると、Webex Meetings ユーザーと Webex Events パネリストがビデオ システムから参加することが容易になります。

  • Webex Meetings モバイルアプリケーションのユーザーは、iOS および Android などのスマートフォンまたはタブレットのボタンをタップすることでミーティングに参加できます。

  • デスクトップ ミーティング ユーザーとイベント パネリストは、音声コールバックと同様、ビデオ システムでビデオ コールをを受けることができます。

始める前に

Webex サイトを Webex 音声またはクラウド接続音声のいずれかで設定します。

1

左側ナビゲーションバーで、[構成 > 共通のサイト設定 > オプション] の順に選択します。

2

[Cloud Collaboration Meeting Rooms オプション] セクションで [ビデオ コールバックを有効にする] チェックボックスにチェックを入れます。

3

ユーザーがミーティングまたはイベントに参加するのに、1 を押す必要があるかどうかを選択してください。

  • を押さない "1"
  • を押す "1"

 
Webex Meetings アプリケーション バージョン 39.8 以降のユーザーは後で、[基本設定] > [ビデオ システム] > [マイ ビデオ システムをコール] の下で、1 を押すか、押さずにビデオ システムに接続できます。
4

[更新] を選択します。

最大ビデオ帯域幅の設定

ミーティング中のビデオの最大フレーム レートを変更することができます。デフォルトは 15 fps です。 このオプションは Webex Meetings および Webex Events サイトのみに対して使用できます。

1

左側ナビゲーションバーで、[設定 > 共通のサイト設定 > オプション] の順に選択します。

2

[サイト オプション] セクションの [ビデオ帯域幅の最大値:] リストから次の設定のいずれかを指定します:

  • 低 (5 fps、中解像度)

  • 中 (15 fps、高解像度)

  • 高 (30 fps、高解像度)

3

[更新] を選択します。

主催者アカウントに対し CMR を有効にする

コラボレーション会議室をオンにして、ビデオ システムからユーザーが参加できるようにすることができます。

Webex Meetings ユーザーと Webex Events パネリストのみが、ビデオ システムから参加できます。


FedRAMP プラットフォームが現在 Video Platform 1 を実行しているため、ビデオ システムは FedRAMP プラットフォームで Webex Events に参加することができません。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[ユーザー] に移動し、コラボレーション会議室を有効にするユーザーを選択します。

2

[サービス] セクションで、[ミーティング] を選択します。

3

設定を変更する Webex サイトをを選択して、[ユーザー権限] をクリックします。

4

[ビデオ システムからミーティングに参加する] チェックボックスをオンにします。

5

[保存] を選択します。

Collaboration Meeting Rooms (CMR) オプションの指定


非暗号化のテレプレゼンス デバイスからの出席者がミーティングに参加している場合、Webex ミーティングは暗号化されません。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] を選択します。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。

4

[クラウド コラボレーション会議室のオプション] で、[パイロット番号を使用する] にチェックを入れ、ミーティング招待状に表示されるなダイヤル番号を指定します (例: <meeting_number>@webex.com)。

このセクションをオンにしないで離れた場合、メール招待に表示されるシステムが生成したサイト指定のパイロット URL をダイヤルすることで、ユーザーがミーティングに参加し、パネリストがイベントに参加することになります。

5

テキスト ボックスを修正することで、パイロット番号を設定します。

新規または更新されたパイロット番号は、選択した番号と完全に一致しなければなりません。

6

[更新] を選択します。

ビデオコールバックを有効にする

ビデオ コールバックを有効にすると、Webex Meetings ユーザーと Webex Events パネリストがビデオ システムから参加することが容易になります。

  • Webex Meetings モバイルアプリケーションのユーザーは、iOS および Android などのスマートフォンまたはタブレットのボタンをタップすることでミーティングに参加できます。

  • デスクトップ ミーティング ユーザーとイベント パネリストは、音声コールバックと同様、ビデオ システムでビデオ コールをを受けることができます。

始める前に

Webex サイトを Webex 音声または Cloud Connected 音声のいずれかで、設定しなければなりません。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] を選択します。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。

4

[Cloud Collaboration Meeting Rooms オプション] セクションで [ビデオ コールバックを有効にする] チェックボックスにチェックを入れます。

5

ユーザーがミーティングまたはイベントに参加するのに、1 を押す必要があるかどうかを選択してください。

  • を押さない "1"
  • を押す "1"

 

Webex Meetings アプリケーション バージョン 39.8 以降のユーザーは後で、[基本設定] > [ビデオ システム] > [マイ ビデオ システムをコール] の下で、1 を押すか、押さずにビデオ システムに接続できます。

6

[更新] を選択します。

最大ビデオ帯域幅の設定

ミーティング中のビデオの最大フレーム レートを変更することができます。デフォルトは 15 fps です。 このオプションは Webex Meetings および Webex Events サイトのみに対して使用できます。

1

https://admin.webex.com のカスタマー ビューから [サービス] に移動し、[ミーティング] の下の [サイト] を選択します。

2

設定を変更する Webex サイトを選択し、[サイトの構成] を選択します。

3

[共通設定] の下で、[サイト オプション] をクリックします。

4

[サイト オプション] セクションの [ビデオ帯域幅の最大値の設定] ドロップダウン リストから、以下の設定のいずれかを指定します。

  • 低 (5 fps、中解像度)

  • 中 (15 fps、高解像度)

  • 高 (30 fps、高解像度)

5

[更新] を選択します。