適切なユーザーと共にスペースを作成

Webex は、メッセージ、ミーティング、およびコールを、他のユーザーと一緒に作成したスペースやチームから 1 か所にまとめます。 また、ベンダーや顧客など、組織外のユーザーを招待してコラボレーションできます。 ユーザーをまとめるのはとても簡単なため、スペースにいるユーザーをどのよう管理するか検討してください。

Webex アプリは高度な暗号化アルゴリズムを使用し、共有および送付するコンテンツを保護します。 スペースのファイルとメッセージを表示できるのは、そのスペースに招待された人か、または承認された人です。

スペースのモデレートする

機密情報を含むチームおよびスペースにモデレーターを追加することで、更なるセキュリティを追加できます。 モデレーターは、スペースにアクセスできるユーザー、他のユーザーを追加できるユーザー、共有された情報を参照するユーザー、またファイルやメッセージを削除できるユーザーを管理できます。


無料版の Webex ユーザーは、チームを作成して、一般スペースにモデレーターを追加することができます。しかし、モデレーターを通常スペースに追加することはできません。

組織外のユーザーがいるかどうかを確認する

メッセージを送信する前に、スペースに外部ユーザーがいるかどうかを確認してください。これにより、機密情報を誤って共有しないようにします。

スペースに会社外部の人を含む場合、ユーザーリストの境界、背景、メッセージ エリアのアイコン、電子メールアドレスなどのスペース内の領域がハイライトされます。

安全なミーティングへの参加および開催

Webex Meetings と Webex アカウントを持っているか、または Webex アカウントのみを持っているかに応じて、いくつかの方法により、ミーティングの安全性を高める(ミーティングをロックする、アクセスを制限する)ことができます。

ミーティングに参加している相手をを確認する

1 人のスペースであろうと、複数のユーザーのスペースであろうと、指定する日時でスペースの誰とでもスペース ミーティングをスケジュールできます。 ミーティングをスケジュールする前に、スペースにいるユーザーを確認してください。 ミーティングに参加しているユーザーを確認することもできます。

ミーティングをロックする


Webex Meetings 有効アカウントで使用可能

Webex からミーティングを開始した後にミーティングをロックすることができ ます。 ミーティングをロックしないと、ミーティングのリンクを知る人は全員が参加できます。 ロック解除されるか入室させるまで、会議室には誰も入ることができません。

招待されていないユーザーをミーティングから退出させる


Webex Meetings 有効アカウントで使用可能

ミーティングに招待されていないユーザーは、いつでもミーティングから退出させることができます。

サイト管理者が実行可能なこと

サイト管理者は、組織内で既存のセキュリティポリシーを使用する機能を設定することができます。

従業員のディレクトリを同期する

Webex と従業員のディレクトリを同期します。 誰かが会社を辞めると自動的に認識するので、以前の従業員が Webex を使用してデータにアクセスすることはできません。

シングル サインオン(SSO)を有効にする

シングル サインオン(SSO)は固有の識別子を使うことで、社内のユーザーがすべての企業アプリケーションにアクセスする権限を付与します。 管理者は、Cisco Webex アプリケーションのSSO を設定することができます。

パスワードセキュリティ基準を強制する

SSO の設定が完了したら、Webex がパスワードと認証を要求していることを確認することもできます。 Webex アプリは、Security Assertion Markup Language(SAML)2.0 および Open Authorization(OAuth)2.0 プロトコルを使用する サポートされた ID プロバイダを利用します。

Webex アプリでは、ユーザーのデバイス上のメッセージ、ファイル、会議室名を、クラウドに送信する前に暗号化します。 サーバーに到達するコンテンツはすでに暗号化されています。 それはデバイスで復号されるまで、処理及び保存されます。 ただし、ボットやインテグレーションなどのアプリ内オートメーション ツールにリンクされたメッセージやファイルに対して、または、Box からスペースに送信された Adobe Acrobat PDF や Microsoft Word 文書に対しては、強力な暗号化を提供することはできません。

当社では、ユーザーのデバイスと当社のサーバーの間で転送されるデータを暗号化するためにハイパーテキスト転送プロトコル セキュア (HTTPS) を使用しており、送信者と受信者の身元情報を保護します。

当社の強力な暗号化では、高度暗号化標準(AES)128、AES256、セキュアハッシュアルゴリズム(SHA)1、SHA256、RSA を使用します。

音声、ビデオおよびスクリーン共有については、共有の対象をセキュア リアルタイム トランスポート プロトコル (SRTP) で暗号化します。

その他のリソース

クラウド コラボレーション セキュリティ テクニカル ペーパー シリーズ - Cisco Webex アプリケーション セキュリティ

Cisco Webex セキュリティとプライバシー

Cisco Webex Tech Ops and Security - よくある質問 (FAQ)

Cisco Webex Meetings セキュリティ テクニカル ペーパー