Webex Meetings の主催者と出席者のアカウント

CSV ファイルを使用して Cisco Webex Meetings ユーザーに割り当てることができるアカウントは次の通りです。

  • 出席者—ミーティングに参加できるが、ミーティングを開催することはできません。 主催者は、出席者がプレゼンターになることを許可することはできますが、主催者機能は利用できません。 出席者アカウントは主催者ライセンスを必要としません。


    出席者としてユーザーを割り当てるには、Webex サイトで出席者アカウント機能が有効になっている必要があります。 CSV ファイルに [出席者アカウント] 列が表示されない場合は、 カスタマー サクセス マネージャー (CSM)、パートナー サクセス マネージャー (PSM)、または Cisco テクニカル アシスタンス センター (TAC) に連絡して、Webex サイトでこの機能を有効にしてください。

  • 主催者—ミーティングのホストとしてミーティングをスケジュールし、出席することができます。 ミーティング主催者は、プレゼンターの指名や他の参加者のミュートなど、ミーティング管理機能を制御します。 各主催者アカウントにはライセンスが必要です。

CSV ファイルを使用して、主催者または出席者のアカウントを指定する

サイトに必要なライセンス数を減らすには、ミーティングを主催する必要があるユーザーだけに主催者のアカウントを割り当てます。 新しいユーザーの出席アカウントのアカウントを割り当てるか、既存のユーザーのアカウントの役割を変更することができます。

ユーザーに主催者の役割を割り当てるには、webex.com – Webex Enterprise Edition 列に<site name>「True」と入力します。

ユーザーに出席者の役割を割り当てるには、webex.com – 出席者 列に<site name>「True」と入力します。

例:

ユーザーの役割の割り当てを取り除くには、 対応する列に「False」と入力します。


2 つの列のうちの 1 つ (主催者および出席者) に対して、値を TRUE に設定します。

CSV ファイルの使用法については、次の議題を参照してください。

CSV テンプレートで Cisco Webex Control Hub に複数のユーザーを追加する

CSV テンプレートを使って Cisco Webex Control Hub でユーザーを編集する