Webex ビデオ会議デバイスのビデオ ストリーム レイアウト



レイアウト オプションの 1 つを選択して、ミーティング中にビデオ ストリームが表示される方法を選択できます。 レイアウトは、デバイスとセットアップの画面数によって異なります。 レイアウトも、ミーティング中に誰かがコンテンツを共有する時に変わります。

この記事では、設定の画面数に従ってレイアウトがどのように表示されるか、および共有されるコンテンツがあるかどうかについて説明します。

Cisco デバイスから Webex ミーティングにコールインすると、タッチ コントローラーまたは統合タッチ スクリーンに [レイアウト] ボタンが表示されます。 タップするとメニューが開き、異なるレイアウトを選択できます。

以下は、各レイアウトがシングル スクリーンのセットアップでどのように表示されるのか確認できます。 共有コンテンツを含む他の参加者のみと共有することができます。 これは、Cisco Webex Boards、会議室および卓上シリーズデバイスに適用されます。

同じレイアウトは、シングル スクリーンで、Microsoft Teams 通話用の Cisco Webex ビデオ インテグレーション中でも使用できます。

シングル スクリーン レイアウト - 参加者のみ

グリッド

このレイアウトは最大 5x5 人の参加者のグリッドを表示します。 Webex 会議室キットの 4x4 グリッドの 例を次に示します。



参加者サムネイルの並び替え順は、発言者の履歴に基づいたものとなります。 最新のアクティブ スピーカーが表示されます。

スタック

このレイアウトでは、最大 6 人の参加者のサムネイルがアクティブなスピーカーの上に表示されます。 Webex 会議室キットのスタックの例を次に示します。

アクティブなスピーカーは動的に変わります。

ステージ

[ステージ] ではアクティブ スピーカーのフルスクリーン ビデオが、下部に最大 6 人の参加者がサムネイルで表示されます。 アクティブなスピーカーは動的に変わります。

Desk Pro のステージの例を次に示します。



フォーカス

[フォーカス] はアクティブ スピーカーのフルスクリーン ビデオを表示します。これは、2 人のミーティングで使用されます。 Webex 会議室キットの焦点の例を次に示します。

顕著

お使いのデバイスとあなたが参加しているミーティングのサイズによって、[プロミネント] も利用できます。 [プロミネント] は、画面左上部にアクティブ スピーカーが表示され、その他の参加者は下部と右側に表示されます。

Webex 会議室キットの主な機能の例を次に示します。

シングル スクリーン レイアウト: 共有コンテンツ

誰かがコンテンツの共有を開始する場合、デバイスは自動的に [スタック] に切り替えられます。これは共有コンテンツがあるミーティングのデフォルトのレイアウトです。 参加者とコンテンツを表示する別のレイアウトに切り替えることができます。


別のコンテンツ レイアウトを選択すると、デバイスは次回、誰かが共有を開始する時に、スタックの代わりに、自動的にレイアウトに切り替わります。

サムネイルにコンテンツを最小化した場合、またはコンテンツ共有が停止した場合、参加者は最後のレイアウトに戻されます。

グリッド

グリッドは画面の左側にコンテンツ、参加者を右側に表示します。 デバイスとミーティングのサイズに応じて、コンテンツ共有が開始される前に使用していたレイアウトに右側の参加者が表示されます。

Webex 会議室キットのグリッドの例を次に示します。



スタック

スタック レイアウトでは、コンテンツはメイン画面に最大 6 人の参加者が一番上のサムネイルで表示されます。 Webex 会議室キットのスタックの例を次に示します。



ステージ

ステージでは、画面のコンテンツが上部のサムネイルにアクティブ なスピーカーと一緒に表示されます。

Desk Pro のステージの例を次に示します。

フォーカス

フォーカスはコンテンツのみを表示し、画面には参加者は表示されません。 Desk Pro のフォーカスの例を次に示します。

以下では、デュアル画面設定で、Cisco Webex 会議室シリーズのデバイスで各レイアウトがどのように表示されるのか確認できます。

外部デュアル画面デバイスのレイアウトに関する情報については、[サードパーティ デバイス] タブを参照してください。

プロミネント

[プロミネント] レイアウトでは、アクティブ スピーカーが左画面に表示され、右側のグリッドには他の参加者が表示されます。 アクティブなスピーカーは動的に変わります。 [プロミネント] は、コンテンツを共有している人が誰もいないデュアル画面 Cisco デバイス ミーティングのデフォルト レイアウトです。


プロミネントは、オンプレミスで登録されているデュアル スクリーンの Cisco デバイスで利用できる唯一のレイアウトです。

デバイスがクラウド登録されている場合、最大 9 人の参加者が 3x3 グリッド ビューの右側に表示されます。

デバイスによっては、最大 25 人の参加者が 5x5 グリッドで右側に表示されます。



グリッド

Cisco デュアル スクリーン デバイスのグリッド レイアウトは、構成に応じて両方の画面で最大 3x3 の参加者のグリッドを表示します。



フォーカス

デュアル スクリーン Cisco デバイスの [フォーカス] レイアウトで、もっともアクティブな 2 人のスピーカーの全画面ビデオが表示されます (1 つのスクリーンに 1 人のアクティブ スピーカーが表示されます)。 アクティブなスピーカーは動的に変わります。

共有コンテンツを表示したデュアル スクリーン

誰かがミーティングでコンテンツを共有する場合、デュアルスクリーン Cisco デバイスがコンテンツを正しい画面に表示します。



参加者は、シングル スクリーン設定のように、選択したレイアウトの左画面に表示され続けます。

3 つの画面をサポートする Cisco Webex デバイスには、常に 1 つの画面がコンテンツ用に予約されています。 他の 2 つの画面で利用可能な参加者のレイアウトは、デュアル画面設定で説明されているものと同じです。 共有されたコンテンツは第 3 画面に表示されます。コンテンツが共有されていない場合、3 番目の画面は空白になります。

パノラマ


[パノラマ] レイアウトは、Cisco Webex Room Panorama および Room 70 Panorama デバイスでのみ利用できます。

[パノラマ] モードでは、大きなカメラ ビューを作成するために、2 つのカメラのテレプレゼンスを同時に使用することができます。 この [パノラマ] レイアウトは 2 つのメイン画面に表示され、これは 2 つの会議室パノラマ システム間のミーティングで使用できる唯一のレイアウトです。



他のミーティング シナリオではパノラマ レイアウトはサポートされず、デュアル スクリーン設定で利用できるレイアウトを選択できます。

Cisco TelePresence IX5000 シリーズは、4K Ultra High Definition (ULTRAD) カメラ クラスター、3 つの高精細 70 インチ LCD 画面、高い忠実度の音声とビデオ、および豊富なコラボレーション ツールで、ユーザーがテーブルの向こうにいるのとまったく同じようにミーティングが可能です。 このシリーズには、単一列の IX5000 システムと、デュアル列、18 シート IX5200 システムが含まれます。

ステージ

[ステージ] レイアウトはもっともアクティブなスピーカーの全画面ビデオを、アクティブ スピーカー ウィンドウの下部に重なっている参加者のサムネイルとともに表示します。

Webex ミーティングにコール インする一般的なサードパーティの SIP および H.323 ビデオ会議システムでは、Cisco Webex Boards、会議室および卓上シリーズ デバイスで共有されるビデオ ストリームのレイアウトと同じ利点があります。 DTMF 2 および 8 でレイアウトを切り替えできます。

各レイアウトをサードパーティのデバイス でどのように表示する方法については、[シングル スクリーン] タブを参照してください。

コンテンツを共有する場合、2 つの画面を使用するサードパーティ システムでは 2 つ目の画面にコンテンツを表示します。 参加者のビデオは、シングル スクリーン設定のようにメイン画面に表示されます。

2 画面

共有中のコンテンツがない場合は、参加者のビデオがメイン画面に表示され、2 番目の画面は空白になります。