Webex 音声に接続する

この記事は WBS40.6.x 以前に適用されます。 より新しい Webex バージョンを使用している場合は、こちらから音声の使い方の詳細をご覧いただけます。

Webex Meetings では音声接続の方法が複数提供されているため、より多くの選択肢から選ぶことができます。 詳細については、「Cisco Webex Meetings Suite での音声の使用に関するヒント」を参照してください。

1

ミーティング参加後、次のいずれかのオプションを選択します:

  • コール バック-電話番号を入力し、[コールバック] を選択します。

     

    デスクトップまたはウェブアプリを使用している場合、[電話の 1 を押さないで音声に接続] ボックスをチェックして、ミーティングに直接接続することができます。

  • コール イン-画面に表示された電話番号にダイヤルします。 プロンプトが表示されたら、電話のキーパッドからアクセス コードを入力します。画面に出席者 ID が表示されます。
  • コンピューターを使って通話-このオプションを選択して VoIP を使って音声に接続します。

    WBS33.7 以降では、デフォルトの音声デバイスを指定できます。 コンピューターのデフォルトのスピーカーとマイクを使用するには、各デバイスに対して [システム設定を使用] オプションを選択します。

    システム設定オプションを使用する

    使用している Webex Meetings バージョンを確認するには、[Cisco Webex Meetings バージョン番号の確認] を参照してください。

  • ビデオ コールバック-ビデオシステムのアドレスを入力し、[コールバック] をクリックすれば、ビデオ会議システム端末を使って接続できます。

    通話に応答してからシステムが接続を確立するまで、5~10 秒かかる場合があります。 5~10 秒間、システムは通話を保留にします。

Webex は次回のミーティングのために、選択した音声をこのサイト上に保存します。


 

主催者がミーティングに参加するまでこれらのオプションは無効で、音声も無効の場合があります。

2

いつでも自分をミュートまたはミュート解除するには、マイクアイコンを選択します。


 

最新のチャンネルリリースに適用されます

ミュートされている間、スペースバーを長押しすると一時的にミュート解除できます。 話し終わって、スペースバーを押すのを止めると、もう一度ミュートになります。 ミーティングの主催者が出席者にミュート解除を許可していない場合は、通知が届きます。

1

ミーティングコントロールパネルの上にマウスを置き、[その他のオプション] を選択します。

2

[音声接続] を選択し、[接続の切り替え] を選択します。 次に [音声とビデオ接続] ダイアログ ボックスで別の音声接続を選択します。

1

ミーティングコントロールパネルの上にマウスを置き、[その他のオプション] を選択します。

2

[音声接続] を選択し、[接続の切り替え] を選択します。

3

[別のコールバック番号を選択] を選択します。

4

電話番号を入力し、[コールバック] を選択します。

Webex Meetings に入力した電話番号は、このサイトの次回のイベント時のために保存しておくことができます。

1

ミーティング コントロールの上にマウスを置き、[その他のオプション] に進みます。

2

[音声接続] > [設定の変更] を選択します。

3

[テスト] をクリックして現行設定での音量を確認します。

音量とマイクのスライダーを使ってスピーカーとマイクの音量を細かく調整してください。