セッションタイプ

セッションタイプは社内のユーザーがすばやくミーティングのスケジューリングを行うために使用できるミーティングテンプレートのようなものです。

セッションタイプがスケジュール済みセッションで利用できる機能とオプションを定義します。 サイトで有効にすると、サービスに含まれる各プライマリ セッション タイプに最大 4 つまでカスタム セッションを作成することができます。 Webex サービスのプライマリ セッション タイプは、サイト管理 のホームページにあるセッション タイプに一覧表示されます。

カスタムセッションタイプの作成後、サイト管理者はそのタイプを特定のユーザーに割り当てることができます。 例えば、セッション中、特定のユーザーがリモート操作オプションを使用することを禁止することができます。

Webex の料金モデルによっては、各セッション タイプに紐付いている名前付きホストアカウントがある可能性があります。 これにより、ミーティングを主催できる組織内の人数が制御されます。

サイト管理で Cisco Webex サイトのカスタム セッション タイプを作成する

始める前に

カスタム セッション タイプのオプションを有効にしないと、ナビゲーション バーに セッション タイプ オプションを表示できません。 詳細については、またはナビゲーション バーに セッション タイプ が表示されない場合は、Webex 担当者に連絡してください。

一度新しいセッション タイプを作成すると、削除することはできません。 しかし、変更を加えたり無効にすることは可能です。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

[セッション コード] で、カスタム セッション タイプを作成したいプライマリ セッション タイプを選択します。

3

[セッション タイプを追加]<session type=""> リンクをクリックします。

4

カスタム セッション タイプの名前を入力します。

5

セッションタイプに加えたい機能を選択します。

6

[追加] をクリックします。


 

主催者が、あなたが作成したカスタム セッション タイプでセッションを開催できるようにするには、主催者ユーザー アカウントに対しそのセッション タイプを有効にします。

Cisco Unified Videoconferencing (CUVC) セッションタイプの作成

Cisco Unified Videoconferencing (CUVC) セッション タイプを使用すると、CUVC システム上で Webex サービスとビデオ会議セッションを連携させることができます。 この連携にはミーティング ID を使用します。

Webex サービスを CUVC システムと連携させる前に、次のことを確認してください:

  • Webex サイトで CUVC オプションが利用できること。

  • 設定ページで CUVC オプションを有効にしておく必要があります。

  • メモ: CUVC オプションが有効な場合、セッション中、CUVC デスクトップが Webex ビデオに切り替わります。

    Dynamic CUVC ミーティング ID またはカスタム CUVC ミーティング ID のどちらかを使用して CUVC 連携を構成することができます。

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

[セッション コード] で、カスタム セッション タイプを作成したいプライマリ セッション タイプを選択します。

3

[新しいカスタム セッション タイプを追加]<session type=""> リンクを選択します。

4

カスタム セッション タイプの名前を入力します。

5

[Cisco Unified Videoconferencing (CUVC)] オプションまで下にスクロールします。


 

[Cisco Unified Videoconferencing (CUVC)] オプションが表示されない場合、サイトにプロビジョニングされていない可能性があります。

6

[Cisco Unified Videoconferencing (CUVC)] を選択して CUVC URL を入力し、CUVC と選択した Webex サービスの連携を有効にします。 CUVC URL が未入力の場合、セッション タイプを追加しようとした際にエラーメッセージが表示されます。

7

(オプション) カスタム CUVC Meeting ID または Dynamic CUVC Meeting ID のどちらかを提供して CUVC の連携を設定します。

  • カスタム CUVC Meeting ID を提供する場合は、[ミーティング スケジューラで CUVC Meeting ID の入力を許可する] を選択します。

  • Dynamic CUVC Meeting ID を提供する場合は、[ミーティングス ケジューラで CUVC Meeting ID の入力を許可する] を選択しないでください。 ミーティングのスケジューリング時は Webex ミーティング番号が CUVC Meeting ID となります。 また、CUVC URL 用の %MeetingID% 変数に「サービス プレフィックス」を追加する必要があります。 例えば、 http://hostname.example.com/path/?ID=<Service_Prefix>%MeetingID% です。 [ミーティング スケジューラで CUVC Meeting ID の入力を許可する] チェックボックスはデフォルトでは選択されていません。

8

(オプション) [URL の一例] を選択して CUVC 連携についてのヘルプを確認してください。

9

[追加] を選択して CUVC セッション タイプを作成します。

主催者アカウントのセッションタイプを有効にする

1

サイト管理で [ユーザー管理] > [ユーザーの編集] の順に選択します。

2

[検索] 機能またはインデックス機能を使って一覧からユーザーを見つけます。

3

名前を選択します。

4

[セッション タイプ] セクションでチェックボックスにチェックを入れてセッションタイプを選択します。

5

[提出] を選択します。

すべての新しいユーザーの Webex セッション タイプを有効にする

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

[新規ユーザーのデフォルト] 欄で、すべての新規ユーザーにアクセス権を持たせるセッション タイプに対応するボックスを探し、オンにします。

3

[アップデート] をクリックします。

Webex カスタム セッション タイプの変更

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

[セッション コード] 欄でプライマリのセッション タイプを指定し、編集するカスタム セッション タイプのリンクをクリックします。

3

セッションタイプの機能設定を変更します。

4

[更新] を選択します。

Cisco Webex サイトのカスタム セッション タイプをオン/オフにする

1

Webex サイト管理にログインし、[構成] > [共通のサイト設定] > [セッション タイプ] の順に選択します。

2

[アクティブ] 欄で各セッション タイプのチェックボックスを選択または選択解除してオン・オフを切り替えます。

3

[更新] を選択します。

セッションタイプの機能

次の機能オプションは Webex Meetings PRO カスタム セッション タイプ用ですが、すべての Webex サービスでは一般的な機能です。

機能

機能

警告 - 点滅

参加者のパネルが折りたたまれていたり閉じられている状態で誰かがミーティングに参加したり、投票を開始したり、またはチャットを受信すると、オレンジ色の警告が表示されます。 警告の点滅は、参加者パネルが開くまで継続します。

警告 - サウンド

特定のミーティングイベントが発生するとサウンドが再生されます (例、誰かがミーティングに参加あるいは退出した、参加者が挙手をした、チャットメッセージを受信した)。

注釈ツール

参加者は共有コンテンツ上の情報に注釈、ハイライト、説明、を加えたり、レーザーポインタで照らすことができます。

アプリケーション共有

プレゼンタが 1 個以上のアプリケーションを表示してソフトウェアのデモンストレーションやドキュメントの編集を行うことを許可します。


 

Android および iOS 向け Webex Meetings モバイルアプリを使用している参加者に対してホワイトボードの共有を許可するには、[アプリケーション共有] または [デスクトップ共有] を有効にする必要があります。

アプリケーション共有 - リモート操作

参加者はプレゼンタが共有しているアプリケーションのリモート操作のリクエストを出すことができます。

ブレイクアウト セッション

主催者と共同主催者によるブレイクアウトセッションのユーザーの作成と割り当てを許可します。

カスタムスクリプト

Webex Meetings では利用できません

チャット

チャット機能が利用できる場合、チャットパネルのデフォルトの設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

字幕

字幕機能が利用できる場合、字幕パネルのデフォルト設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

ドキュメントとプレゼンテーションの共有

プレゼンタがミーティング中にドキュメントやプレゼンテーションを共有することを許可します。


 
  • [ドキュメントとプレゼンテーションの共有] が有効でない場合、サイトではファイル共有、ホワイトボード、クイックスタートタブが利用できません。

  • Webex Meetings デスクトップアプリを使用している参加者に対してホワイトボードの共有を許可するには、[ドキュメントとプレゼンテーションの共有] を有効にする必要があります。

デスクトップ共有

プレゼンタがコンピュータ全体 (アプリケーション、ウィンドウ、ファイル ディレクトリ、マウスの移動などを含む) を共有することを許可します。


 

Android および iOS 向け Webex Meetings モバイルアプリを使用している参加者に対してホワイトボードの共有を許可するには、[アプリケーション共有] または [デスクトップ共有] を有効にする必要があります。

デスクトップ共有 - リモート操作

参加者がプレゼンタのデスクトップのリモート操作のリクエストすることを許可します。

デスクトップ/アプリケーション/ウェブブラウザの共有 - True Color 対応

プレゼンタが True Color モードでプレゼンタとコンテンツを共有することを許可します。 True Color モードではより鮮明な色を提供します。また、画像重視と性能重視のオプションも選択できます。

フィードバック

Webex Meetings では利用できません

ファイル転送

参加者がミーティング中に相互にファイル転送することを許可します。

ハンズオンデモ

Webex Meetings では利用できません

ハンズオン ラボ

Webex Meetings では利用できません

別のユーザーとしてログオン

Webex Meetings では利用できません

議事録

主催者が一般的なミーティングの情報およびファイルを参加者にメールで送信することを許可します。

メモ機能が利用できる場合、メモパネルのデフォルトの設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

Outlook/Lotus Notes インテグレーション

ユーザーが Microsoft Outlook または IBM Lotus Notes を使ってミーティングをスケジュールすることを許可します。

参加者リスト

参加者リストの機能が利用できる場合、参加者リストパネルのデフォルトの設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

投票

投票機能が利用できる場合、投票パネルのデフォルトの設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

これらの投票の操作オプションが有効です:

  • 個人結果を表示する - 参加者の投票結果を匿名で公開します

  • 個人結果を保存する – 各参加者の回答を .txt ファイル形式で保存します

  • テストと採点 – Webex Meetings では利用できません

  • 回答なしを含める – 短い回答の質問を許可します

  • 回答数の表示 – 投票のステータスで参加者の回答数を表示します

エンドツーエンド暗号化

すべての Webex セッション データを暗号化できます。

PKI 暗号化

デジタル認証 (PKI) を使用して Webex セッション データを暗号化できます。

練習セッション (Webex Events のみ)

Webex Meetings では利用できません

Q & A

Webex Meetings では利用できません

参加者がプレゼンタの役割を取得できる

ミーティング中、参加者が各自のコンテンツを共有できるように、プレゼンタのロールを別の参加者から取得することを許可します。

ローカル録画

主催者が、彼らのローカルドライブ上にミーティングを録画することを許可します。

ネットワーク録画

主催者が、ネットワークサーバー上にミーティングを録画することを許可します。

リモート コンピューターの共有

プレゼンタがリモート コンピューター上にあるコンテンツを共有することを許可します。

リモート印刷

プレゼンタがミーティング中に共有されたコンテンツを印刷することを許可します。

主催者とプレゼンタにクイックスタートを表示

Webex Meetings ではこのオプションは利用できません – すべての主催者とプレゼンタでのデフォルトです

  • 出席者にクイックスタートを表示 - Webex Meetings および Webex Training では利用できません

ビデオ

ビデオ機能が利用できる場合、ビデオパネルのデフォルトの設定を指定することができます。 ミーティング開始時、参加者に対しパネルが開いている、閉じている、折りたたまれている状態で設定できます。

Webex ビデオ

サイトでのミーティングに高画質ビデオを使用できます。

  • マルチポイント ビデオ – Webex Meetings、Webex Events、Webex Training では利用できません

  • Cisco Unified Videoconferencing (CUVC) の許可

  • ミーティングスケジューラで CUVC Meeting ID の入力を許可します

Web ブラウザの共有

プレゼンタがミーティング中にドキュメントやプレゼンテーションを共有することを許可します。

ウェブブラウザ共有 - リモート操作

参加者がミーティング中にドキュメントやプレゼンテーションを共有することを許可します。

ウェブベースのテスト

Webex Meetings では利用できません

ホワイトボード

プレゼンタが、すべての参加者のコンテンツビューア上に表示されるオブジェクトの描画やテキストの入力を行うことを許可します。