以下の一部の機能については、発信音を聞いてからコードを入力する必要があります。 例えば、パークするコールを行っている場合、コールを保留にして、発信音を確認し、それから * 68 を入力します。 それから、コールをパークする内線番号を入力するか、または # を押して、自分の内線にコールをパークします。


以下のコードは、Webex Meetings で動作するようには設計されていません。 Meetings で使用できる DTMF キーについては、「パーソナル会議室のミーティングで DTMF コマンドを使用する」を参照してください。

機能

メインコード

代替コード

匿名通話拒否のアクティブ化

*77

匿名通話拒否の非アクティブ化

*87

匿名通話拒否の確認

*52*

*76

自動コールバックの非アクティブ化

#8

*8

自動コールバック メニューへのアクセス

#9

*9

BroadWorks Anywhere E164 ダイヤル

*14

コール ブリッジ

*15

コール転送は常にアクティブ化

*72

*72 を入力し、コールを転送する電話番号を指定して、# を押してください。

コール転送は常に非アクティブ化

*73

通話転送常時確認

*21*

*17

ボイスメールへの常時通話転送のアクティブ化

*21

ボイスメールへの常時通話転送の非アクティブ化

#21

*36

話中時通話転送のアクティブ化

*90

話中時通話転送の非アクティブ化

*91

話中時通話転送の確認

*67*

*18

話中時のボイスメール通話転送のアクティブ化

*40

話中時のボイスメール通話転送の非アクティブ化

#40

*42

無応答通話転送のアクティブ化

*92

無応答通話転送の非アクティブ化

*93

無応答通話転送の確認

*61*

*19

無応答通話のボイスメール転送のアクティブ化

*41

無応答通話のボイスメール転送の非アクティブ化

#41

*35

非着信通話転送のアクティブ化

*94

非着信通話転送の非アクティブ化

*95

非着信通話転送の確認

*63*

*20

コール パーク

*68

*68 を入力してから、コールをパークする内線番号を入力するか、または # を押して、自分の内線にコールをパークします。

コールパーク 保留解除

*88

*88 に続けて、コールが保留されている内線番号を入力します。 自分の内線番号に対して通話が保留されている場合は、# を押してください。

コールピックアップ

*98

コールの録画

*44

通話録音 - 一時停止

*48

通話録音 - 再開

*49

通話録音 - 停止

*45

通話の取得

*11

通話折り返し

*69

通話折り返し番号の削除

#92#

*89

待機中の通話を確認

*53*

*38

永続的な通話待機中をアクティブ化

*43

永続的な通話待機中を非アクティブ化

#43

*46

通話回線 ID の配信ブロックの確認

*54*

*56

永続的な通話回線 ID の配信ブロックをアクティブ化

*31

永続的な通話回線 ID の配信ブロックを非アクティブ化

#31

*32

通話ごとの通話回線 ID の配信ブロック

*67

*184 (日本)

通話ごとの通話回線 ID の配信

*65

*186 (日本)

通話待機中を取り消す

*70

接続された回線の識別制限の確認

*56*

*59

ボイスメールの直接転送

*55

コールを自分のボイスメールまたは別のユーザーのボイスメールに転送することができます (同じグループにいる場合)。 例えば、コールを別のユーザーのボイスメールに転送するには、転送ソフト キーを押し、次に *55 を入力してから、そのユーザーの内線番号を指定します。

コール ピックアップの相手指定

*97

割り込みありのダイレクトされたコール ピックアップ

*33

着信拒否のアクティブ化

*78

応答不可の非アクティブ化

*79

EOCP 永続的認証コードをロック

*37

EOCP 永続的認証コードのロックを解除

*47

エグゼクティブ通話フィルタリングのアクティベーション

#61

エグゼクティブ通話フィルタリングの無効化

#62

エグゼクティブ - アシスタント通話プッシュ

#63

エグゼクティブ - アシスタント新規通話

#64

エグゼクティブ - アシスタント オプトイン

#65

エグゼクティブ - アシスタント オプトアウト

#66

グループ コール パーク

#58

*58

* 58 を入力してダイヤル トーンを確認し、グループ コール パークの番号を入力します。

 

モバイル デバイスで Webex Calling アプリを使用している場合、手順は少し異なります。 [新しいコール] をタップし、ダイヤルパッドに移動し、*58# を入力して、[コール] を押します。

最後の番号をリダイヤル

*66

次の通話を監視する

#84

*84

通話保留音楽の非アクティブ化

*60

無応答タイマー

*610

*10

プッシュ通知の取得

#0322

Push To Talk

*50

インターコムのような機能を使用して、別のユーザーまたはユーザーグループと通信することができます。 *50 に続けて、ユーザーの内線番号を入力します。 電話がオフフックになり、インターコムのような通話が行われます。


 

管理者は、使用する前に、プッシュツートークを設定する必要があります。

選択通話転送のアクティブ化

#76

*25

選択通話転送の非アクティブ化

#77

選択通話転送の確認

*51*

*16

サイレントモニタリング

#82

*82

スピード ダイヤル 100

*75

スーパーバイザーのコーチング

#85

ボイスメール MWI のクリア

*99

ボイスメール取得

*86

音声ポータルへのアクセス

*62