誰かが [コールバック] オプションを使用していたときに、ミーティングに参加した場合、応答がないときには、ボイスメールのグリーティングメッセージだけが聞こえることがあります。 最新版の Webex の更新では再び、起こりません。 参加者が [コールバック] オプションを選択すると、ミーティングが通話を発信し、そのミーティングが終了するまでの時間が15~18 秒になります (約 3 回の呼出音)。 Cisco はタイミングを測定し、待ち時間を調整して、可能な限り多くのボイスメール接続を排除します。

以前は、サイトの [1 を押さないで電話会議に参加] オプションがすべてに適用するか、まったく適用しないという意味でした。 オンになっている場合、すべてのコールバックに応答を必要とします。 オフにすると、すべてのボイスメールの応答がミーティングに取り込まれます。 これで、必要に応じて [1] を押すことができます。 機能を有効にするときに混乱することはなくなります。必要なときに機能します。

コールバック処理のしくみ

たとえば、ミーティングに参加するときに、[コールバック] オプションを選択します。 呼び出し音が鳴りますが、すぐに応答できません。 システムは通話がボイスメールに入ることを予測し、それを防ぐために「1を押す」をオンにして、そのようにならないようにします。 応答すると、「Webex へようこそ。1 を押してミーティングに参加してください」というプロンプトが表示されます。 ボイスメールが選択されている場合、1 を押すと通話が切断されます。

残念なことに、通話がボイスメールに直接送信された場合でも、ミーティング参加者はボイスメールのあいさつを聞き、ボイスメールが通話を終了するまで、ボイスメールは継続して録画されます。