エラー: .PDF を共有しようとすると、「このファイル形式はファイル共有に対応していないため、このファイルは共有できません」と表示される

エラー: .PDF を共有しようとすると、「このファイル形式はファイル共有に対応していないため、このファイルは共有できません」と表示される

アプリケーション共有を使用して PDF ファイルを共有できません。

ミーティング中に .PDF ファイルを共有しようとすると、ファイル形式がサポートされていないというエラーが表示されます。

共有された.PDF ファイルに埋め込まれたテキストが正しく表示されません。



解決方法:

ファイル形式がコンピューター上のアプリケーションと関連付けられていない場合は、.PDF ファイルを共有しようとすると次のエラーが発生する可能性があります:


 

この問題を解決するには、Adobe Reader をデフォルトの.PDF リーダーとして設定します。

注意: Adobe Reader の最新バージョンは、次からダウンロードできます: http://get.adobe.com/reader

方法 1:

  1. 共有しようとしている.PDF ファイルの場所を参照します。
  2. 保存した.PDF ファイルを右クリックします。
  3. [プログラムから開く] をクリックします。
  4. [このファイルを開くのに使用するプログラムを選択する][Adobe Reader] を選択します。
  5. [この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムを常に使用する] ボックスにチェックを入れます。
  6. [OK] をクリックして、.PDF ファイルが Adobe Reader を使用して読み込まれていることを確認します。

方法 2:

  1. [スタート] > [コントロール パネル] をクリックします。
  2. コントロール パネルで、[既定のプログラム] をクリックします。
  3. [ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け] をクリックします。
  4. .pdf 上でダブルクリックします。
  5. [このファイルの種類を開くプログラムを選択してください][Adobe Reader] を選択します。
  6. [この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う] ボックスにチェックを入れます。
  7. [OK] をクリックして、.PDF ファイルが Adobe Reader を使用して読み込まれていることを確認します。

これでファイルを正常に共有できるようになりました。

メモ: Windows 8.1: Microsoft Corporation の Windows Reader は、PDF ドキュメントをミーティング クライアントにインポートする機能において、Webex によってサポートされていません。 Adobe Reader を既定の PDF クライアントに指定します。

この投稿記事は役に立ちましたか?