Cisco Webex ビデオ プラットフォーム ミーティングへの、TLS 接続についてどのような証明書が必要ですか?

Cisco Expressway および Expressway Edge デバイスには信頼のおける最新の保証書が必要となります。

Meeting Center ビデオ会議への TLS 接続には、どのような証明書が必要ですか?

Cisco Webex ビデオ プラットフォームの証明書プロバイダ更新とは?

Cisco Expressway および Expressway エッジ デバイスの証明書プロバイダアップデートをするにはどうすればよいですか?

Cisco Webex ビデオ プラットフォーム ミーティングのルート証明書を更新するには?

Cisco Expressway および Expressway Edge デバイスからの Webex へのコールは、無効なルート証明書のために失敗しています。


解決方法:

Cisco Expressway および Expressway Edge デバイスには信頼のおける最新の保証書が必要となります。

問題を解決するには:

証明書失効を使用しているかどうかにかかわらず、Cisco Expressway-e または Expressway のエッジデバイス上の信頼できるルートCAストア(Trusted Root CA Store )に次の証明書を追加します。

Cisco Webex ビデオ プラットフォームのすべてのユーザーは、Webex への接続のために Cisco Expressway-E/Expressway エッジ トラバーサル デバイスで信頼された CA リストを更新してください。

新しい証明書をダウンロードするには:

信頼できる CA 証明書リストを管理する

信頼できる CA 証明書のページ (メンテナンス(Maintenance ) > セキュリティ証明書(Security certificates ) > 信頼できる CA 証明書(Trusted CA certificate)) により、Cisco Expressway によって信頼された証明機関 (Ca) の証明書のリストを管理することができます。 Cisco Expressway へのTLS接続で証明書の検証が要求されると、Cisco Expressway に提示された証明書は、このリストの信頼できるCAによって署名されている必要があり、ルートCAへの完全な連鎖(中間 CA)が必要です。

1つ以上の CA 証明書を含む新しいファイルをアップロードするには、必要なPEMファイルを参照して、[CA証明書の追加(Append CA certificate)]をクリックします。 これにより、新しい証明書が既存の CA 証明書のリストに追加されます。 特定の発行者と件名に対する既存の証明書を置き換える場合は、以前の証明書を手動で削除する必要があります。

詳細については、次を参照してください。議題すべてをより詳細にカバーしています。


­

この投稿記事は役に立ちましたか?