UI の拡張機能

UI 拡張機能は、自分で作成し、デバイスのタッチ画面に追加するカスタム ボタンまたはパネルです。 たとえば、「クイック ダイヤル」ボタンを追加して頻繁に使用する番号に発信したり、特定の番号からの着信に自動的に応答するプログラムをデバイスに設定したりします。

UI 拡張では、ライト、ブラインド、ビデオ スイッチなどのサードパーティ製ペリルを制御することもできます。 ビデオ デバイスとペリ周辺デバイスを同じユーザ インターフェイスから制御すると、会議室で一貫性のあるユーザ エクスペリエンスを利用できます。 サードパーティ制御システムとの通信は、サードパーティ製の制御システムを介して API。

オープン プラットフォームを使用すると、既存のワークフローに接続するカスタマイズを作成できます。したがって、コア機能を超えて追加の値を作成 Webex できます。

いくつかの例を次に示します。

  • メイン画面にカスタム Web サーバ データを表示する。

  • チケットシステムに問題を報告する。

  • ルームから音響データを収集し、処理可能な Web サーバに送信する。

  • ライト、ブラインド、ビデオ スイッチなど、サードパーティ製ペリファーの制御。

ローカル Web インターフェイスの UI 拡張機能エディタ から UI 内線を作成できます。

マクロ

マクロは、ビデオ デバイス上でローカルに実行される小規模の JavaScript プログラムです。 たとえば、特定の番号からの着信コールに自動的に応答するデバイスをプログラムできます。

マクロは、API デバイスだけでなく、サードパーティシステム Webex アプリケーション プログラミング インターフェイス(Webex)コマンドを実行できます。

すべてのアクティブ マクロは、ビデオ デバイス上の 1 つのプロセス(「実行時」と呼ばれる)で実行 されています。 必要に応じて、実行時に開始および停止できます。 実行時にセキュリティが保護され、コードはデバイスの標準ソフトウェアから安全に分離されます。

マクロ エディタは、ローカルの Web インターフェイスまたは Control Hub から管理できます。

ローカル Web インターフェイスから

ローカル Web インターフェイスで、UI 拡張機能エディタおよびマクロ エディタから UI 内線およびマクロを作成できます。

UI 拡張機能 エディタには、次 を作成するためのツールがあります。

  • アクション ボタン:ホーム ページに追加されたボタン。 アクション ボタンをプログラムして、ユーザがタップした時にアクションを実行できます。

  • パネル - コントロール パネルには、多くの UI 要素(ボタン、テキスト フィールド、スイッチ、スライダなど)を含め、すべての要素をプログラムしてアクションを実行できます。 これにより, 共通の場所で独自のコントロール グループを結合できます。

  • Web アプリケーション:Web アプリのショートカットがホーム ページに追加されます。 Web アプリは、事前に定義された Web ページを全画面で起動します。 これは、Web エンジンを搭載しているすべてのデバイス(DX を除く Board および Desk シリーズのデバイス)で使用可能です。

管理者、RoomControl、または Integratorの資格情報を使用してローカル Web インターフェイスにサインインし、[UI 内線エディタ(UI Extensions Editor >カスタマイズ] に移動します。


UI 内線エディタ(UI Extensions Editor)

ここでは、次の操作が可能です。

  • UI 内線を追加、アップロード、ダウンロード、または削除します。

  • さまざまな種類のコントロールを作成し、設定します。

  • UI 内線をアクティブまたは非アクティブに設定します。

  • UI 内線が表示される時間を定義します。

  • ビデオ デバイスまたはコンピュータ上のファイルに UI 拡張機能をエクスポートします。

UI 内線をマクロに接続するには、その項目に固有の ID を使用する必要があります。 たとえば、トグルの ID は「無効」lights_on。 その後、画面タップをモニタするマクロを作成し、「lights_on」ボタンがタップされたのを検出すると、目的のコマンドを発行します(例:ライトのオン/オフ)。

UI 内線をマクロに接続する例については、カスタマイズ ガイド の「UI 拡張機能」セクションを 参照してください

マクロ エディタには、 コード エディタ、ロギング ツール、およびマクロの迅速なテスト用の制御が提供されています。


マクロ エディタ(Macro Editor)

管理者の資格情報を使用してローカル Web インターフェイスにサインインし、[カスタマイズ(Customization > マクロ エディタ] に移動します。 ここでは、次の操作が可能です。

  • マクロの作成、編集、および削除。

  • マクロ(*.js)のインポートまたはエクスポート。

  • マクロを有効または無効にします。

  • デバッグ ログを確認します。

  • 変更内容を保存する(Ctrl + S)


    別の Web ロケーションから同じマクロを同時に編集した場合、バージョンのコピーをダウンロードする、編集を破棄する、または他のバージョンを上書きするオプションが表示されます。

詳細情報

マクロと UI 拡張機能の作成の詳細については、次のリンクを参照してください。

マクロと サードパーティ製コードのヘルプが 必要な場合は、Cisco Collaboration Developer のポータルを参照してください。

ローカル Web インターフェイスにアクセスする方法については,ルームおよびデスク デバイスおよび Webex ボードのデバイス設定を参照してください。