Webex Assistant は Webex Meetings で利用できます。

41.5 のアップデートからは、Webex Events (新) のウェビナー モードが Webex Assistant に対応します。

41.7 のアップデートで、Webex MeetingsWebex Events (新) に加えて、Webex アプリでも Webex Assistant を利用できるようになります。スペースから開始または参加したミーティングでは Webex Assistant はサポートされません。

政府版 Webex は Webex Assistant をサポートしていません。

この機能には、ビデオシステムから会議に参加できる Cisco Webex ビデオプラットフォームバージョン 2.0 が必要です。 使用しているバージョンを確認するには、「Cisco Webex Meetings のバージョン番号を確認する」を参照してください。

ミーティングの主催者は、ミーティング中に Webex Assistant をオンまたはオフにすることができます。 ミーティングの開始時、常に Webex Assistant をオンにする場合は、[スケジュール] 設定の [Webex Assistant] オプションをオンにします

[字幕ハイライト] パネルが右側に表示される

不快な単語が使用されている場合、字幕内のそのような単語の一部の文字が、アスタリスクで置き換えられます。

1

次の方法でパネルを表示または非表示にします。

  • ご自分が主催者で Webex Assistant をオンにしている場合は、Webex Assistant にカーソルを合わせ、[字幕とハイライトを表示] を選択してパネルを表示します。
  • ミーティングの主催者でない場合は、[字幕] のオプション > [字幕とハイライトを表示] の順に選択します。
  • ミーティングに参加した後で、サイトが Webex Assistant なしでは自動化された字幕をサポートしない場合は、[その他のオプション] > [字幕とハイライト] に移動して、パネルを表示または非表示にします。

    [字幕とハイライト] が非表示になっている場合でも、ハイライトはキャプチャされます。

  • Webex Assistant の上にカーソルを合わせて、[字幕とハイライトの非表示] を選択してパネルを非表示します。

    [字幕とハイライト] パネルで を選択してパネルを閉じることもできます。

[字幕とハイライト] パネルが非表示になっている場合でも、ハイライトはキャプチャされます。

2

コンテンツを共有しているときに、画面の上部にあるフローティングバーの Webex Assistant にカーソルを合わせ、[字幕とハイライトの表示] を選択し、パネルを表示する

[字幕とハイライトを非表示] を選択してパネルを非表示にします。

[字幕とハイライト] ページが非表示になっている場合でも、ハイライトはキャプチャされます。

不快な単語が使用されている場合、字幕内のそのような単語の一部の文字が、アスタリスクで置き換えられます。

1

[字幕とハイライト] ページには、複数の方法でアクセスできます。

  • ご自分が主催者である場合は、Webex Assistant を有効にした後に、[その他のオプション] > [Webex Assistant]Webex Assistant > [字幕とハイライトを表示] の順にタップします。
  • Webex Meetings アプリからミーティングに参加した場合、または Webex アプリからフル機能のミーティングに参加した場合は、[その他のオプション] > [字幕] > [字幕とハイライトを表示] の順に選択します。
  • ミーティングに参加した後で、サイトが Webex Assistant なしでは自動化された字幕をサポートしない場合は、[その他のオプション]他のオプション > [字幕とハイライト] をタップします。
2

[字幕] または [ハイライト] をタップしてタブを切り替えます。