ウェビナー モード

  • ウェビナーは、お使いの Webex サイトでのみスケジュールできます。

  • ウェビナーは、カスタマイズされたイベントおよびセッション タイプの設定をサポートしていません。

  • サイト管理者が Webex Events のビデオとストリーミングを無効にしている場合でも、主催者はウェビナーのスケジュール時に、ウェビナー中にビデオを表示するオプションを引き続き利用できます。

  • サイト管理者が、MeetingsWebex Events (新) のクラウドでの自動録画を有効にしている場合、主催者がイベントのスケジュール時に自動録画を無効にしても、イベントは録画されます。

  • 25,000 人以上のユーザーをサポートする計画の主催者は、共同主催者、出席者、パネリストにイベントに参加する前にサインインするよう要求できません。

  • 出席者が Webex Web アプリでウェビナーに参加し、挙手をした後に Meetings アプリに切り替えた場合、挙手は取り下げられます。

  • 出席者はビデオ デバイスを使用して Webex イベントに参加することはできません。

  • 主催者、共同主催者、パネリストは、ビデオ デバイスが Meetings デスクトップ アプリから接続されている場合にのみ、そのデバイスからウェビナーに参加できます。

  • 主催者または共同主催者が出席者をパネリストにアップグレードすると、そのユーザーは出席者リストとパネリスト リストの両方に表示されます。

  • パネリストがデスクトップからイベントに参加している場合、主催者または共同主催者がそのパネリストをミュートにすると、そのパネリストは自分ではミュートを解除できません。

  • 主催者が iOS 版 Webex Meetings からウェビナーを開始し、プレゼンテーションを始めた場合、その主催者は提出された質問に対し回答することはできません。

  • 参加者が Web アプリからウェビナーに参加した場合、後からデスクトップ イベント アプリケーションに切り替えても、イベントには引き続き Web アプリ経由で接続されます。

  • 主催者がパネリストを出席者にダウングレードし、そのパネリストが Meetings デスクトップ アプリからビデオ システムに接続していた場合、ビデオ システムはウェビナーに接続されたままとなります。

  • Mac 版 Meetings デスクトップ アプリケーションを使用してウェビナーを開始または参加する主催者とパネリストの場合、Webex Events アプリケーションのタイトルバーは、Webex Meetings として表示されます。

  • 字幕と音声テキストは、ウェビナーが録画されている場合にのみ保存されます。

  • ウェビナー ストリームは 1 つのプラットフォームでのみライブ配信できます。

  • パブリック チャット メッセージは、ビデオ デバイスからウェビナーに参加するパネリストには表示されません。

  • ウェビナーは [ファイル] > [開いて共有] で MP4 ファイルを開いて共有する機能をサポートしていません。

  • パネリストは出席者と直接チャットを開始することはできません。

ウェブキャスト モード

  • ウェブキャストは、お使いの WebEx サイトでのみスケジュールできます。

  • 3,000 人以上のユーザーをサポートする Webex サイトのイベントの計画では、主催者のみがウェブキャストをスケジュールして参加できます。

  • ウェブキャストは、政府版 Webex には対応していません。

  • ウェブキャストは、カスタマイズされたイベントおよびセッション タイプの設定をサポートしていません。

  • 主催者、共同主催者、パネリストは、ビデオ デバイスが Meetings デスクトップ アプリから接続されている場合にのみ、そのデバイスからウェブキャストに参加できます。

  • 25,000 人以上のユーザーをサポートする計画の主催者は、共同主催者、出席者、パネリストにイベントに参加する前にサインインするよう要求できません。

  • サイト管理者が Webex Events のビデオとストリーミングを無効にしている場合でも、主催者はウェブキャストのスケジュール時に、ウェブキャスト中にビデオを表示するオプションを引き続き利用できます。

  • サイト管理者が、Webex Meetings と Webex Events のクラウドで自動録画を有効にしている場合、主催者がウェブキャストのスケジュール時に自動録画を無効にしても、イベントは録画されます。

  • [ファイルの共有] を使用したホワイトボードの共有や、ビデオ ファイルなどのファイルの共有は、ウェブキャストではサポートしていません。

  • ウェブキャストは現在、ウェビナー モードに導入されている次の機能には対応していません。

    • Webex Meetings 向け Webex アシスタント

    • クローズド キャプション

    • リアルタイム翻訳

    • People Insights のプロファイル

  • ウェブキャストでは、参加者に直接ファイルを共有できません。 主催者、共同主催者、パネリストは、画面を共有して、ファイルを共有したり閲覧したりする必要があります。

  • 出席者がどのような場所やプラットフォームから参加するかに関係なく、ウェブキャストは常にブラウザで開きます。

  • [コンピューターの音声使用] の音声接続タイプのみを出席者は使用できます。

  • パネリストがデスクトップからウェブキャストに参加している場合、主催者または共同主催者がそのパネリストをミュートにすると、そのパネリストは自分でミュートを解除できません。

  • 他のライブ配信 プラットフォームにウェブキャストをライブ配信することはできません。

  • 主催者がパネリストの招待メールをユーザーに転送すると、パネリストとしてウェブキャストに参加できなくなります。 パネリストとして参加するには、主催者がユーザーをイベント スケジューラから招待するか、主催者または共同主催者が進行中のウェブキャストで招待とリマインド機能を使って招待する必要があります。

  • 主催者、共同主催者、パネリストは、Meetings デスクトップ アプリからチャット、Q&A、投票を通じて出席者と対話できません。出席者と対話し、ウェブキャストをモデレートするには、主催者、共同主催者、パネリストは、[出席者に伝える] をクリックして、ブラウザーのウェブキャスト ビューでウェブキャストを開く必要があります。

  • ウェブキャストは [ファイル] > [開いて共有] で MP4 ファイルを開いて共有する機能をサポートしていません。