お持ちのサービスに応じて、User Hubのオプションは異なります。 この記事では、Webex CallingユーザーがUser Hubにサインインし、さまざまな通話関連サービスにアクセスする方法について説明します。

プロファイルの更新、Webex Meetings、ウェビナー、録画に関する設定の詳細については、User Hubで「User Hubを使い始める」を参照してください。

ログイン

Calling ユーザー ポータルまたは設定ポータル (settings.webex.com) の終了ユーザーである場合、既存の資格情報を使用してユーザー ハブ (user.webex.com) にサインインできます。

User Hubにサインインする初めてのユーザーの場合は、次の手順に進みます。

管理者が初めてユーザーとして設定すると、管理者からUser Hubにアクセスするためのメールが送信されます。


 

招待状を受け取っていない場合、管理者はから再送することができます。 Control Hub > ユーザー

1

管理者から送信されたメールからリンクをクリックします。

2

新しいパスワードを作成するように求められます。

新規作成またはリセットを行う場合、パスワードには以下を含める必要があります。

  • 8 文字以上、256 文字以上

  • 少なくとも 1 つのアルファベット小文字 (a, b, c...)

  • 少なくとも 1 つのアルファベットの大文字(A、B、C…)

  • 少なくとも1つの番号(1、2、3...)

  • 少なくとも 1 つの特殊文字 (~!@#$%^&*()-_=+[]{}|;:,.<>/?)

パスワードに以下を含めることはできません。

  • 名前

  • メールアドレス

3

作成したパスワードを確認し、保存してサインインします。

4

メールアドレスを入力して [サインイン] をクリックします。

これにより、User Hubに移動します。

通話サービスへのアクセス

からすべての通話サービスにアクセスできます。 設定 > 通話

Callingページには、次の3つのセクションがあります。

  • 通話設定

  • スケジュール

  • ボイスメール

通話設定

コール設定ページから、サイレント、コール転送、コール待機、割り込みなど、さまざまなコール設定を構成できます。

さまざまな通話設定オプションの詳細については、次のいずれかの記事をクリックしてください。 応答不可|単一番号リーチ (Office Anywhere)|匿名通話の拒否|コール通知|コール転送|同時リング|シーケンシャルリング|コール待機|選択コール|優先アラート|割り込み|転送されたコールの発信者 ID のブロック|ホテリング|エグゼクティブ|エグゼクティブ アシスタントは...

スケジュール

[スケジュール] ページから、管理者が作成した社内スケジュールを表示し、独自のスケジュールを作成して、同時呼出音、シーケンシャル呼出音、優先アラートなどのさまざまな通話設定に使用できます。

スケジュールの作成の詳細については、「通話設定のスケジュールの作成」を参照してください。

ボイスメール

[ボイスメール] ページでは次のことができます。