Cisco Webex Education Connector クラスルーム コラボレーションは、クラスメイトやインストラクターにメッセージを送り、グループでチャットし、コラボレーションしているファイルの共有を容易にします。 ここではそれがどのようなものであるかを学びましょう。

Teams

Cisco Webex では、共通のテーマごとにチームを作成すれば、複数のスペースを分類してチームの下にまとめて管理することができます。 自分のコースにチームがあり、コース内の小規模なグループのためのスペースがある場合は、

[クラスルームコラボレーション] タブにコースの Webex Education Connector から初めてアクセスするときに Webex の資格情報を使用してサインインします。

スペース

Cisco Webex では、メッセージの送信から、通話、ビデオ会議、ホワイトボード、ファイルの共有に至るまで、すべてスペース内で行います。 スペースは、特定のトピックあるいは単一のプロジェクトでのグループ コラボレーションに最適です。 チームのすべてのメンバーとの [全般] スペースは、デフォルトで使用可能になっています。 複数の人と新しいスペースを作成するか、メッセージを直接、誰かに送信できます。

メッセージを送信する

Cisco Webex でまだメッセージを送信したことのない相手に初めて送信する場合には、あなたと相手だけの会話を作成します。 次にその相手にメッセージを送信する際には、前回終えたところから、会話が続きます。 スペースにメッセージを送信するとき、そのスペースのすべてのメンバーがメッセージを見ることができます。

  1. 自分のコースの Webex Education Connector から、[Webex Teams] > [スペース] に移動します。

  2. メッセージを送信するスペースまたは人を選択します。

  3. メッセージを入力し、[Enter] キーを押します。

ファイルの共有

簡単かつ迅速にファイルを共有し、抗議ノートやグループ プロジェクトのように、[教室コラボレーション]を使用します。 ファイルを共有するためには、いくつか異なるオプションがあります。

  1. ファイルをメッセージ エリアにドラッグ アンド ドロップし、[+添付] をクリックし、ファイルを選択します。

  2. ファイルを送信するには、[共有] を選択します。

インストラクターによりスケジュールされたミーティングに参加することができます。

1

[今後のミーティング] タブを選択します。

2

ミーティングの参加時間になると [参加] されます。

過去のミーティングと録画が [過去のミーティング] タブで確認できます。

Webex Education Connector を使用すれば、インストラクタはオフィスアワーを開催できます。 利用できる日付と時間は、[オフィスアワー] タブで示されます。 インストラクターと時間のスケジュールを立てるときは、以下のように行います。

1

会いたいインストラクターを選択し、その名前は画面左のドロップダウン リストで選択可能になります。

2

リストから利用可能な時間帯を選択し、[ミーティングの確認] を選択します。

3

[完了] を選択します。