ジェスチャ認識機能は、Webex Spaces から開始されたミーティングでは利用できません。 リアクションは、Webex アプリおよびこの機能をサポートするデバイスに表示されます。 Webex アプリで誰がリアクションしたのか確認することもできます。


ジェスチャ認識機能は、デフォルトではオフになっています。[設定] メニューに移動して オンにすることができます。次に、[ジェスチャコントロール] を選択し、 [ハンドジェスチャ認識を有効にする] をオンに切り替えます。ミーティング中にコールコントロールの [反応] ボタンをタップして、

ジェスチャの認識をオンにすることでオンにすることもできます。

1

会議中は、手を上げるか、 Desk Pro の前で親指を上下に動かします。確認タイマーが 画面に表示されます。タイマーが完了するまでリアクションしたままにします。 タイマーが完了する前にジェスチャを停止すると、アクションはトリガーされません。

ミーティングの参加者には、画面に上向き下向きの親指が表示されますが、リアクションした人の名前は表示されません。

ミーティング参加者は、誰かが挙手した旨の通知が画面に表示されます。 フルネームを含む通知が最初の挙手について表示されます。



[挙手]アイコンに、手を挙げ上げた回数が表示されます。

2

手を下げるには、[反応] ボタンを再度タップし 、 [ 手を下ろす] を選択します