Webex Meetings 使用レポート条件と定義を確認する

サイト管理者として、使用レポートにある情報を生成し、読む方法について理解します。

サイト管理者は、セッションに参加した人数と最後のセッションの時間 (分) など、前のセッションに関するデータを表示する使用レポートを作成できます。

  

以下の条件と定義は、エクスポートされたセッション サマリー CSV レポートからのものです。

サイト管理

左のナビゲーション バーで、Webex Meetings サイトの管理から使用レポートを生成するために、 [レポート] > [共通] > [使用レポート] にアクセスします。 レポートに含めるための情報を選択して、[レポートのエクスポート] をクリックします。

レポートに関する情報については、[Webex サイトのレポートの表示] を参照してください。

Control Hub

Webex コントロール ハブから使用レポートを生成するには、https:/​/​admin.webex.com の顧客ビューから、[分析] に移動し [ミーティング] タブを選択します。 [クラシック] タブから [共通レポート] に移動し [ミーティングの使用] を選択します。 レポートに含めるための情報を選択して、[レポートのエクスポート] をクリックします。

レポートに関する詳細は、「Cisco Webex コントロール ハブの使用レポート」を参照してください。。

レポートの行のタイトル

説明

Comment

セッション ID:

セッション ID です。

Session No.

Session No.

議題:

ミーティングの件名です。

ミーティングタイプ

セッションタイプです。

セッションタイプコード名、これには PRO、ONS、TRS、SC3、などが含まれます。

ユーザー名

Webex 主催者のユーザー名またはメールアドレスです。

Webex 主催者の名です。

Webex 主催者の姓です。

日付

ミーティング開催日です。

Start Time

ミーティングの開始日時です。

継続時間

ミーティングの所要時間です。

ミーティングが進行される間の時間です (これにはロビーでゲストが待機している時間は含まれません)。

招待されました

ミーティング招待者の数です。

ミーティングがオンラインでまたは生産性向上ツールでスケジュールされた時の招待者の数です。

登録者数

登録済みゲストの数です。

出席済み:

実際に Webex ミーティングの出席者の総数です。これにはコンピューター、モバイル端末、テレプレゼンス、ビデオ会議端末から参加した出席者も含まれます。

ミーティングが音声のみの会議の場合、VoIP + 国際コールイン + 国内コールイン + コールバックの合計数となります。

ミーティングが音声のみの会議ではない場合、VoIP + 国際コールイン + 国内コールイン + コールバックの出席者数は含まれません。

出席者が電話からコールインする時に出席者 ID を入力していない場合、この出席者は 2 回カウントされることはありません。

テレプレゼンス端末の場合はカウントされます。

電話

電話回線のタイプです。

PCN: スケジュールがされていない音声のみの会議の場合。

HYB: ハイブリッド音声が含まれる音声のみの会議です。

Integrated: PSTN と VoIP の両方が含まれます。

Standalone: 上記のいずれかでもないものです。

人/分

ミーティング合計時間です。 これは、出席者の合計数とミーティング参加時間を掛けたものです。 電話の分数は含まれません。

ローカルトールのコールイン

電話回線を使用する出席者の国内有料コールインの合計時間です。

ローカルトールフリーのコールイン

電話回線を使用する出席者の国内無料コールインの合計時間です。

ローカルコールアウト

電話回線を使用する出席者の国内コールバックの合計時間です。

国際 コールイン

電話回線を使用する出席者の国際トールとトールフリーのコールインの合計時間です。

国際 コールアウト

電話回線を使用する出席者の国際トールとトールフリーのコールバックの合計時間です。

内部 コールアウト

オペレータが参加する会議または内部コールバックです。

統合型 VoIP

全出席者の VoIP の合計分数です。

MPV

複数拠点ビデオの合計分数です。

マルチポイント ビデオの合計の分数には、ビデオを使用するデスクトップ/モバイル ユーザーが含まれます。 Telepresence と Tandberg ビデオ エンドポイントの分数を除外します。

<the rest are tracking codes>

この投稿記事は役に立ちましたか?