ネットワークで Power over Ethernet(PoE)が提供されている場合、電源供給から、ネットワーク接続、および卓上配置用のマウントまで必要な部品ですべて足りるため、追加部品は不要です。ネットワークで PoE が提供されていない場合は、追加部品として Cisco IP Conference Phone 7832 PoE ミッドスパン ケーブルと Cisco Power Cube 3 が必要です。

図 1. Cisco IP Conference Phone 7832 の設置

電話機をネットワークに接続すると、電話機の起動プロセスが開始され、電話機がサーバに登録されます。

電話機は、接続されると、新しいファームウェアのロードを電話機にインストールする必要があるかどうかを判定します。

始める前に

会議電話には、次のいずれかの方法で電力を供給する必要があります。

  • イーサネット経由でネットワークから電力を供給します(PoE)。

  • Cisco IP Conference Phone 7832 PoE ミッドスパン ケーブルを使用して LAN 接続に電力を追加します。このケーブルを電話機に接続し、LAN と Cisco Power Cube 3 をケーブルに接続します。

1

ネットワーク ケーブルまたはミッドスパン ケーブルを会議電話のネットワーク ポートに接続します。

2

ミッドスパン ケーブルを使用する場合は、次の手順に従ってください。

  1. Power Cube をミッドスパン ケーブルに接続します。

  2. Power Cube を電源コンセントに接続します。

  3. ネットワーク ケーブルをミッドスパン ケーブルに接続します。Power Cube 接続に最も近いネットワーク ポートを使用してください。

3

電話機またはミッドスパン ケーブルからのネットワーク ケーブルをネットワークに接続します。

4

電話機の起動プロセスをモニタします。この手順により、電話機が正しく設定されていることを確認できます。

5

最新のファームウェア イメージへの電話機のアップグレードを許可します。

6

電話機を使用してコールを発信し、電話機と機能が正常に動作することを確認します。