管理者が Office 365連携を持つ Hybrid カレンダー サービスをセットアップしている場合、ミーティングリストには今後のミーティングのスケジュール、パーソナル会議室会議スペースに関連付けられているミーティング、別の人とスケジュールした通話、その他のミーティング のスケジュール。

Office 365 インテグレーションカレンダー サービス Hybrid カレンダー サービス場合、次の情報が表示されます。ミーティングのスケジュールおよびパーソナル会議室Microsoft Outlook からスケジュールされたミーティング (使用Webex生産性向上ツールアドイン)、Google カレンダー (アドオンを使用)、または [Webexスケジューラ。

1

[ミーティング]Meetings にアクセスし、ミーティング リストのミーティングを検索します。 まず、1 日のリアルタイムのミーティングを表示する [日表示] でミーティングリストを確認します。

  • [ リスト] をクリックすると、今後数日間のミーティングの統合リストが表示されます。

  • [作業 週] を クリックして、次の週の今後のミーティングを確認します。

  • [週 ] をクリックして、次の週の開催予定のミーティングを確認します。

どのビューでも、[今日] の左側にある日付をクリックすると、カレンダーから特定の日付を選択できます。 過去 1 週間から今後 4 週間の日付のミーティングを表示できます。

再び今日に戻るには、[今日] を選択します。

2

ミーティングを選択して、日付、時刻、繰り返し、ロケーション、開催者または主催者、およびミーティング リンク、受付した人、拒否した人、またはミーティング招待上に応答していない人などのミーティング情報を表示します。


 

使用しているハイブリッド カレンダーに招待する場合は、[ミーティングの詳細] から招待されたミーティングへの招待を承認、承認、または拒否 することができます

フォーラスペースに関連付けられているミーティングに参加している場合、[ミーティングの詳細] から直接、ミーティングに 参加できます。 自分が遅れて参加することや、追加の議事録項目があることを皆に知らせたい場合は、[メッセージ] またはスペース名 (青で表示) をクリックします。

を使用してスケジュールされたミーティングの場合は、Webex サイトを選択した場合、参加者リストには自分の名前が表示されます。あなたがミーティングを作成した場合、または、あなたがミーティングにホストによって招待されている場合は、このリストに参加したユーザーと自分が表示されます。


 
Webex アプリから開催予定のミーティングを表示する場合、ミーティングが Webex サイトからスケジュールされている場合、ミーティング招待者のリストが不完全です。 例えば、自分とホストだけが一覧表示されます。

選択した日の 24 時間に開催予定のミーティングや予定を確認できます。


 

ミーティングリストは、管理者がハイブリッド カレンダー.

1

[ミーティング] にアクセスして、選択した非に予定されたミーティングを確認してください。


 

別の日のビューに移動して、今日のビューに戻りたい場合は、 をタップするだけです。

2

上にスワイプすると、その日の完全なミーティング リストが表示されます。


 

ミーティングが開始されようとしている場合は、 [今すぐ] をタップして、それに参加します。

3

日付、時刻、繰り返し、ロケーション、開催者または主催者、およびミーティング リンクなどのミーティング情報を表示するには、ミーティングをタップします。 また、誰が承諾したか、辞退したか、またはミーティングへの招待に応答していないかを調べることもできます。


 

フォーラスペースに関連付けられているミーティングに参加している場合、[ミーティングの詳細] から直接、ミーティングに 参加できます。 自分が遅れていることと追加の議事録項目があることを皆に知らせたい場合は、[メッセージ] またはスペース名 (青で表示) をタップするだけでかまいません。

を使用してスケジュールされたミーティングの場合は、Webex サイトを選択した場合、参加者リストには自分の名前が表示されます。あなたがミーティングを作成した場合、または、あなたがミーティングにホストによって招待されている場合は、このリストに参加したユーザーと自分が表示されます。

ミーティング リストには今後のミーティング リストが表示されますミーティングのスケジュール、パーソナル会議室会議スペースに関連付けられているミーティング、別の人とスケジュールした通話、その他のミーティング のスケジュール。


 

ミーティング リストは、Cisco Webex Hybrid Calendar Service および Microsoft Exchange、Microsoft Office 365、または G スイート Google カレンダー を使用している場合のみ使用可能です。

1

[ミーティング] にアクセスし、ミーティング リストのミーティングを検索します。 ミーティング リストは、リスト ビューでミーティングを表示します。このリストは今後数日間のミーティングの統合リストです。 本日の日付がオレンジでハイライトされ、ミーティングに参加する時になると、緑のバーがミーティングの隣に表示されます。 また、ミーティングがスペースと関連付けられている場合、スペース名がミーティングの隣に青で表示されます。 青のスペース名をクリックすることで、スペースに直接進むことができます。

ミーティング リストの左上の月の名前をクリックして、カレンダーから特定の日付を選択し、ミーティング リストの表示がその日付から開始されるようにします。 過去 1 週間から今後 4 週間の日付のミーティングを表示できます。

今日の日付で再び開始されたリストを表示するには、「今日」を選択するだけです。

2

ミーティングを選択して、日付、時刻、繰り返し、ロケーション、開催者または主催者、およびミーティング リンク、受付した人、拒否した人、またはミーティング招待上に応答していない人などのミーティング情報を表示します。


 

フォーラスペースに関連付けられているミーティングに参加している場合、[ミーティングの詳細] から直接、ミーティングに 参加できます。 自分が遅れて参加することや、追加の議事録項目があることを皆に知らせたい場合は、[メッセージ] またはスペース名 (青で表示) をクリックします。

を使用してスケジュールされたミーティングの場合は、Webex サイトを選択した場合、参加者リストには自分の名前が表示されます。あなたがミーティングを作成した場合、または、あなたがミーティングにホストによって招待されている場合は、このリストに参加したユーザーと自分が表示されます。