最新チャネルのリリースの詳細については、「Webex Meetings の最新チャネルの新機能」を参照してください。

2021 年 8 月 (41.8) の通知

Webex デバイスとアプリ間の使いやすい音声ミュート状態管理

オンプレミスの登録済み Webex デバイスとアプリ間の音声ミュート状態管理が大幅に改善されたベータ版についてお知らせします。

Webex アプリの主催者になったときに、ユーザーが自身のデバイスのマイク ボタンを使用して自身をミュートしていたために、二重にミュート状態になり、ビデオ デバイスのユーザーのミュート解除を試みてもできない場合がありました。 ユーザーには DMTF-*6 コマンドを使用して自分のミュートを解除するようにとのメッセージが表示されます。また、ミュート解除にはデバイスのマイク ボタンを使用する必要があります。

今後、二重ミュートの状態が発生しないようエクスペリエンスを改善しています。 ビデオ デバイス ユーザーのミュートを解除するには、アプリの参加者リストのマイク ボタンをタップします。 Webex ビデオ デバイス ユーザーには、自分のミュートを解除するようリクエストが表示され、ユーザーは必要に応じてミュート解除を選択できます。 ユーザーが自身のミュートを解除すると、アプリの参加者リストのステータスが正しく更新されます。

ミーティングがモデレートされたミュート解除モードに設定されている場合、Webex アプリの主催者は引き続きアプリから直接ビデオ デバイス ユーザーをミュートおよびミュート解除できます。ミュート解除のリクエストと応答のフローはありません。 このモードでビデオ デバイス ユーザーがローカル マイク ボタンを使用してミュート状態をコントロールした場合、Webex アプリの参加者リストには反映されません。

Webex Meetings サイトをサイトの管理から Control Hub に変換する機能の事前通知

管理者が自信を持って Meetings サイトを Control Hub に変換できる機能を開発しました。今後のミーティング、録画、サイト設定、ユーザー設定など、以前のミーティング データは保持されます。 この機能は数週間以内に Webex Beta プログラムに入る予定です。 この機能を試すには Webex Beta プログラムにサインアップする必要があります。 機能が利用可能になり次第、beta.webex.com で利用資格を確認してサインアップできるようになります。

41.10 における Office 2010 ファイル共有サポート終了のお知らせ

Microsoft は 2020 年 10 月 13 日に Microsoft Office 2010 のサポートを終了しました。 41.10 リリースから、このバージョンの Office に対する Webex でのファイル共有サポートを終了します。 最新バージョンの Office にアップグレードするか、画面共有またはアプリケーション共有を使用することをおおすすめします。

11 桁のミーティング キーのロールアウトに伴う VDI への影響

Cisco は Webex Meetings のミーティング番号の長さを 11 桁に変更します。 これは、ミーティング アプリと VDI プラグイン間の互換性に影響を与えます。 互換性の問題を避けるため、VDI プラグインを 41.6 以上にアップグレードすることをおすすめします。

対応する Windows オペレーティング システムを変更

2022 年 1 月のリリース (42.1) で Cisco Webex は Windows 10 より前の Windows OS に対するサポートを正式に終了します。 ベスト エクスペリエンスのために、Windows の最新バージョンにアップグレードすることをおすすめします。

カナダの有料通話番号を拡大

Webex は 2021 年 8 月 6 日より、PSTN の顧客が通話可能なカナダの有料通話番号を拡大し、以下の既存都市のラベルも変更します。

現在のラベル 新規ラベル
ハミルトン カレドン
ロンドン アクトン

Webex Edge Audio を設定しているサイトでは、Webex Edge Audio の接続を使用してこの新しい番号をルーティングするために LUA スクリプトを更新する必要があります。 この変更の手順については、Cisco Webex Edge 音声の顧客設定ガイドを参照してください。 その他の番号は以下をご覧ください。

市区町村 数字 ブリッジ
シャーロットタウン 19025666174 アメリカ
ハミルトン 19055405881 アメリカ
カルガリー 14037762521 アメリカ
ロンドン 15199317452 アメリカ
セント・ジョンズ 17097225626 アメリカ
シャーロットタウン 19025666173 FedRAMP
ハミルトン 19055405880 FedRAMP
カルガリー 14037762520 FedRAMP
ロンドン 15199317451 FedRAMP
セント・ジョンズ 17097225625 FedRAMP

2021 年 7 月 (41.7) の通知

保存した電話番号を使用して、Webex スケジュール済みミーティングを主催者として開始または参加する

41.8 のアップデートでは、電話のみのユーザーが電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始できる機能が追加されています。 電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始するユーザーは、主催者 PIN と共に電話番号を検証する必要があります。 [基本設定] > [音声およびビデオ] > [マイ電話番号] で電話番号を保存して、電話により主催者としてミーティングを開始または参加できるようにします。

Webex Meetings サイトを「サイトの管理」での管理から Control Hub に変換する機能の事前通知

管理者が自信を持って Meetings サイトを Control Hub に変換できる機能を開発しました。今後のミーティング、録画、サイト設定、ユーザー設定など、以前の Meetings データも保持されます。 この機能は数週間以内に Webex Beta プログラムに入る予定です。 この機能を試すには Webex Beta プログラムにサインアップする必要があります。 機能が利用可能になり次第、beta.webex.com で利用資格を確認してサインアップできるようになります。

2021 年 6 月 (41.6) の通知

大容量の Webex イベントを開催する

6 月下旬に、大人数のイベントが利用できるようになります。 5,000 人、10,000 人、25,000 人、50,000 人、100,000 人といった大人数が参加できるイベント ライセンスを提供する予定です。 詳しくは、Cisco Webex アカウント チームまでお問い合わせください。

この新しいイベントの提供により、ネームド ユーザーは購入した容量に応じて、最大 10,000 人の参加者を対象としたウェビナーや、最大 100,000 人の参加者を対象としたウェブキャストを開催できるようになります。


Webex Events (新) のウェブキャストは、政府版 Webex では利用できません。

主催者 PIN と音声 PIN の統合に関する事前通知

41.8 の更新では、ユーザーの主催者 PIN と音声 PIN が 1 つに統合されます。 ユーザーの主催者 PIN が音声 PIN の代わりになります。 現在、音声 PIN は、電話のみの出席者がミーティングに参加する際の認証に使用されています。 今後は、電話で接続する際に、主催者 PIN を使用して認証を行う必要があります。 この PIN は、セキュリティ要件を満たす限り、ユーザーが自由に変更できます。 これにより、2 つの PIN を覚える必要がなくなり、操作性が向上します。

Webex Meetings、Webex Events、Webex Training、Webex Support セッションのミーティング番号は 10 桁から 11 桁に増えました

41.7 (7 月) の更新から、Cisco はミーティング番号の増加に対応するために、デスクトップ アプリとモバイル アプリのアップグレードを提供します。 当面、Cisco では、このミーティング番号の拡張により、Web アプリ、ビデオ デバイス、API、およびすぐに使えるインテグレーション機能が、Jira、Microsoft Teams、Slack、およびその他のシステムと完全に互換性を持つことを保証します。 お客様のアプリケーションで Webex API を使用している場合、テストを行い、アプリケーションもこの変更を行っていることを確認するよう要求します。 この 11 桁のミーティング番号への変更は 2021 年 7 月に始まる予定です。status.webex.com/maintenance のクラスタに基づいてサイトの変更日を見つけることができます。 この更新は、41.6.x (7 月) からスロー チャネル サイトで利用できます。

保存した電話番号を使用して、Webex スケジュール済みミーティングを主催者として開始または参加する

41.7 の更新では、電話のみユーザーが電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始する機能を追加しました。 電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始するユーザーは、主催者 PIN と共に電話番号を検証する必要があります。 [基本設定] > [音声およびビデオ] > [マイ電話番号] で電話番号を保存して、電話により主催者としてミーティングを開始または参加できるようにします。

2021 年 5 月 (41.5)の通知

Webex Meetings、Webex Events、Webex Training、Webex Support セッションのミーティング番号は 10 桁から 11 桁に増えました

41.6 (6 月) の更新から、Cisco はミーティング番号の増加に対応するために、デスクトップ アプリとモバイル アプリのアップグレードを提供します。 当面、Cisco では、このミーティング番号の拡張により、Web アプリ、ビデオ デバイス、API、およびすぐに使えるインテグレーション機能が、Jira、Microsoft Teams、Slack、およびその他のシステムと、完全に互換性を持つことを保証します。 お客様のアプリケーションで Webex API を使用している場合、テストを行い、アプリケーションもこの変更を行っていることを確認するよう要求します。 この 11 桁のミーティング番号への変更は 2021 年 6 月に始まる予定で、status.webex.com/maintenance のクラスタに基づいてサイトの日付を見つけることができます。 この更新は、41.7 (7 月) から開始するスロー チャンネルサイトで利用できます。

保存した電話番号を使用して、Webex スケジュール済みミーティングを主催者として開始または参加する

41.6 の更新では、電話のみユーザーが電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始する機能を追加しました。 電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始するユーザーは、主催者 PIN と共に電話番号を検証する必要があります。 [基本設定] > [音声およびビデオ] > [マイ電話番号] で電話番号を保存して、電話により主催者としてミーティングを開始または参加できるようにします。

2021 年 4 月 (41.4)の通知

保存した電話番号を使用して、Webex スケジュール済みミーティングを主催者として開始または参加する

41.6 の更新では、電話のみユーザーが電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始する機能を追加しました。 電話から Webex のスケジュールされたミーティングを開始するユーザーは、主催者 PIN と共に電話番号を検証する必要があります。 [基本設定] > [音声およびビデオ] > [マイ電話番号] で電話番号を保存して、電話により主催者としてミーティングを開始または参加できるようにします。

Mac 版生産性向上ツールのサポート終了

Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは、Microsoft が 5 月中旬に Outlook for Mac 上の追加ベースのプラグインをブロックする予定があるため、41.5 になります[Mac 版 Outlook – 追加ベースのプラグインに対する計画された更新]。 Webex を使用する Outlook for Mac のお客様は Cisco Webex スケジューラ Microsoft 365 用の Cisco Webex スケジューラを検索に移動してください。

Webex 生産性向上ツールは、Webex Meetings デスクトップ アプリとは別のパッケージです。生産性向上ツールは 41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。

生産性向上ツールからアドインへの移行を計画している管理者の詳細については、「生産性向上ツールから Webex スケジューラ アドインに移行する」を参照してください。

Java クライアントのサービス終了通知

2021 年 4 月 1 日に EOL(サポート終了) が予定されている 3 つの Java クライアントがあります。 1 つ目は、Linux オペレーティング システムでユーザーが、Webex Meetings、Webex Training 、Webex Events にアクセスできるようにするツールです。 2 つ目は、Mac ユーザーのための Webex Support です。 3 つ目は、Internet Explorer (IE) ユーザー向け Java アプレットです。 IE はサービス終了のため、このアプレットはもはや役立たなくなりました。 EOL は、これらのアプリが利用できなくなったり、更新を提供したり、これらのツールのサポートを提供したりしなくなります。 ただし、すでにダウンロードされている場合は、それらは引き続き機能します。 これらのアプリの最良の代替は、ウェブ上で Webex を使用する方法です。

2021 年 3 月 (41.3)の通知

Mac 版生産性向上ツールのサポート終了

Mac 版生産性向上ツールの最終リリースは、Microsoft が 5 月中旬 [Mac 版 Outlook – 追加ベースのプラグインに対する計画された更新] より Mac Outlook 上の追加ベースのプラグインをブロックする予定として 41.5 に変更されます。 Webex を使用する Mac ベースの Outlook をご利用のお客様は Cisco Webex スケジューラ Microsoft 365 用の Cisco Webex スケジューラを検索に移動してください。

Webex 生産性向上ツールは、WBS39.10 以降の Webex Meetings デスクトップ アプリとは別のものです。 Mac 版生産性向上ツールでは WBS41.2 以降、IBM Lotus Notes、IBM Sametime、Microsoft Lync、Internet Explorer、Skype for Business との連携はサポートされなくなりました。 生産性向上ツールからアドインへの移行を計画している管理者の詳細については、「生産性向上ツールから Webex スケジューラ アドインに移行する」を参照してください。

CMR Hybrid のサポート終了

Cisco は 2021 年 2 月 28 日に Cisco Collaboration Meeting Rooms (CMR) - Hybrid のサポートを終了します。 シスコは一貫性のあるクラウド ビデオをグローバルに提供するために、この通知を行います。 Cisco Webex サブスクリプションは変更されます。 この通知で CMR Cloud を使用する Webex(ビデオ統合)をご利用のお客様への変更はありません。 CMR Cloud へのプレカーソルである CMR Hybrid は、単一のミーティングに対してカスケードされたオンプレミスの TelePresence Server (または MCU) を持つ Webex ミーティングです。 TelePresence サイド パネルで Webex 生産性向上ツールを使ってミーティングをスケジュールするユーザーは、オンプレミスのビデオ会議を追加することができます。 2021 年 4 月中旬に予定されている CMR Hybrid ミーティングの顧客は、TP サーバーまたは MCU からのカスケード接続されたリンクを持つビデオ デバイスをサポートしません。 代わりに、ビデオ デバイスは、 @<site_name>.webex.com を終了する SIP URI に接続するアップデートされたミーティング スケジュールの招待を使用して、Webex に直接通話する必要があります。

Java クライアントのサービス終了通知

2021 年 4 月 1 日に EoS(サービス終了) に 3 つの Java クライアントがあります。 1 つ目は、Linux オペレーティング システムでユーザーが、Webex Meetings、Webex Training 、Webex Events にアクセスできるようにするツールです。 2 つ目は Mac ユーザー向けの Webex Support です。 3 つ目は、Internet Explorer (IE) ユーザー向け Java アプレットです。 IE はサービス終了のため、このアプレットはもはや役立たなくなりました。 EoS は、これらのアプリが利用できなくなったり、更新を提供したり、これらのツールのサポートを提供したりしなくなります。 ただし、すでにダウンロードされている場合は、引き続き機能します。 これらのアプリの最良の代替は、ウェブ上で Webex を使用する方法です。

Webex Control Hub Analytics の新しい外観

2021 年 2 月 25 日、Meetings Analytics タブは新しくデザインされたページに置き換わる予定で、使いやすくなります。 これらのページは、読み込み時間の短縮、データ解像度の向上、10 分のラグタイムでのリアルタイム データを提供します。 また、新しい参加者のタブを追加して、主催者と出席者の活動をハイライトします。 さらに、サイト管理からのすべての Cisco Webex Meetings Suite レポートをサポートするために、Analytics の新しいクラシック レポート タブを導入しています。

Webex Control Hub Analytics の新しいビジュアル化は 2021 年 4 月に展開されます。 これにより、Webex Meetings、メッセージング、Calling、ビデオ メッシュ アナリティックス ページのロード時間が短縮されます。 詳細表は、Pro Pack 顧客向け CSV ダウンロードとしてレポートの下に移動します。

IP ダイヤルの更新

IP ダイヤル通話は、以前の音声専用 IVR の代わりに、ビデオ インタラクティブ音声応答 (IVR) をサポートします。 この更新は 2021 年 3 月初旬までにお客様の地域で利用可能になります。

2021 年 2 月 (41.2)の通知

Java クライアントのサービス終了通知

2021 年 4 月 1 日に EoS(サービス終了) に 3 つの Java クライアントがあります。 1 つ目は、Linux オペレーティング システムでユーザーが、Webex Meetings、Webex Training 、Webex Events にアクセスできるようにするツールです。 2 つ目は Mac ユーザー向けの Webex Support です。 3 つ目は、Internet Explorer (IE) ユーザー向け Java アプレットです。 IE はサービス終了のため、このアプレットはもはや役立たなくなりました。 EoS は、これらのアプリが利用できなくなったり、更新を提供したり、これらのツールのサポートを提供したりしなくなります。 ただし、すでにダウンロードされている場合は、それらは引き続き機能します。 これらのアプリの最良の代替は、ウェブ上で Webex を使用する方法です。

Webex Control Hub Analytics の新しい外観

Webex Control Hub Analytics の新しいビジュアル化は 2021 年 4 月に展開されます。 このにより、Webex Meetings、メッセージング、Calling、ビデオ メッシュ アナリティックス ページのロード時間が短縮されます。 詳細表は、Pro Pack 顧客向け CSV ダウンロードとしてレポートの下に移動します。

Microsoft 365 Mac ユーザー用の生産性向上ツールの置換

Microsoft は、2021 年 5 月から Microsoft 365 で追加ベースのプラグインが機能しなくなると発表しました。 これは、Mac で Outlook for Microsoft 365 を使用するホストの生産性向上ツールに影響を与えます。 現在は、「新しい Outlook」に切り替える主催者にも同様の変更が適用されます。

ユーザーの混乱を防ぐために、今すぐアクションを起こすことができます。 Microsoft AppSource から入手できる Webex Meetings スケジューラ アドインをインストールします。 Webex Meetings スケジューラの詳細については、「Microsoft Office 365 用の Cisco Webex Meetings スケジューラの展開と設定」を参照してください。

2020 年 12 月 (40.12)の通知

Google カレンダーの変更は 2020 年 11 月 16 日から有効です

2020 年 11 月 16 日 (月) 以降、Google カレンダーでビデオミーティングをスケジュールする際に、Webex が自動でデフォルトに選択されなくなりました。 Google カレンダーで Webex を デフォルトのビデオ会議プロバイダに設定するには、Google 管理コンソールのダッシュボードから Google Workspace アプリを開き、[利用可能であれば、Google をデフォルトのビデオ会議プロバイダにする] チェックボックスをオフにします。 次に、Google Marketplace からすべてのユーザーに Webex をインストールし、[ビデオ会議の共有] 設定で [ユーザーが作成するイベントにビデオ通話を自動的に追加する] チェックボックスをオンにします。

詳細は、「Webex Meetings を Google カレンダーのビデオ会議のデフォルトに設定する」を参照してください

フィリピンのトール番号の更新

2020 年 11 月 19 日以降、以下の表のとおり、Webex のフィリピンのトール番号が新しい番号に変わります。 以前のトール番号は 2021 年 1 月 9 日に削除されます。Webex Edge 音声を設定しているサイトでは、Webex Edge 音声の接続を使用してこの新しい番号をルーティングするために LUA スクリプトを更新する必要があります。 この変更の手順については、Cisco Webex Edge 音声の顧客設定ガイドを参照してください。 番号は次のとおりです。

以前の番号

新しい番号

63282711231

63285401035

63282711232

63285401036

63282711233

63285401037

63282711234

63285401038

63282993706

63285401039

63282993707

63285401040

63282993708

63285401041

63282993709

63285401042

2020 年 11 月 (40.11.1)の通知

ミーティングとイベントのバックグラウンド ノイズを除去

40.10 の更新でリリースされたミーティングとイベントのバックグラウンドノイズ除去機能をまだ試していない方のために、その仕組みをご紹介します。 今回の更新により、バックグラウンドノイズを除去する機能が使えるようになりました。 これにより、バックグラウンドノイズに邪魔されることなく共同作業を継続できます。 [背景ノイズの削除] 設定がオンになっていると、デスクトップ アプリは、自分の声を強化しながら、犬の吠え声や自宅の改装プロジェクトのノイズを削除します。

2020 年 11 月 (40.11)の通知

ARF 形式でのオフライン再生機能を削除し、MP4 形式をサポート

クラウドから ARF 形式の録画をストリーミングするか、コンバーターを使用して ARF 形式の録画を MP4 に変換できます。


Webex クラウドにアップロードされた ARF ファイルのストリーミング再生はサポートされていません。

Android OS 6 を最小バージョンに設定

40.12 の更新で、ユーザーのデバイスをサポートする最小バージョンを Android OS 6 に設定します。 つまり、OS 5.x をお持ちの場合はインストールされている Webex アプリを使用し続けることはできますが、アプリストアから新しいバージョンをダウンロードすることはできなくなります。

2020 年 10 月 (40.10)の通知

更新 - Windows 7 のサポートの延長

2020 年 9 月 (40.9) の更新で、Windows 7 OS のサポート終了を発表しました。 Mozilla Firefox、Google Chrome、および Microsoft Edge での Windows 7 サポートは、2021 年 6 月まで継続します。 Cisco は引き続き、可能な限り、Windows 7 向けのバグフィックスと更新を提供します。

Windows 7 で Internet Explorer をご利用のお客様については、Microsoft が Internet Explorer 11 のサービス終了を発表するまでの間、Cisco がサポートを提供します。 最高のミーティング操作性を実現するために、オペレーティング システムとブラウザーを最新版にアップグレードすることを検討してください。

Firefox Proxy 構成の変更

今回の更新で Firefox ブラウザ内のプロキシ設定のサポートを終了し、今後はシステムのプロキシ設定に従うことになります。


Firefox でプロキシ設定を管理していたユーザーがミーティングを開始またはミーティングに参加するためには、システムのプロキシ設定からプロキシを設定する必要があります。

簡素化されたミーティングの自動削除ロジック

2020 年 11 月 (40.11) の更新以降、サイト管理者は、定期的ではないミーティングの自動削除ポリシーを設定できるようになります。 主催者はミーティングの自動削除動作を更新する必要はありません。

VDI の追加プラットフォームのサポート

10 月の 40.10 更新により、Citrix for iGel 版 の Cisco Webex Meetings デスクトップアプリが仮想デスクトップインフラストラクチャ (VDI) 環境で利用可能となります。 リマインダーとなりますが、Windows および Linux 用の Citrix、そして Windows 版 VMware は、40.8 の更新から利用可能になりました。

主催者キーのローテーション

主催者キーの不正使用を防ぐために、スケジュールされた時刻の後にミーティングが終了すると、ミーティングの主催者キーが自動的に書き換えられるようになりました。 この変更は、ミーティング、イベント、およびトレーニング セッションのすべての Webex サイトに適用でき、サイトの変更ウィンドウでは、2020 年 10 月 16 日に有効になります。 この変更は、2020 年 10 月 16 日以降にスケジュールされた、定期的なセッションを含むすべての既存および新規セッションに適用されます。

何らかの予期せぬ理由で、この変更の日付を見直す必要がある場合は、「Webex Meetings の最新チャネルの新機能」と「Cisco Webex Meetings のスローチャネルの新機能」で通知を更新します。

Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex Meetings、Internet Explorer 用の Webex スケジューラ、Webex と IBM Lotus Notes の連携、Skype for Business、および IBM Sametime のサポート終了

Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex スケジューラ、Internet Explorer の Webex スケジューラ、Webex と IBM Lotus Notes の連携、Skype for Business、および IBM Sametime のサポートを 2020 年 12 月 31 日で正式に廃止します。 2021 年 1 月 1 日以降、これらアプリケーションはダウンロードできなくなります。 Google Chrome 拡張機能を使用している Cisco Webex スケジューラユーザーは、G Suite アドオンの新しいバージョンの Cisco Webex に移行する必要があります。

2020 年 9 月 (40.9)の通知

Webex Meetings 40.10 の MP4 録画デフォルト

今後の 10 月(40.10)の更新では、Webex Meetings のすべての新しい録画は、クラウドで、またはサイトまたは主催者レベルで、ビデオ中心の操作により MP4 形式を使用して保存されます。 録画形式を標準化することで、再生ツールの選択肢が増え、セキュリティが強化され、ミーティング後でもコラボレーションしやすくなります。 既存の ARF および WRF 録画は、引き続き Webex サイトでダウンロードしたり再生したりすることができます。 ビデオ中心の録画の詳細については、 Webex Meetings と Webex Events でビデオ中心のネットワークによる MP4 録画に移動してください。

出席者 ID の長さの変更

出席者 ID の最小の長さは 6 桁になりました。 出席者 ID は、PSTN 発信者の音声をミーティング クライアントのプレゼンスにバインドするために使用されます。 ID が長いほど、セキュリティが強化され、不正な発信者が他のユーザーの出席者 ID とのバインドを行う機会が減ります。


この変更は Webex Meetings、Webex Events、Webex Support、および Webex Training に適用されます。

デフォルトとしてのショート ビデオ アドレス

ショート ビデオ アドレスは、39.11 の更新以来利用可能なで、ビデオ システムを使用したミーティングへの参加をより早くするための方法でした。 しかし、これまでそれにはオプトイン機能があります。 今後の10月 (40.10) の更新では、デフォルトとしてショート ビデオ アドレス形式に切り替えられます。 サイト管理者は、この機能の有効化を常に管理することができます。

2020 年 8 月 (40.8)の通知

Microsoft® Windows 7およびInternet Explorer 10のサポート終了


更新:Windows 7 のサポート延長

2020 年 9 月 (40.9) の更新で、Windows 7 OS のサポート終了を発表しました。 Mozilla Firefox、Google Chrome、および Microsoft Edge での Windows 7 サポートは、2021 年 6 月まで継続します。 Cisco は引き続き、可能な限り、Windows 7 向けのバグフィックスと更新を提供します。

Windows 7 で Internet Explorer をご利用のお客様については、Microsoft が Internet Explorer 11 のサービス終了を発表するまでの間、Cisco がサポートを提供します。 最高のミーティング操作性を実現するために、オペレーティング システムとブラウザーを最新版にアップグレードすることを検討してください。

今後の 2020 年 9 月の更新 (40.9) で、Cisco Webex は Windows 7 オペレーティング システムおよび Internet Explorer 10 ブラウザーのサポートを正式に終了します。

Cisco は、このオペレーティング システムおよびブラウザーのバグ修正または更新を行わない予定です。 これらのプラットフォームのユーザーは、今すぐミーティングに参加または開始することができなくなるわけではありませんが、操作が完全に機能することを保証できなくなりました。 最高のミーティング操作性を実現するために、オペレーティング システムとブラウザーをアップグレードすることを検討してください。

これらのプラットフォームのユーザーが今後 Webex ミーティングに参加することを防ぐために、日付の確立に積極的に取り組んでいます。 日付を入力すると、高度な通知が提供されます。

Meetings のクラシック ビューの廃止

2020 年 9 月の更新 (40.9) 以降、すべての Webex Meetings 機能に対して、クラシック ビュー ポータルが廃止されます。 顧客は Webex Events および Webex Training 機能に引き続きアクセスできますが、クラシック ビュー インターフェイスから Webex Meetings 固有の機能にアクセスすることはできなくなります。 モダン ビューでサポートされている機能の詳細を確認してください。

2020 年 7 月 (40.7)の通知

Windows 7 のサポート終了


更新 - Windows 7 のサポートの延長

2020 年 9 月 (40.9) の更新で、Windows 7 OS のサポート終了を発表しました。 Mozilla Firefox、Google Chrome、および Microsoft Edge での Windows 7 サポートは、2021 年 6 月まで継続します。 Cisco は引き続き、可能な限り、Windows 7 向けのバグフィックスと更新を提供します。

Windows 7 で Internet Explorer をご利用のお客様については、Microsoft が Internet Explorer 11 のサービス終了を発表するまでの間、Cisco がサポートを提供します。 最高のミーティング操作性を実現するために、オペレーティング システムとブラウザーを最新版にアップグレードすることを検討してください。

今後の 2020 年 9 月の更新 (40.9) で、Cisco Webex は Windows 7 オペレーティング システムおよび Internet Explorer 10 ブラウザーのサポートを正式に終了します。 最高のミーティングエクスペリエンスを得るため、OS とブラウザを事前にアップグレードしておきましょう。

エンドツーエンド暗号化セッションへの簡単なアクセス

Cisco Webex は常にミーティングのエンドツーエンド暗号化をサポートしています。 7 月中旬に、すべてのサイトでエンドツーエンド暗号化セッション タイプを有効にします。 Webex Control Hub またはサイト管理ポータルでは、管理者のみがこの新しいセッション タイプを見ることができます。 管理者は、適宜、エンドツーエンド暗号化セッションタイプをユーザーが利用できるようにする必要があります。 この変更により、ミーティングでエンドツーエンドの暗号化を使用したい場合、カスタマー ケアに連絡する必要がなくなります。 この新しいセッション タイプの正確な利用可能日をまもなく公開します。 一部のミーティング機能はエンドツーエンド暗号化でサポートされていないことに注意してください。 詳細についてはここを参照してください。

6 月の更新 (40.6) の遅延により、7 月の更新 (40.7) を直接入手してください

ご存知の通り、Cisco Webex は月間アップデートで顧客の新機能と強化を提供します。 6 月のアップデート (バージョン 40.6) を配信する際に遅延が発生しました。 結果として、一部の顧客は 7 月のアップデート (バージョン 40.7) を直接入手することができます。 サービスのアップグレードとスケジュールされたメンテナンスについて、サイトの月間保守とアップグレードのスケジュール (クラスタに基づく) を参照することができ ます。

AES-256-GCM Cipher Suite およびモバイル アプリへの Meetings の更新-

今後数週間は、Webex サイトに対して AES-256-GCM 暗号Suite のサポートを有効にしようとしています。 詳細なスケジュールはまもなく発表されます。 サイトで AES-256-GCM サポートが有効になっている場合、40.6.1 バージョンのモバイル アプリより下のすべての Webex モバイル ユーザーは、次のミーティングに参加する前に最新のモバイル アプリバージョンにアップグレードするように求められます。 モバイル デバイス管理 (MDM) を使用している顧客は、AES-256-GCM 暗号化Suite の有効化の前に新しいアプリを展開する必要があります。または、ミーティング参加の操作性が MDM コントロール デバイスで中断されます。

クラシック ビューの廃止

2020 年 9 月の更新 (40.9) 以降、すべての Meetings 機能に対して、クラシック ビュー ポータルが廃止されます。 顧客はイベントおよびトレーニング機能に引き続きアクセスできますが、クラシック ビュー インターフェイスからミーティング固有の機能にアクセスすることはできなくなります。 詳細については、以降のリリースでお知らせします。

WBS40.6 の通知

Webex Assistant for Webex Meetings

Webex Meetings の Webex Assistant は 2020 年 6 月 2 日のトライアルで利用可能であることをお知らせします。 Webex Assistant は自動クローズド キャプションでのリアルタイムのミーティング議事録を提供します。 音声コマンドを使用して、メモ、アクション アイテム、リマインダーなどを取得します。 サイトのトライアルを有効にするには、Cisco Collaboration パートナーまたはアカウントマネージャに連絡してください。 Webex Assistant の詳細については、Webex Meetings の Cisco Webex Assistant を参照してください。