これらの手順は、クラウド ベースの Hybrid カレンダー サービスのバックアウト手順を取り上げています。 Microsoft Exchange または Office 365 を使用して、Expressway ベースのカレンダー コネクタを展開した場合は、Microsoft Exchange の手順を参照してください。 両方のタイプのサービスを使用してハイブリッド Exchange 展開をバックアウトするには、どちらかの順序で両方の手順を実行します。

始める前に

  • Office 365 テナントのグローバル管理者であるか、または管理者と協力して、バックアウト プロセスを完了する必要があります。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス]に進み、ハイブリッド サービス カードから[設定の編集] を Hybrid Calendar 365 カードでクリックします。

2

[非アクティブ] セクションまでスクロールして、[非アクティブ化] をクリックします。

3

表示される警告を読み、確認したら進みます。

組織はこのサービスを利用できなくなり、ユーザーはその機能にアクセスすることができなくなりました。

4

Office 365 テナントから Cisco Webex cloud authorization を削除する:

  1. グローバル管理者アカウントを使用して、Azure Active Directory 管理センター、http://aad.portal.azure.com、にサインインし ます。

  2. [すべてのサービス] をクリックし、次に [エンタープライズ アプリケーション] をクリックします。

  3. [アプリケーション] リストで、[Webex Teams カレンダーサービス] をクリックします。

  4. [管理] の下で、[プロパティ] をクリックし、[削除] をクリックします。

  5. [はい] をクリックして、削除を確定させます。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス]に進み、ハイブリッド サービス カードから[設定の編集] を Hybrid Calendar Google カードでクリックします。

2

[非アクティブ] セクションまでスクロールして、[非アクティブ化] をクリックします。

3

表示される警告を読み、確認したら進みます。

組織はこのサービスを利用できなくなり、ユーザーはその機能にアクセスすることができなくなりました。

4

G Suite アカウントから Cisco Webex Suite クラウド アクセスを削除します。

  1. https://admin.google.com にサインインして、 > [セキュリティ] > [詳細を表示] > [詳細設定]を選択します。

  2. [認証] セクションで、[API クライアント アクセスの管理] をクリックします。

  3. カレンダー (読み取り-書き込み) の権限を持つクライアントを探し、[削除] をクリックします。

オンプレミス リソースから Hybrid カレンダー サービスを削除することで、機能へのユーザーのアクセスを削除するだけではなく、 関連する設定も Expressway コネクタ ホストから削除します。

1

https://admin.webex.com の顧客ビューから、[サービス]に進み、ハイブリッド サービス カードから[設定の編集] を Hybrid Calendar Microsoft Exchange カードでクリックします。

2

[非アクティブ] セクションまでスクロールして、[非アクティブ化] をクリックします。

3

表示される警告を読み、確認したら進みます。

このサービスは組織で利用できなくなり、設定が削除され、Calendar Connector ソフトウェアが登録されたリソースから削除されます。

4

Expressway コネクタ ホストでハイブリッド サービスを実行していない場合、Webex クラウドからそのリソースを登録解除してください。

  1. [サービス]に進み、[表示] をオンプレミスのリソースカードからクリックし、リストのリソース名から をクリックします。

  2. クラスターにスクロールして、[削除]をクリックします。 確認のプロンプトを読み理解した後、作業を実行する場合、[確認] をクリックします。

次のタスク

Calendar Connector を実行するために、Microsoft Exchange (または Exchange Online) 組織に加えられた変更を元に戻します。

これらのステップをガイドラインとして使用して、Microsoft Exchange または Office 365 用に Microsoft Exchange ベースの Hybrid カレンダー サービスを展開するときに、組織が行った変更を取り消します。 正確な手順は、Microsoft Exchange の設定とバージョンによって異なる場合があります。 これらの例では、Exchange 管理シェル コマンドおよびサンプルの名前を使用して、展開に適用できない場合があります。

1

Calendar Connector のために作成された偽装アカウントを保持しようとしていて、そのアカウントが他のカスタムアプリケーションで使用されていない場合は、各アカウントに対して次の手順を実行します。

  1. カスタム調整ポリシーがアカウント用に作成された場合は、ポリシーを削除または調整します。 これを行うには、次の例のように、無制限で、偽装アカウントと関連付けた新しい調整ポリシーを作成し、既存のカスタム調整ポリシーを変更して無制限にするか、偽装アカウントをデフォルト調整ポリシーに割り当てる ことができます。

    例:

    Set-ThrottlingPolicyAssociation "impersonation account" -ThrottlingPolicy GlobalThrottlingPolicy_<GUID>
  2. アプリケーション偽装権限をアカウントから削除します。

    例:

    Get-ManagementRoleAssignment -Role "ApplicationImpersonation" -RoleAssignee "impersonation account" | Remove-ManagementRoleAssignment -Confirm

     

    Office 365 用の偽装アカウントを設定している場合は、Office 365 管理センターを使用して、アプリケーション偽装ロールをもつ管理者ロールグループから削除してください。

2

カスタム調整ポリシーが他のカスタムアプリケーションで使用されておらず、ステップ 1 で変更しなかった場合は、それを削除してください。

例:

Remove-ThrottlingPolicy -Identity CalendarConnectorPolicy
3

Calendar Connector のために作成された偽装アカウントを保持する必要がなく、そのアカウントが他のカスタムアプリケーションで使用されていない場合は、それを削除します。