ハイブリッド カレンダーは Microsoft Graph API を使用して Office 365 カレンダー イベントにアクセスします。 この API では、Office 365 の幅広い操作をサポートします。 しかし、ハイブリッド カレンダーは カレンダーを使用する場合に関連するコマンドのサブセットのみ使用します。

表 1. ハイブリッド カレンダーで現在使用されている操作

グラフ操作

使用法

POST /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events

イベントまたはミーティングをユーザーのカレンダーに追加します。

GET /users/{id | userPrincipalName}/events/{id}

ユーザーのカレンダーの単独のイベントについての詳細を取得します。

GET /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events/{id}/instances? startDateTime={start_datetime}&endDateTime={end_datetime}

指定した時間範囲で定期的なミーティングを開催します。

GET /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events

ユーザーのカレンダー フォルダのイベントに関する詳細を取得します。

POST /subscriptions

ユーザーのカレンダーの変更に関する通知をサブスクライブします。

GET /users/{id|userPrincipalName}/mailboxSettings

ユーザーのロケールと在籍ステータスを取得します。

DELETE /subscriptions/{id}

ユーザーのカレンダーの変更に関する通知をサブスクライブ解除します。

PATCH /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events/{id}

ミーティングに関連する他のフィールドに加えて、カレンダー イベントのプロパティ (参加情報と拡張プロパティを含む) を更新します。

POST /users/{id|userPrincipalName}/calendar/getSchedule

指定した時間範囲でのユーザーの空き状況、在席/不在ステータスを表示します。

DELETE /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events/{id}

カレンダーからイベントを削除します。

POST /users/{id | userPrincipalName}/calendar/events/{id}/{accept | decline | tentativelyAccept}

ユーザーがミーティングのステータスを承認/拒否/仮承認できます。