開始 制御ハブ

管理者は、制御ハブ から個々の会議室およびデスクデバイスおよび Webex board のデバイス設定のサブセットに直接アクセスすることができます。制御ハブ から変更できない設定に対する読み取りアクセス権があります。

ローカル Web インターフェイス経由

会議室またはデスクデバイスの Web インターフェイス(詳細設定)から、そのすべての設定にアクセスできます。また、すべてのステータスパラメータを見ることができます。さらに、ブリーフィングルームやプレゼンタトラッキングなどの定義済みのデバイス設定を使用することも可能です。また、室内制御エディタやマクロエディタなど、インテグレータ向けのさまざまなツールも提供されています。

CE 9.13 以降を実行しているデバイスの場合、Webex Edge でリンクされたデバイス

CE 9.13 以降を実行しているデバイス用 Webex Edge でリンクされているデバイスに対しては、制御ハブ からデバイス設定への読み取りアクセス権があります。デバイスの Webex Edge の書き込みアクセスを有効にするには、デバイス > 設定 > デバイスの Webex Edgeに移動し、コントロールハブによる設定の管理をオンに切り替えます。

制御ハブ からの設定管理を許可すると、デバイスはプロビジョニング システムからの設定を無視します。これは、ネットワークや通話の設定など、制御ハブ では利用できない設定には適用されません。制御ハブ からの設定管理を無効にした場合、設定制御モードが Unified CM に設定されていると、プロビジョニング システムからの変更を反映するように設定が戻されます。構成設定モードの詳細については、Unified CM の機能の設定ガイドを参照してください。

読み取りアクセスは、制御ハブ で設定を管理することもできません。

CE 9.12 を実行しているデバイスの場合、Webex Edge でリンクされたデバイス

CE 9.12 を実行している Webex Edge でリンクされているデバイスに対しては、制御ハブ からデバイス設定への読み取りアクセス権があります。設定を変更するには、デバイスのローカル Web インターフェイスまたはプロビジョニングシステムを使用できます。

要件:

  • 制御ハブ にアクセスする必要があります。

  • デバイスは 制御ハブと同じ組織にある必要があります。

  • デバイスへの IP 接続が必要です。これは通常、同じネットワーク上にいる必要があることを意味します。

制限事項:

  • Internet Explorer を使用して制御ハブいる場合、ローカル web インターフェイスにアクセスすることはできません。

デバイス設定: 制御ハブ

1

https://admin.webex.com/からデバイスに移動し、設定するデバイスを選択します。

2

右側のメニューでデバイス設定セクションに移動し、リンクをクリックして利用可能な設定を開きます。

変更する設定を検索するか、または設定に移動するかを選択できます。

設定する値を選択または作成したら、適用をクリックします。

構成に指定値を設定しない場合、特定の値に従うトグルを使用ます。その後、デバイスのデフォルト値に従って、将来のソフトウェア更新でデフォルトが変更された場合に自動的に変更されます。

適用済みの変更セクションには、制御ハブデバイスの詳細設定ウィンドウを開いてから行った設定変更がすべて表示されます。各エントリには、変更された設定の古い値と新しい値の両方が表示されます。サーバ側で問題が発生したなどの理由で、変更できなかった設定は赤色で表示されます。デバイス API を直接使用したり、デバイスのローカル Web インターフェイスを使用したりするなど、他の access メソッドを使用して行われた設定への変更は、ここには表示されません。

ローカル Web インターフェイスのデバイス設定

制御ハブ を介して Web インターフェイスにアクセスすると, 一時的なローカル ユーザ Webex Admin が作成されます。制御ハブを経由せずにデバイスに対して設定やプログラムにアクセスすることもできます。その後、ローカル管理者インテグレータRoomControl、またはユーザユーザをセットアップする必要があります。ユーザ ロールの詳細については、「ローカル ユーザの管理」の項目をご覧ください。

初回以降にローカル管理者ユーザをデバイスに設定してある場合、Web ブラウザを開いて「http(s)://<エンドポイント IP またはホスト名>」と入力すると、web インターフェースに直接アクセスできます。

それ以外の場合は、制御ハブを介してログインする必要があります。

設定ステータス

Web インターフェースでは、設定そしてステータスセットアップタブの下にあります。

例: デフォルトの音量を 60 に変更します。

  • Web インターフェース: セットアップタブを開いて設定を選択します。次に、オーディオ > デフォルトのボリューム エントリーを検索して 60 に設定します。

例: 現在の音量を確認します。

  • セットアップタブを開いてステータスを選択します。次に、オーディオ > ボリュームエントリを検索し、その値を読みます。

1

https: /​/​admin.webex.comのカスタマービューから、デバイスページに移動し、リスト内のデバイスを選択します。

2

デバイスの詳細ペインを下にスクロールして、デバイスの Web インターフェイスを開くをクリックします。

3

新しい Web ブラウザ ウィンドウが http(s)://<エンドポイント IP またはホスト名> で開きます制御ハブ とデバイスの両方に関連する認証プロセスが成功した場合, Web セッションが開始されます。

管理者ガイドと API ガイドの参照場所

デバイスの設定は、オンプレミスのバージョンのデバイスの管理者ガイドで確認できます。また、このガイドでは、ローカル web インターフェイスの使用方法についても説明しています。

一部の設定は、オンプレミスの登録済みデバイスとデバイスの Webex Edge でリンクされたデバイスにのみ適用されます。Webex 登録デバイスの適用されない設定はすべて、H.323、 H.320、 SIP、 NTP、 CUCM、 LDAP、 Proximity、近接通信、および相手先カメラ制御に関連するものです。

管理者ガイドを検索するには、シリーズのドキュメンテーションページに移動し、ガイドの管理と操作に移動します。製品に使用可能な最新バージョンを選択します。これらのガイドで説明されている機能の一部は、Cisco Webex登録済みのデバイスで使用できないことを注意してください。

Webex に登録されているデバイスの設定

次の構成は、Webex 登録デバイスの制御ハブから直接は使用できません。

  • ネットワーク [1]

  • 実験

  • H323

  • 電話帳

  • プロビジョニング

  • 会議 DefaultCall プロトコル

  • 会議の暗号化モード

  • UserManagement

  • プロキシミティ

  • NetworkServices

  • RTP

  • SystemUnit CrashReporting

  • SIP

デバイスの Webex Edge でリンクされているデバイスの設定

制御ハブが設定の所有者になるようにすると、デバイスは次の設定のために Unified CM からの入力の受け付けを停止します。

  • Audio DefaultVolume

  • CallHistory Mode

  • Conference AutoAnswer Mode/Delay

  • Conference FarEndControl Mode

  • Conference MaxTotalTransmitCallrate

  • Conference MaxTotalReceiveCallrate

  • Conference MicUnmuteOnDisconnect

  • Conference Multipoint Mode

  • FacilityService

  • NetworkServices Http Mode

  • NetworkServices Smtp

  • NetworkServices Ssh Mode

  • NetworkServices Telnet Mode

  • NetworkServices Wifi Allowed

  • シリアル モード/ログイン

  • スタンバイ制御/遅延/動作

  • SystemUnit Name

  • Time TimeFormat /DateFormat

  • UserInterface Accessibility IncomingCallNotification

  • UserInterface CustomMessage

  • ユーザーインターフェース機能コール JoinWebex

  • UserInterface SettingsMenu Mode

  • UserManagement LDAP

次の設定は Unified CM から設定されており、制御ハブから読み取り専用になっています。

  • NetworkServices HTTP Proxy

  • NetworkServices H323

  • NetworkServices Https

  • NetworkServices Snmp

  • NetworkServices Ssh HostKeyAlgorithm

  • NetworkServices Upnp

  • NetworkServices Wifi

  • SystemUnit CrashReporting

  • 会議 DefaultCall プロトコル

  • 会議の暗号化モード

  • 電話帳