コールパーク機能のオプション

  • グループへの通話をパークするには、パーキングユーザーはアクティブな通話を保留にし、機能アクセスコード (FAC) * 58 を入力します。 コールパークグループサービスは、通話をパークするために、コールパークグループの最初の利用可能なメンバーを自動的に hunts します。 グループコールパーク機能は、常に最初に割り当てられたメンバーから開始します。 メンバーが利用可能であり、そのメンバーに対して通話が保留されている場合、発信者のパーキングは通話が保留中のメンバーの内線の通知を受け取ります。 パーキングユーザーは、内線に対して通話が保留されているユーザーに対して、保留をアナウンスまたはページすることができます。

  • 保留中の発信者は、メンバーが保留中の内線から * 88 (plus 内線) を使用して保留中の通話を取得するまで保留されます。 保留中の通話が、プロビジョニングされたリコール時間内に取得されない場合、保留中の通話が取得され、その通話を最初に保留したユーザーまたは代理の呼び戻しユーザーに提示します。 リコールユーザーはコールパークグループの設定であり、構成可能です。

  • 保留中のユーザーの回線が共有または監視用の他の電話に表示されている場合、これらの電話は元に戻された通話については、デフォルトで受付アプリに表示されるだけでなく、元に戻された通話を表示しないように設定することもできます。

Cisco Webex Control Hub にコールパークグループを作成する

始める前に

  • コールを取得するときの無視できない遅延を回避するには、お使いの番号範囲がボイスメールのプレフィックスと重複していないことを確認してください。

  • コール パークの設定は、サービスの中断を避けるため、ピーク時以外にセットアップまたは変更してください。

1

の顧客ビューから https://admin.webex.comサービス > 通話機能に移動 > します。

2

[ コールパークグループ > の作成コールパークグループ] をクリックします。


 
ポップアップウィンドウでロケーションを選択するように求められる場合があります。
3

[ 場所と名前 ] ページで、場所を選択し、コールパークグループの名前を入力します。 [次へ] をクリックします。


 

以前にロケーションを選択している場合、適切なものが選択されていることを確認します。

4

[ ユーザーの追加 ] ページで、コールパークグループにユーザーを検索して追加します。 [次へ] をクリックします。

5

[ リコールの設定] ページでドロップダウンメニューの [リコールの優先] オプションを選択し ます。

リコール先は、通話が選択されていない場合に、通話が送られるユーザーまたはグループです。 これらは以下のオプションです。
  • 警告パーキングユーザーのみ—保留中の通話がピックアップされていない場合、リコールのタイマーが切れた後で、通話を保留している人に戻されます。 保留中のユーザーが元に戻された通話をピックアップせず、再度リコールのタイマー lapses になった場合、パーキングユーザーは再度試みられます。

  • 警告パーキングユーザーの最初に、ハントグループ:保留中の通話がピックアップされていない場合、設定されたリコール時間に基づいてリコールのタイマーが切れた後で、通話を保留している人に戻されます。 保留中のユーザーが、設定された時間 (警告ハントグループの待機時間) で復帰した通話を集荷しない場合、選択したハントグループに通話が転送されます。 通話はハントグループルーティングに従い、元に戻すことはできません。

  • アラートハントグループのみ—保留中の通話が、設定時間 (リコールタイマー) で着信しなかった場合、通話は選択したハントグループに転送されます。 通話はハントグループルーティングに従い、元に戻すことはできません。


 
を取り消すハントグループを選択した場合は、ハントグループを定義します。
6

設定を確認し、[作成] をクリックし ます。

ロケーションのコールパーク設定を構成する

Control Hub で場所を設定する場合、ロケーションのコールパーク設定などの設定を変更するオプションがあります。

1

の顧客ビューから https://admin.webex.com、[サービスの通話場所] に移動し、 更新する場所を > > 選択します。

2

[ 通話設定の詳細] をクリックし、[コールパーク設定] をクリックし ます。

3

次の設定を変更します。

  • [ 指示付き通話パーク] ドロップダウンメニューをクリックして、 オプションを選択します。 ハントグループを選択すると、別のドロップダウンメニューでハントグループを指定するように指示するメッセージが表示されます。 この設定はコールパークにのみ適用されます。

  • [ リングパターン] ドロップダウンメニューをクリックします。 このオプションでは、別のタイプの通話と区別するために、元の保留中の通話の着信音を選択します。 この設定は、コールパークとコールパークグループの両方に適用されます。

  • [ リコールタイマー] で、通話が呼び戻されるまでの時間を秒単位で入力します。 この設定は、コールパークとコールパークグループの両方に適用されます。

  • [ アラートハントグループ待機時間] で、保留中のユーザーが警告された後にハントグループを使用して、通話を保留する秒数を入力します。


     

    この設定は、 まず警告パーキングユーザーを選択し、次に [ダイレクトコールパークのリコールオプション] ドロップダウンメニューでハントグループオプションを指定している場合にのみ適用さ れます。

4

[保存] をクリックします。